低身長症

出典: meddic

short statue
小人症 dwarfism侏儒小体症


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/04 22:45:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

小人症(こびとしょう、dwarfism)とは、著明な低身長を示す病態のこと。侏儒症(しゅじゅ しょう)とも。 目次. 1 定義; 2 原因; 3 特発性低身長; 4 胎内発育不全性低身長; 5 成長 ホルモン分泌不全性低身長症; 6 染色体異常による低身長; 7 ラロン型低身長症; 8 小 ...
お子様が低身長症かどうかを簡単に調べることができます。 ... 自分で調べてみる. お子様が低身長症かどうかを簡単に調べることができます。 各項目を入力して計算 ボタンを押してください。 性別: おとこのこ おんなのこ; 生年月日. ----, 2012, 2011, 2010 , 2009 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みdwarfism
国試過去問081C005」「089B079
リンク元dwarf」「小人症」「萎縮症」「矮化」「矮性
拡張検索成長ホルモン分泌不全性低身長症」「致死性四肢短縮型低身長症」「体質性低身長症
関連記事身長」「低身長」「

dwarfism」

  [★] 小人症

WordNet   license wordnet

「a genetic abnormality resulting in short stature」
nanism


081C005」

  [★]

  • 下垂体視交叉部に発生する腫瘍とその症候について適切な組み合わせはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

089B079」

  [★]

  • 低身長症について正しい組み合わせはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

dwarf」

  [★]

  • n.
adj.
  • 矮性の、矮化する
atrophicatrophydwarfingdwarfisminvolutionkraurosismicrosomiananism

WordNet   license wordnet

「check the growth of; "the lack of sunlight dwarfed these pines"」

WordNet   license wordnet

「a plant or animal that is atypically small」

WordNet   license wordnet

「a person who is markedly small」
midget, nanus

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(童話の)『こびと』,一寸法師 / (人間の)こびと / 普通よりずっと小さい動物(植物) / (対照的に)…‘を'小さく見せる / 〈植物など〉‘の'自然な成長を妨げる / (並みはずれて)小さい[種類の]」

小人症」

  [★]

dwarfism
侏儒 しゅじゅ、小体症低身長
低身長低身長症
  • 現在この語は使用されなくなっている。


萎縮症」

  [★]

atrophydwarfdwarfismkraurosis
萎縮小人症矮性矮化衰退低身長症


矮化」

  [★]

dwarfingdwarf
萎縮萎縮症小人症矮性低身長症


矮性」

  [★]

dwarf
萎縮萎縮症小人症矮化低身長症


成長ホルモン分泌不全性低身長症」

  [★]

short stature with growth hormone deficiency, growth hormone deficient short statue
成長ホルモン分泌不全性低身長、(国試)(差別語)下垂体性小人症 pituitary dwarfism
低身長成長ホルモン


病型

  • 特発性:90%
  • 症候性
  • 器質性:5-10%
  • 遺伝性:数%

疫学

  • 発症は乳児期以降。  ←  成長がGH dependentになるのは幼児期以降だから? まあ、新生児~乳児期に低GHによる他の症状は出現することがあるだろうけど。

病因

  • 特発性:原因は不明であるが、出産時に骨盤分娩、仮死例が多い

症候

  • 糖代謝:(重症例では?)新生児、乳幼児では低血糖、筋緊張低下。  ← 低成長ホルモンによる
  • 全身:低身長(-2SD/-1.5SD(6歳以下))、低い身長の伸び(-1.5SD)
  • 器質性の場合、原疾患による症状:頭蓋咽頭腫、胚芽腫など



致死性四肢短縮型低身長症」

  [★]

lethal short-limbed dwarfism


体質性低身長症」

  [★]

家族性低身長症

身長」

  [★]

body height, stature, height
体重


新生児、乳児、幼児の身長

身長
(x倍数)
生後   生後 身長
(x倍数)
1 0 0 1
1.5 1-1.歳 1-1.歳 1.5
2 4歳 4歳 2
3 12歳 12歳 3

乳児期以降の成長

  • 乳児期:7 cm/y
  • 学童期:5-6 cm/y
  • 思春期:8-10 cm/y → 思春期発育急進現象


低身長」

  [★]

short stature
小人症 dwarfism



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡