下垂足

出典: meddic

foot drop, footdrop, foot-drop, drop foot
垂れ足尖足



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1. L2/3高位椎間板ヘルニアにより下垂足を来たした1例(第18回群馬整形外科研究会<主題II>脊髄・脊椎疾患について)
  • 團田 裕之,飯塚 陽一,小林 亮一,飯塚 伯,高岸 憲二
  • The Kitakanto medical journal 61(1), 94-94, 2011-02-01
  • NAID 120002806871
  • 最新原著レビュー 腰椎変性疾患による下垂足の手術成績

関連リンク

医療、看護、介護、福祉、リハビリ(理学療法 作業療法 言語聴覚療法)、栄養に関わることを主に掲載しています。 ... 下垂足 下垂足とは、足および足関節の背屈力が低下す ることで、足部が下垂する状態の総称です。おもに、前 ...
下腿の外側から足背ならびに第5趾を除いた足趾背側にかけて感覚が障害されしびれたり触った感じが鈍くなります。足首(足関節)と足指(趾)が背屈で出来なくなり、下垂足(drop foot)になります。
下垂足と尖足位の違いって何ですか? 尖足と下垂足のちがいとリハビリについて教えてください。 足がぐらぐらでつま... ヘルニアが原因となり下垂足となり、いまだ治りません、、どなたか早期に回復する... 獣のような重度 ...

関連画像

下 垂足 という 症状 らしい android 携帯 から の 投稿10-3 短下肢装具の役割と IMG_3232下 垂足Win


★リンクテーブル★
リンク元総腓骨神経」「シャルコー・マリー・トゥース病」「前脛骨筋」「トレンデレンブルグ徴候」「装具
関連記事

総腓骨神経」

  [★]

common peroneal nerve (KL,N,M,KH), common fibular nerve (B,KL,N,M,)
nervus peroneus communis, nervus fibularis communis
筋枝:下腿の前区域、後区域の全ての筋、足背の筋
皮枝:下腿前面の外側、足背}
  • 図:N.522

由来

支配

走行

臨床関連

  • 尖足 = 下垂足
  • ニワトリ歩行 = 鶏状歩行


脊髄神経

支配神経根 責任椎間高位 深部反射 感覚領域 支配筋
L4 L3-4 膝蓋腱反射 膝蓋骨の内側近辺 大腿四頭筋
L5 L4-5   膝蓋骨下外側から母趾にかけて下方に斜行 前脛骨筋長母趾伸筋長趾伸筋
S1 L5-S1 アキレス腱反射 小趾 下腿三頭筋長母趾屈筋長趾屈筋


シャルコー・マリー・トゥース病」

  [★]

Charcot-Marie-Tooth disease, CMT, CMTD
シャルコー-マリー-トゥース病 Charcot-Marie-Tooth病
腓骨筋萎縮症 腓骨部筋萎縮
神経性進行性筋萎縮症 neural progressive muscle atrophy
(上位疾患概念?)遺伝性運動感覚性ニューロパチー hereditary motor and sensory neuropathy HMSN

概念

  • 下肢前角細胞より末梢神経の脱髄、軸索変性を伴う神経原性筋萎縮性疾患。
  • 遺伝性疾患
  • 20歳以下の男子に多い

病因

疫学

  • estimated incidence(罹患率?): 17-40/10万人(HIM.2662)
  • 有病率:約40/10万人(北欧)

遺伝形式

  • 常染色体優性遺伝
  • 常染色体劣性遺伝
  • 伴性劣性遺伝
  • X連鎖劣性遺伝

病変形成&病理

症状

  • 筋萎縮は下肢遠位部に始まる → incerted champagne bottle appearance
  • 顔面・体幹・肢帯筋は侵されない → 生命予後はよい?

参考

  • 1. [charged] Hereditary primary motor sensory neuropathies, including Charcot-Marie-Tooth disease - uptodate [1]



前脛骨筋」

  [★]

tibialis anterior (KL,K) TA, tibialis anterior muscle (N)
tibialis ant.
musculus tibiali santerior
下肢の筋足関節の運動に関与する筋下肢筋群

概念

  • 脛骨から始まり、次第に脛骨腱となり、足背で内側にから足底に至り、内側楔状骨に達する
  • 下腿の前面にある伸筋群のうちで最も内側に位置する (KL.181)

起始

停止

神経

  • L5

機能

臨床関連

  • 下垂足
  • 前脛骨症候群

カテゴリ

足関節の背屈>:足関節の背屈



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


トレンデレンブルグ徴候」

  [★]

Trendelenburg sign
トレンデレンブルグ歩行、殿筋歩行、中殿筋
ニワトリ歩行、下垂足
  • 動揺歩行の一種

原因

*徴候

  • 中殿筋の麻痺→大腿(股関節)の外転・外旋×→歩行するときに非支持側の骨盤が傾斜→Trendelenburg検査陽性(トレンデレンブルグ徴候)
  • 非支持側の足が長くなったのと同じ→動揺歩行(身体を側方にまげて足を持ち上げる) or ニワトリ歩行(足を前方に持ち上げる)

装具」

  [★]

orthosis (SOR), prosthesis, brace, prosthetic appliance


足」

  [★]

foot
pes
下肢



足の骨格

  • 7個の足根骨
  • 5個の中足骨
  • 14個の趾骨


コメント

投稿日:2015-12-12

私はミオパチーという障害を持っています。下垂足を治して歩きたいです。装具を外したいです。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡