丘疹

出典: meddic

papule
papula
発疹
  • 直径1cmくらいまでの隆起性表在性発疹。
  • 風疹でみられる。
  • とりはだと同じくらいの大きさ




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/14 00:21:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 重症アトピー性皮膚炎治療初期に発症する汗疱様発疹に関する検討
  • 堀向 健太,津村 由紀,山本 貴和子,正田 哲雄,二村 昌樹,野村 伊知郎,成田 雅美,大矢 幸弘
  • アレルギー 60(11), 1543-1549, 2011-11-30
  • … にステロイド外用剤(以下ス剤)の連日塗布から間欠塗布へと移行する寛解導入期の終わりから寛解維持期の始めに相当する時期に,全身の皮疹や掻痒は改善しているにも関わらず,患者の掌蹠に汗疱様の水疱・丘疹が出現することがある.我々はこの病態を「AD寛解前汗疱様発疹」と称している.AD寛解前汗疱様発疹はス剤抵抗性の皮疹やアトピー性皮膚炎の再燃と誤解し治療が頓挫する危険性がある.そこで,発症率や患者の …
  • NAID 110008798955
  • 症例 広範な病変を形成したBowen様丘疹症の1例
  • 桑田 依子,黄倉 真恵,堀本 浩平 [他]
  • 皮膚科の臨床 53(12), 1823-1825, 2011-11
  • NAID 40019058789

関連リンク

丘疹の最新記事だけでなく、紅色情報や、また皮膚紅斑との関係など、丘疹といえば写真、丘疹といえばボーエン様、丘疹と紅斑、現在ネットにある丘疹の記事をわかりやすくとりまとめてお伝えしています。また丘疹に関する動画や掲示板 ...
紅斑(こうはん) 皮膚が赤くなりますが皮膚表面近くの細い血管が開いているだけなので圧迫すると消えます。 丘疹を伴イブツブツしていることがあります。 元通りの皮膚に戻るには通常1~2週間かかります。 真皮上層の毛細血管の拡張 ...
百科事典マイペディア 丘疹の用語解説 - 皮膚病変の一種で,発疹が皮膚面から隆起した状態。多くは紅色を帯び,ふつう半球状ないし扁平状に高まる。留針の頭ほどからエンドウ豆大まで。1cm以上大きなものは結節と呼ばれる。

関連画像

丘疹斑丘疹 浮腫性紅斑を伴う漿液性丘疹丘疹性荨麻疹_丘疹性荨麻疹 丘疹(きゅうしん)丘疹状荨麻疹有什么症状表现


★リンクテーブル★
先読み発疹
国試過去問106F025」「108C018」「103B010」「099D076
リンク元風疹」「papule」「原発疹」「papular」「湿疹三角
拡張検索斑状丘疹状皮疹」「丘疹落屑性皮膚疾患

発疹」

  [★]

eruption, skin rash, lesion
exanthema
皮疹
皮疹
  • 出現時期、消長、同様のエピソードの有無、周囲での流行、接触、旅行歴、遺伝性疾患の有無、基礎疾患、予防接種状況



106F025」

  [★]

  • 45歳の男性。皮疹を主訴に来院した。 2週前に両側の下腿の皮膚病変に気付いたが、疼痛や瘙痒感はなかった。 1週前から皮膚病変が拡大してきたため受診した。両側の下腿から足背にかけて皮膚病変がみられる。病変は隆起しておらず、圧迫しても赤紫色が消退しない。下腿から足背にかけての写真(別冊No. 3)を別に示す。
  • この病変を特徴づける皮疹の種類はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106F024]←[国試_106]→[106F026

108C018」

  [★]

  • 2歳の男児。発熱と皮疹とに気付いた母親に連れられて来院した。前日の夜から胸部と腹部とに皮疹が出現し、今朝から 38.0℃の発熱がある。同居している祖父が2週前に右.の帯状疱疹に罹患している。体温 38.2℃。直径 2~ 5 mmの紅斑が顔、胸部、腹部および四肢に散在し、一部は水疱を伴っている。
  • この患児が 4日後に再診したときに最も多く見られる皮疹はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108C017]←[国試_108]→[108C019

103B010」

  [★]

  • 急性湿疹でみられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B009]←[国試_103]→[103B011

099D076」

  [★]

  • 真皮の浮腫が主体の皮疹はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D075]←[国試_099]→[099D077

風疹」

  [★]

rubella
三日はしか
風疹ウイルス感染症法

特徴

感染経路

  • 経気道感染(SMB.455)←つまり飛沫感染?。別の資料:飛沫経気道感染

疫学

  • 好発年齢:5~15歳。 別の資料:4-9歳が先体の60%を占める(ウイルス学授業プリント)
  • 季節性:春から初夏
  • 不顕性感染率は約25%
  • 終生免疫あり

潜伏期

  • 18日 (ウイルス学授業プリント)。別の資料:16~18日間が多い

症状

  • 丘疹:紅斑状の発疹が顔面に出現し、次第に体幹、四肢に広がる。発疹は癒合しない (⇔麻疹)。発疹消退後、色素沈着無し
  • 軽度の発熱(38℃)、耳後、後頭部のリンパ節の腫脹、結膜炎、咽頭痛を呈する。

3大主症状

  • 発疹、発熱、 リンパ節腫脹(耳介後部リンパ節)

合併症

  • 関節炎 (成人女性に多い)
  • 血小板減少性紫斑病 (3000例に1例)
  • 脳炎(6000例に1例)
  • 溶血性貧血(まれ)

経過

  • 病期:6-7日
  • 発症前(発疹出現前)から伝染力有り。大体、感染時より10日後(SMB.455)
このころには口腔、咽頭、気道分泌液中にウイルスが存在(SMB.455)
発症7日前からウイルス血症
  • 発疹より先立って頚部のリンパ節が腫脹し、発疹消失後数週間に渡って持続
  • 発疹出現-3~5日-発疹消失
  • 発疹と共に発熱-2~3日-解熱 →三日はしか

検査

  • HI:(陽性)血清8倍未満
  • CF:(陽性)血清4倍未満
  • EIA
  • IgG(陰性)2.0未満
  • IgN(陰性)0.8未満

治療

予防

米ではMMRワクチンを12-15月、4-6歳の2回接種
  • 風疹のγグロブリン製剤は少なくとも日本にはない

出席停止の解除(学校保険法)

先天性風疹症候群

  • 妊娠初期(妊娠3ヶ月以内)の妊婦に感染した場合は、胎児の多くが先天性異常を持って生まれてくる

先天性異常

  • 聴覚障害:神経知覚性難聴
  • 眼症状:白内障緑内障、小眼症、網膜症
  • 心疾患:動脈管開存肺動脈狭窄中隔欠損
  • その他:小頭症、身体発育遅滞、骨透明症、肝脾種、血小板減少性紫斑病

発生率

  • 妊娠4週まで :50%以上
  • 妊娠 5~ 8週:35%
  • 妊娠 9~12週:15%
  • 妊娠13~16週: 8%
  • 妊娠20週以降:まれ==ウイルス学==

鑑別




papule」

  [★] 丘疹

WordNet   license wordnet

「a small inflamed elevation of skin that is nonsuppurative (as in chicken pox)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「丘疹(きゅうしん),(皮被にできる)小さな吹き出物」

原発疹」

  [★]

primary eruption
発疹続発疹



papular」

  [★]

  • adj.
  • 丘疹
  • ex.
papula, papule


湿疹三角」

  [★]

湿疹



斑状丘疹状皮疹」

  [★]

maculo papular
maculopapular rash


丘疹落屑性皮膚疾患」

  [★]

papulosquamous skin disease
丘疹鱗屑性皮膚疾患丘疹鱗屑性障害




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡