上眼瞼挙筋

出典: meddic

levator palpebrae superioris muscle (N,KH)
musculus levator palpebrae superioris, levator palpebrae superioris (M,KL,K)
眼瞼


支配

機能


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/02/10 07:06:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 未治療バセドウ病の眼球突出度の検討
  • 東洋人における上眼瞼挙筋腱膜長に関する屍体を用いた解剖学的検討
  • 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 28(1), 9-12, 2008-01-20
  • NAID 10024121415
  • 片眼のほぼ完全な眼瞼下垂を伴った眼窩筋炎の1例

関連リンク

上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん、英語: Levator palpebrae superioris muscle、 ラテン語: Musculus levator palpebrae superioris)は、眼筋のひとつである。眼球の 後方、視神経管の前で眼窩上面で起始し、上横走靭帯(Whitnall靭帯)を過ぎてから 次第に ...
2012年1月4日 ... 上眼瞼挙筋は、まぶたのところでは顔の表面近くを走るが、顔面の表情筋?ではなく、外 眼筋と考える。他の外眼筋と同様に、起始は眼窩?の奥で、眼窩の上壁を伝うように走り 、眼窩を出た後に上眼瞼?の皮下組織にある瞼板(上瞼板)の付近 ...

関連画像

3.挙筋短縮術眼瞼 は 上 眼瞼 と 下 眼瞼 に http://kompas.hosp.keio.ac.jp/file/000195 上眼瞼挙筋 ・ Levator palpebrae


★リンクテーブル★
国試過去問101E005」「108I062」「099A009
リンク元動眼神経」「上瞼板筋」「眼瞼挙筋腱膜
拡張検索上眼瞼挙筋腱膜手術
関連記事眼瞼挙筋」「眼瞼」「上眼瞼」「挙筋

101E005」

  [★]

  • 次の文を読み、4~6の問いに答えよ。
  • 72歳の男性。眼瞼下垂、複視および易疲労性を主訴に来院した。
  • 現病歴: 2か月前から疲れやすさを自覚し、眼瞼が下がり、物が二重に見えるようになった。午前中は程度は軽いが、午後になると眼瞼の下垂と疲労とが増悪する。最近は階段の上りや重いものを運ぶのが次第に困難になってきた。
  • 既往歴: 50歳時に肺結核と診断され、抗結核薬を1年間内服した。
  • 現症: 意識は清明。身長170cm、体重58kg。脈拍60/分、整。血圧130/82mmHg。両側に眼瞼下垂を認め、1分間上方注視させると下垂は増悪する。全方向で複視を認めるが、瞳孔は左右同大で対光反射は正常である。頭部屈筋と四肢近位筋とに筋力低下を認め、握力は両側20kg。筋萎縮はなく、深部腱反射は正常。感覚障害と自律神経障害とはない。
  • 検査所見: 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球488万、Hb14.9g/dl、白血球4,600。
  • 血清生化学所見:空腹時血糖75mg/dl、総蛋白7.3g/dl、アルブミン4.7g/dl、CK120IU/l(基準40~200)、FT3 3.0pg/ml(基準2.5~4.5)、FT4 1.2ng/dl(基準0.8~2.2)。胸部エックス線写真で肺尖部に陳旧性結核病変を認める。胸部単純CTで前縦隔に異常はない。
  • この患者の眼瞼下垂はどの障害によるか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101E004]←[国試_101]→[101E006

108I062」

  [★]

  • 17歳の男子。 1か月前に左眼部に野球のボールが当たり、複視が消失しないため来院した。上方視をさせた時の写真 (別冊 No. 23)を別に示す。
  • 眼球運動障害の原因となっている筋はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108I061]←[国試_108]→[108I063

099A009」

  [★]

  • 46歳の女性。左眼の眼瞼下垂を訴えて来院した。9方向眼位と輻輳との写真を以下に示す。異常がみられないのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 099A008]←[国試_099]→[099A010

動眼神経」

  [★]

oculomotor nerve (KH), CN III
nervus oculomotorius
脳神経


概念

走行

"http://192.168.2.14/mediawiki/index.php/%E5%8B%95%E7%9C%BC%E7%A5%9E%E7%B5%8C" より作成


一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞(中枢神経外) 神経細胞(中脳) 神経細胞(橋) 神経細胞(延髄) 神経細胞(脊髄) ○-< 節後ニューロン 頭蓋からの出口 分布と機能
                    上眼窩裂 支配筋:上直筋、下直筋、内側直筋、下斜筋
                  毛様体神経節 上眼窩裂 副交感神経:瞳孔収縮筋、毛様体筋

臨床関連

後交通動脈の動脈瘤が原因となりうる ← 大脳動脈輪の動脈瘤で二番目に多い



上瞼板筋」

  [★]

superior tarsal muscle (M)
musculus tarsalis superior
ミュラー筋 Müller筋 Muller筋 Mueller muscle, Mueller's muscle → *毛様体に存在する毛様体筋の最内層の輪状線維をこう呼ぶことがある。???
眼瞼瞼板


  • 図:N.77
  • 平滑筋
  • 上眼瞼挙筋の腱膜から上瞼板に付着
  • 交感神経に支配され、緊張時に目を大きく開く


眼瞼挙筋腱膜」

  [★]

aponeurosis of the levator palpebrae muscle
上眼瞼挙筋腱膜挙筋腱膜
上眼瞼挙筋
[show details]

上眼瞼挙筋腱膜手術」

  [★]

aponeurotic operation


眼瞼挙筋」

  [★]

levator palpebrae muscle、levator muscle
上眼瞼挙筋
  • 眼瞼挙筋は眼窩内では眼窩尖端のZinn総腱輪から起始。上直筋の上方を前方に走行し眼瞼に入る。上瞼板筋(Muller筋)を分岐した後、眼瞼挙筋腱膜となり眼窩隔膜と癒合し瞼板の頭側面に停止。

眼瞼」

  [★]

eyelids
palpebrae
マブタまぶた


上眼瞼の運動を支配する神経

臨床関連


上眼瞼」

  [★]

upper eyelid,
palpebra superior
眼瞼


挙筋」

  [★]

levator
下制筋




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡