代謝調節型受容体

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • グルタミン酸受容体の薬理学 : アゴニストを中心として
  • 篠崎 温彦
  • 日本薬理学雑誌 116(3), 125-131, 2000-09-01
  • 神経伝達物質の研究に必要な種々の生理活性物質が天然化合物の中に隠されていると信じ,グルタミン酸感受性シナプスに対する種々の天然薬物の働きを調べてきた.その結果,幸いにも数種の極めて強力で有用なグルタミン酸受容体アゴニストを見いだすことに成功した.これらのアゴニストは現在のグルタミン酸受容体の基礎生物医学研究に必須の薬物として世界中の研究者により汎用されている.カイニン酸は興奮毒性薬の代表として神経 …
  • NAID 10008180814
  • 3L1445 小脳プルキン工細胞における代謝調節型受容体間の相互作用
  • 廣野 守俊,小西 史朗,吉岡 亨
  • 生物物理 40(SUPPLEMENT1), S213, 2000-08-05
  • NAID 110001154772

関連リンク

ムスカリン受容体(mAchR)は代謝調節型の受容体でGタンパク質共役受容体(GPCR) の一種である。末梢では副交感神経の神経終末に存在し、副交感神経の効果器の活動 を制御する。中枢にも存在している。尚、ムスカリン受容体はさらに細かくM1~M5の ...
1.1.1 代謝型受容体. 1.1.1.1 Gタンパク質共役型受容体(GPCR, G-protein-coupled receptor); 1.1.1.2 チロシンキナーゼ受容体; 1.1.1.3 グアニル酸シクラーゼ受容体 ... これらの受容体リガンドによる活性化に反応して核内に入り遺伝子発現を調節する。

関連画像

図3 KCNEサブユニット結合 私たちは、神経系における異種 AII受容体(AT1受容体)に作用 代謝調節型グルタミン酸受容体  によるDARPP-32リン酸化調節グルタミン酸受容体』の画像


★リンクテーブル★
リンク元G蛋白質共役型受容体
関連記事受容体」「受容」「」「調節」「代謝

G蛋白質共役型受容体」

  [★]

G protein-coupled receptor
代謝調節型受容体


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる



体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


調節」

  [★]

regulation, (眼科)accommodation(水晶体による)
調和等能系



代謝」

  [★]

metabolism
物質代謝新陳代謝
中間代謝







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡