作業療法

出典: meddic

occupational therapy OT, ergotherapy
職能療法
生活療法



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/04/23 21:11:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高齢者の安全管理を考える : 一人暮らしを支える工夫 作業療法士アセスメントがもたらす暮らしのプラスな転機
  • 石浜 実花,泉 嘉美,西田 典真 [他]
  • 福祉介護テクノプラス 5(7), 51-56, 2012-07
  • NAID 40019321426
  • 二分脊椎外来における作業療法士の役割 : 千葉県こども病院での実践から

関連リンク

作業療法 (さぎょうりょうほう、英語:occupational therapy) は、作業をできるようにする ことで人々の健康状態と幸福感の改善をもたらす。 作業には仕事、遊び、日課、休息が 含まれる。 作業ができるとは、人々が仕事を適切にやり遂げられる、心楽しく遊ぶこと ...
作業療法士(さぎょうりょうほうし、英語: occupational therapist、略称:OT)は、 医療 ...

関連画像

作業療法概論より作業療法とは、身体または精神 精神科作業療法作業療法士のかかわり作業療法士のかかわり各種作業療法・上肢訓練


★リンクテーブル★
先読みOT
国試過去問104A042」「097A045」「097I044」「104G040」「098G068」「101H047」「102B021」「096G117
拡張検索作業療法士
関連記事」「療法」「作業

OT」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Old Testament / overtime」


104A042」

  [★]

  • 62歳の男性。四肢のしびれと歩行障害とを主訴に妻に伴われて来院した。4年前から手の動かしにくさとしびれ感とを感じていた。1年前から階段を下りるときに手すりが必要になったが、医療機関を受診しなかった。昨日、敷居に足が引っかかりよろめいてから四肢のしびれが強くなり、自力で歩けなくなった。健康診断で軽度の糖尿病を指摘されたことがある。家族歴と生活歴とに特記すべきことはない。意識は清明。身長167cm、体重67kg。坐位はとれるが、介助しても立位は不可能。徒手筋力テストでは上下肢ともほぼ3(fair)である。深部腱反射は上腕二頭筋以下すべて亢進し、Babinski徴候は陽性である。四肢に末梢優位の表在感覚低下を認める。明らかな膀胱・直腸障害はない。頚椎エックス線写真の側面像(別冊No、19A)と頚椎単純CT(別冊No、19B)とを別に示す。
  • 治療方針として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104A041]←[国試_104]→[104A043

097A045」

  [★]

  • 18歳の男子。両下腿部が細くなったことを主訴に来院した。12歳ころからつまずきやすかった。四肢遠位部に筋萎縮、前脛骨筋に高度の筋力低下、下腿三頭筋と手指筋とに軽度の筋力低下がある。足部に軽度の感覚障害を認める。正中神経の運動神経伝導速度は35m秒(基準50~60)。なお、父親にも同様の症状を認める。適切な対応はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097A044]←[国試_097]→[097A046

097I044」

  [★]

  • 24歳の男性。リハビリテーションを目的に来院した。3か月前に高所での作業中、転落して頭部を強打したため救急車で搬入された。搬入時、骨折や胸腹部臓器損傷はなかったが、JCS10の意識障害を認めた。意識障害は2日間で消退した。現在、運動麻痺と起立・歩行障害とはない。身の回りのことは自分でできるが、集中力困難と自発性低下とがあり、家でゴロゴロした生活を送っている。
  • 社会復帰のために必要なのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097I043]←[国試_097]→[097I045

104G040」

  [★]

  • 8か月の乳児。首がすわらないことを主訴に来院した。在胎30週、体重1,200g、Apgarスコア3点(1分)、5点(5分)で出生した。新生児期に無呼吸と哺乳障害とがあった。両下肢は硬く、伸展し内転している。両下肢の腱反射は亢進している。
  • まず行う治療はどれか。
  • a 装具装着
  • b 作業療法
  • c 理学療法
  • d 排尿訓練
  • e 言語聴覚療法


[正答]


※国試ナビ4※ 104G039]←[国試_104]→[104G041

098G068」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 098G067]←[国試_098]→[098G069

101H047」

  [★]

  • 出生直後の新生児。妊娠35週、帝王切開で出生した。胎児エコーで軽度の脳室拡大と腰仙部の腫瘤とを認めていた。患部の写真を以下に示す。
  • この児で将来最も必要となるのはどれか。
  • a. 言語訓練
  • b. 嚥下訓練
  • c. 排尿訓練
  • d. 作業療法
  • e. 生活技能訓練


[正答]
※国試ナビ4※ 101H046]←[国試_101]→[101H048

102B021」

  [★]

  • a. 効果は一時的である。
  • b. 就労支援は含まれない。
  • c. 作業療法は入院中には行わない。
  • d. 薬物療法と併用されることが多い。
  • e. デイケアは外来患者には行わない。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B020]←[国試_102]→[102B022

096G117」

  [★]

  • 喉頭全摘出術後のリハビリテーションで最も有用なのはどれか。
  • a. 理学療法
  • b. 作業療法
  • c. 食道発声訓練
  • d. 嚥下訓練
  • e. 生活技術訓練
[正答]


※国試ナビ4※ 096G116]←[国試_096]→[096G118

作業療法士」

  [★]

occupational therapist, OT
保健・医療・福祉・介護従事者



法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic


作業」

  [★]

workworking
研究働く仕事




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡