催眠鎮静剤,抗不安剤

出典: meddic

睡眠薬鎮静薬抗不安薬

商品

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 妊娠中のベンゾジアゼピン系催眠・鎮静剤、抗不安剤使用に関する検討(一般演題(口頭)9,妊婦・授乳婦・腎疾患,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 酒井 のぞみ,田中 恵末,櫻田 大也,刈込 博,後藤 一美,中村 智徳,山本 康次郎,小林 江梨子,佐藤 信範
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 142, 2011-09-09
  • NAID 110008909296

関連リンク

関連画像

催眠鎮静剤・抗不安剤 催眠鎮静剤・抗不安剤 セル 催眠鎮静剤、抗不安剤 分類 項目 催眠 鎮静剤 抗 不安 分類 項目 催眠 鎮静剤 抗 不安 分類 項目 催眠 鎮静剤 抗 不安 項目 催眠 鎮静剤 抗 不安 剤 催眠鎮静剤・抗不安剤


★リンクテーブル★
先読み睡眠薬」「抗不安薬」「鎮静薬
リンク元医療用医薬品」「ゾルピデム
関連記事不安」「」「抗不安剤」「鎮静」「抗不安

睡眠薬」

  [★]

hypnotic, hypnotics
催眠薬 somnifacient
睡眠薬理学睡眠障害中枢神経抑制薬
正常な睡眠と同じような中枢作用を示す薬



  • 資料
http://www.gifuyaku.or.jp/fumin.pdf
http://www.tokyo-med.ac.jp/pharmacol/pdf/news_suimin0910.pdf
http://mentalsupli.com/medication/sleeping-drug/summary-sleeping-drug/sleep-choice/
http://seseragi-mentalclinic.com/sleepingdrug/

睡眠薬

  • (1) 薬物依存性が高い、(2) REM睡眠が短縮しやすい、(4) 過量により急性中毒→抗痙攣薬、抗てんかん薬としての適応
  • 非バルビツール酸系薬物

分類

  • 超短期
  • 夜間の追加投与が可能
  • ω2受容体への作用が弱く、転倒リスクが少ない。高齢者の筋弛緩作用に関与。反跳性不眠が比較的少ない。
  • 短期
  • 連用蓄積が少なく使いやすい
  • 中期
  • 持ち越し効果に注意。逆に、抗不安作用を期待して使用することも
  • 長期
  • 日中の抗不安作用を強く示す
  • flutoparazepam
  • fluurazepam
  • rilnazafone

投与制限

睡眠障害

  • 睡眠障害の型に合わせた処方
  • 何で眠れないのか聴取。身体的要因、環境整備、
  • 睡眠障害の型を聴取する。



抗不安薬」

  [★]

antianxiety drug, antianxiety drugs, anxiolytics, anxiolytic
緩和精神安定薬 マイナートランキライザー minor tranquilizer
薬理学抗不安薬一覧


  • マイナートランキライザーとも呼ばれる

ベンゾジアゼピン系薬物とセロトニン受容体作動薬との違い

作用スペクトル

  • ベンゾジアゼピン系薬物:鎮静薬、催眠薬(睡眠薬)、抗不安薬、抗痙攣薬、筋弛緩薬
  • セロトニン受容体作動薬:鎮静作用△。催眠×。抗痙攣×、筋弛緩×。抗不安○

抗不安薬

鎮静薬」

  [★]

sedative, sedatives, sedative drug
sedativa
鎮静剤
中枢神経抑制薬鎮静
[show details]




医療用医薬品」

  [★]

ethical drug
一般用医薬品
  • 中枢神経系用薬
  • 末梢神経用薬
  • 感覚器用薬
  • その他の神経系及び感覚器官用医薬品
  • 循環器官用薬
  • 呼吸器官用薬
  • 消化器官用薬
  • 泌尿生殖器官及び肛門用薬
  • 外皮用薬
  • 歯科口腔用薬
  • ビタミン剤
  • 血液・体液用薬
  • 人工透析用薬
  • その他の代謝性医薬品
  • 細胞賦活用薬
  • 腫瘍用薬
  • アレルギー用薬
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • 抗生物質製剤
  • 寄生動物用薬
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • 調剤用薬
  • 公衆衛生用薬
  • その他の治療を主目的としない医薬品
  • アルカロイド系麻薬(天然麻薬)
  • 非アルカロイド系麻薬


ゾルピデム」

  [★]

zolpidem
酒石酸ゾルピデム ゾルピデム酒石酸塩 zolpidem tartrate
マイスリー
催眠鎮静剤,抗不安剤
  • 睡眠薬
  • 即効性短時間型非ベンゾジアゼピン系睡眠障害改善薬
  • ベンゾジアゼピンBZD1(ω1)受容体に選択的
  • α1サブユニットを含むGABAA受容体に選択的。筋弛緩作用や抗不安作用は弱い。(PPC.171)


不安」

  [★]

anxietydisturbancediscomfortfeardysphoriaanxiousuneasyanxiously
撹乱恐怖苦悶障害心配不快不快感妨害不快気分精神不安感異常感不安症恐れる



剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


抗不安剤」

  [★]

antianxiety druganti-anxiety agent
抗不安薬


鎮静」

  [★]

sedation
  • 鎮静の評価


抗不安」

  [★]

antianxiety
抗不安薬




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3