中枢性筋弛緩薬

出典: meddic

centrally-acting muscle relaxant, central muscle relaxant
メトカルバモール筋弛緩薬



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 検査値異常と薬剤(10)投与薬剤の検査値への影響 中枢神経系作用薬(4)
  • 片山 善章,澁谷 雪子,米田 孝司
  • 臨床検査 54(13), 1705-1712, 2010-12
  • NAID 40017392992
  • ITB(髄腔内バクロフェン)療法 : 日本における新しい重度痙縮の治療
  • 安藤 優子,齋藤 貴夫,金出 政人,上園 保仁
  • 日本薬理学雑誌 131(2), 109-114, 2008-02-01
  • … 痙縮は様々な中枢性疾患により起こるが,重度の痙縮においては十分な治療効果が得られていないのが現状である.重度痙縮への対応として,中枢性筋弛緩薬であるバクロフェンを脊髄腔内に持続投与する髄腔内バクロフェン(ITB)療法が開発され,2005年本邦でも認可された.バクロフェンはGABAB受容体を介し,シナプス後ニューロンにおける内向き整流性カリウムチャネルの活性化やシナプス前ニューロンにおける電 …
  • NAID 10024186681

関連リンク

中枢性筋弛緩薬で代表的なものはエペリゾン塩酸塩(ミオナール)です。このお薬は、脊髄反射を抑え、筋肉への神経伝達も緩和することで筋肉の緊張を和らげます。
中枢性筋弛緩薬 ~ 広告 ~ 名称及び製剤 治療に関する項目 使用上の注意に関する項目 作用機序と体内動態 化学構造及び物性 アフロクァロン 〔効〕(1)次の疾患における筋緊張状態の改善:頸肩腕症候群,腰痛症. (2)次の疾患に よる ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みメトカルバモール
関連記事筋弛緩薬」「中枢」「」「中枢性」「弛緩

メトカルバモール」

  [★]

methocarbamol
methocarbamolum
ロバキシン



筋弛緩薬」

  [★]

muscle relaxant muscle relaxants
神経筋接合部遮断薬、骨格筋弛緩薬 skeletal muscle relaxant skeletal muscle relaxants

筋弛緩のモニタリング(SAN.74-75)

四連反応比刺激




中枢」

  [★]

centercentral
センター中央中心中心性中心的中枢神経性中枢性中枢的中央に置く末梢


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


中枢性」

  [★]

centralcentrally acting
中心中心性中心的中枢神経性中枢的中枢

弛緩」

  [★]

relaxationrelax
緩和、ほどけるリラクゼーション




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡