人工呼吸器関連肺炎

出典: meddic

ventilator-associated pneumonia, VAP
  • 気管挿管による人工呼吸器管理開始48時間以降に発症する肺炎
  • 気管挿管・人工呼吸器管理前に肺炎がないことが条件
  • 気管挿管4日以内の早期VAPと5日以降の晩期VAPに分類される。
  • 発症機序としては口腔内の病因制裁金の定着と、気道内への流入
  • リスク因子は長期人工呼吸管理、再送間、発症前の抗菌薬投与、原疾患、筋弛緩薬の投与、仰臥位
  • 予後規定因子は早期の抗菌薬の使用




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 口腔日和見細菌の気管内チューブ・カフへの付着
  • TOLEDO Andreia de,北田 勝浩,山口 泰平,於保 孝彦
  • 口腔衛生学会雑誌 61(1), 57-64, 2011-01-30
  • 人工呼吸器関連肺炎は高い死亡率を示す重大な医学的問題である.長期にわたる気管内チューブの挿管は,ヒト口腔に常在する日和見細菌の上部気道での集落化をしばしばまねく.本研究では口腔日和見細菌の唾液被覆気管内チューブ・カフへの付着能を調べ,さらにKlebsiella pneumoniaeが唾液被覆カフへ付着する機序を調べた.8株の口腔日和見細菌の唾液被覆チューブおよびカフへの付着能を調べた.またK.pneumoniaeの付着機序を …
  • NAID 110008440562
  • 人工呼吸器関連肺炎サーベイランス (特集 あなたならどう考える? 症例から学ぶサーベイランス判定基準を使った判定のポイント) -- (症例判定)

関連リンク

□人工呼吸器関連肺炎(VAP)防止対策. VAPとは. VAP発生の機序. VAP防止策. 人工鼻. ICUにおける対応. 口腔ケアチーム. □人工呼吸器関連肺炎(Ventilator Associated Pneumonia : VAP)とは? 入院時や気管挿管時に肺炎がなく、気管挿管 による人工 ...

関連画像

図1. VAP(人工呼吸器関連肺炎 人工呼吸器関連肺炎予防の Pin Virgen De Fátima Portugal on  人工呼吸器関連肺炎人工呼吸関連肺炎;VAP | 感染  人工呼吸器関連肺炎のイメージ


★リンクテーブル★
国試過去問105A005」「100B021
リンク元ventilator-associated pneumonia」「VAP
関連記事肺炎」「人工呼吸」「人工呼吸器」「関連」「呼吸

105A005」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105A004]←[国試_105]→[105A006

100B021」

  [★]

  • 呼吸器感染症と原因菌の組合せで誤っているのはどれか,
[正答]


※国試ナビ4※ 100B020]←[国試_100]→[100B022

ventilator-associated pneumonia」

  [★] 人工呼吸器関連肺炎, VAP


VAP」

  [★] 人工呼吸器関連肺炎


肺炎」

  [★]

pneumonia pneumonitis

疫学

  • 日本の肺炎の受療率は人口10万対3、死亡率は人口10万対7。死因順位は第4位である。
  • 受療率・罹患率共に高齢になるに従い急激に増加し、85歳以上の男性では死因第2位、90歳以上の男性では死因第1位となる(ガイドライン1)。
  • 死亡者の95%以上が高齢者である。
年代と病原体
乳児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 インフルエンザ菌  
小児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 クラミジア・ニューモニエ マイコプラズマ・ニューモニエ
青年期 肺炎球菌 インフルエンザ菌 マイコプラズマ・ニューモニエ    
成人 肺炎球菌 インフルエンザ菌      
高齢者 肺炎球菌 インフルエンザ菌 レジオネラ・ニューモニエ インフルエンザウイルス  

日本における肺炎の年齢階級別受療率と死亡率(人口10 万対,2002 年)

ガイドライン1 2004 年「国民衛生の動向」 改変
  年齢階級 総数 15~ 25~ 35~ 45~ 55~ 65~ 75~ 85~ 90~
19 29 39 49 59 69 79 89  
受療率 外来 6 3 4 3 3 6 7 14 21 21
入院 19 2 3 2 3 7 21 86 309 489
死亡率 男性 76.4 0.5 0.5 1.5 4.6 15.2 69.2 339 2087 4317
女性 62.7 0.3 0.5 0.9 1.9 5.6 22.4 144 934 2291
総数 69.4 0.4 0.5 1.2 3.2 10.3 44.6 249 1291 2787

分類

発症の場

  • 市中肺炎:上気道のウイルス感染後に多い。

原因

病理

  • 上気道から連続的に下気道へ、あるいは、直接下気道に及んでいる。炎症は上皮に包まれた管腔内
  • 間質性肺炎は、肺の実質や間質に炎症が存在

ガイドライン

  • 1. 成人市中肺炎診療ガイドライン




人工呼吸」

  [★]

artificial respiration, artificial ventilation

概念

  • 1. 人工的に呼吸を行わせること。このため、伝統的なmouth to mouthからバックアンドバルブマスク、あるいは人工呼吸器を用いて行う。
  • 2. 一次救命処置の中における処置 → 人工呼吸#一次救命処置

人工呼吸適応

SAN.422
  • 肺活量 < 10ml/kg, PaO2 < 55 mmHg(50%以上の酸素投与下), 呼吸回数 > 35/min, 努力呼吸, 吸引圧 < -25cmH2O

人工呼吸のモード

送気制御パターンによる分類

  • 量規定換気 volume controlled ventilation VCV
  • 圧規定換気 [[]] PCV

換気モード

人工呼吸を補助するモード

  • 呼気終末陽圧 positive end-inspiratory pressure
  • 吸気プラトー → 吸気ガス不均等分布の改善 EID

人工呼吸の合併症

  • 1. 血圧低下(静脈還流の低下、心機能低下)
  • 2. 圧外傷(気胸・縦隔腫瘍)
  • 3. 酸素中毒による無気肺、肺浮腫
  • 4. 気管潰瘍、穿孔、狭窄
  • 5. 尿量減少(ADH増加、心拍出量減少)
  • 6. 脳圧亢進(PEEPによる静脈還流↓)
  • 7. 消化管出血(ストレス)
  • 8. 精神的苦痛(気管挿入)
  • 9. 感染(人工呼吸器関連肺炎)

一次救命処置

ISBN 978-4892695667 p.100
  • 口腔内の異物を除去
  • 脈拍があり、呼吸がない場合の人工呼吸:成人では10/分、小児では12-20回/分のペースで息を吹き込む。
  • 小児の場合、呼吸数が10/分未満の場合、人工呼吸が考慮される。

BLS

  • 1秒かけて息を吹き込む。
  • 1人法の場合は30回の胸骨圧迫の後に2回人工呼吸を行う。
  • 2人法の場合も原則同様。ただし、幼小児の場合のみ15回の胸骨圧迫の後に2回人工呼吸を行う。
  • 成人の場合は5-6秒に1回、小児に対しては3-5秒に1回の人工呼吸を行う(AHA BLSヘルスケアプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2005年準拠)


人工呼吸器」

  [★]

ventilator, mechanical ventilator, artificial ventilator
ベンチレーター ベンチレータレスピレータ respirator artificial respirator
手動人工呼吸器
[show details]

モード

初期設定

PALS AHAガイドライン2010年準拠 p.176
酸素 94-99%
1回換気量(従量式換気) 6-8ml/kg
吸気時間 0.5-1秒
最大吸気圧(従圧式換気) 20-30cmH2O
呼吸数 乳児 20-30回/分
小児 16-20回/分
青少年 8-12回/分
PEEP 3-5cmH2O



関連」

  [★]

relationrelationshipcorrelationrelevancelinkimplicationconnectionbearingassociationreferencerelateassociateattachcorrelaterelativerelevantpertinent
暗示意味会合関係、関する、関連性基準共生結合結線言及参考、参照、照会、親戚親類軸受け相関相関性相互関係相対相対性相対的対合態度妥当適切同僚付随付着結びつける類縁体連関連結連合連合性連鎖連接、連絡、群集添付協会接続関係性リファレンスリンク参考文献相関関係関連づける


呼吸」

  [★]

respiration, breathing
呼吸数呼吸中枢呼吸パターン





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡