上喉頭神経ブロック

出典: meddic

superior laryngeal nerve block
上喉頭神経


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 内視鏡誘導経鼻挿管法への上喉頭神経ブロックの応用
  • 関根 和史,藤野 和弘,和田 明,丸山 久雄,田辺 亙,長谷川 秀行,神田 元彦,吉田 和市,小林 裕,大澤 昭義
  • 日本歯科麻酔学会雑誌 24(2), 349-350, 1996-04-15
  • NAID 10007930030
  • 舌咽ならびに上喉頭神経ブロックの応用
  • 山崎 可夫 [他]
  • 耳鼻咽喉科臨床 66(5), 517-523, 1973-05
  • NAID 40017865959

関連リンク

物理的神経ブロック ●慢性疼痛こそが ●ペインクリニックとは ...
下に気管挿管を試行する。意識下気管挿管のポイント. は患者の協力に加えて意識 レベルの調節および適切な. 表面麻酔と上喉頭神経ブロックである。協力が得られ. ない 患者や咽頭・喉頭反射の激しい状況での施行は気. 道確保のみならず頚椎病変に とっても ...

関連画像

 ブロックする役割をしています2.肩関節痛と腕神経叢の枝付図(心腔穿刺)付図(神経ブロック上喉頭神経の内枝、外枝


★リンクテーブル★
リンク元superior laryngeal nerve block
関連記事喉頭」「上喉頭神経」「神経」「喉頭神経」「ブロック

superior laryngeal nerve block」

  [★] 上喉頭神経ブロック

喉頭」

  [★]

larynx (KL,K)
咽頭

解剖

  • 第4~6頚椎の高さにある。約5cm (KL.612) <→ C3-C6椎体の高さにある(M.571)

組織

呼吸器の上皮の移行

リンパ

  • 声帯上:
  • 上喉頭動静脈に沿って舌骨甲状膜を貫通 → 上内頚静脈リンパ節中内頚静脈リンパ節
  • 喉頭粘膜のリンパ網は、仮声帯、喉頭入口部でよく発達。喉頭蓋基部の小孔を通じて喉頭蓋前間隙のリンパ組織に連絡し、さらに内深頚リンパ節につらなっている。このため声帯上部癌のリンパ節転移率は喉頭癌のうち最も高率(SOTO. 560)
  • 声帯下:
  • 下喉頭動静脈に沿って喉頭前リンパ節・気管リンパ節 → 下内頚静脈リンパ節
  • 喉頭前リンパ節、気管周囲リンパ節につながっている(SOTO. 560)

機能

  • 発声
  • 嚥下の際の気道保護

喉頭の固有筋→喉頭筋

臨床関連

  • 喉頭先天性疾患
  • 喉頭外傷
  • 喉頭異物
  • 喉頭炎症
  • 喉頭非腫瘍性病変
  • 喉頭ポリープ(声帯ポリープ):声帯縁にに好発する広基性、有茎性の浮腫性腫瘤。声帯前1/3に好発。一側性が多い。表面平滑、色調は声帯と異なる。種々の嗄声を示す。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • 声帯結節:声帯の前1/3に好発。両側性が多い。女性に多く、声を酷使する職業に多い。幼児・学童では男性に多い。表面の色調は声帯と変わらない。嗄声をしめし、気息性嗄声が主。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • ポリープ様声帯
  • 喉頭肉芽腫
  • 喉頭嚢胞
  • 喉頭角化症/喉頭白色病変/喉頭白色病変/喉頭白板症
  • 喉頭癌




上喉頭神経」

  [★]

superior laryngeal nerve (N)
nervus laryngeus superior
喉頭迷走神経
  • 図:N.67(側面),71(背面)

由来

支配

  • 運動性の外枝:輪状甲状筋
  • 知覚性の内枝:声帯ヒダまでの喉頭の粘膜の近く

走行

参考:N.67(側面),71(背面)





神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


喉頭神経」

  [★]

laryngeal nerve
nervus laryngeus
喉頭


ブロック」

  [★]

block, Bloch
遮断阻止封鎖





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡