一酸化炭素トランスファーファクター

出典: meddic

carbon monoxide transfer factor
一酸化炭素トランスファー係数 carbon monoxide transfer coefficient


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ほか) 2 ガス交換、呼吸調節、運動負荷(肺でのガス交換;一酸化炭素の拡散能力(トランスファーファクター ) ほか ) 3 通常の肺機能検査以外の諸検査(睡眠時呼吸障害;小児の呼吸機能 ほか) 4 通常の肺機能検査の応用 ...
一酸化炭素の拡散能力(トランスファーファクター) ほか) 3 通常の肺機能検査以外の諸検査(睡眠時呼吸障害 小児の呼吸機能 ほか) 4 通常の肺機能検査の応用(気道反応と咳反射の評価 胸部外科手術の術前評価 ほか) ...


★リンクテーブル★
リンク元一酸化炭素肺拡散能力
関連記事炭素」「トランス」「一酸化炭素」「ファクター」「一酸化

一酸化炭素肺拡散能力」

  [★]

carbon monoxide pulmonary diffusing capacity carbon monoxide diffusing capacity of lung DLCO
CO拡散能力
一酸化炭素トランスファーファクター拡散能

概念

  • 肺胞気から肺毛細血管に至るガス移動効率の指標
  • 肺毛細血管内を通過する血液の気層との接触時間は0.75sあれば酸素化に影響はない。この接触時間が短くなる、すなわち血流速度が増加した状態では酸素化が不十分となり拡散能の低下として認められる。血流速度は運動時や、あるいは毛細血管が破壊されたり閉塞したりして血管床が減少した病態で上昇する。(SPU.24)
  • 20-30ml/min/Torr(YN.I-27)

方法

  • 4種混合ガスを用い、最大呼出後急速に最大吸気位まで吸気し、10秒息止めをした後、急速に最大呼出をしCOガスの吸収量を測定して肺拡散能を検査する。

DLCOを低下せしめるファクター

肺間質、気道、肺血管の異常
  • (1) 肺胞から肺毛細血管赤血球内ヘモグロビンに至るまでの拡散距離の増加
  • (2) 肺胞・肺毛細血管の有効拡散面積の減少
  • (3) 換気、血流、拡散能力の肺内不均等分布
YN.I-27

読み方

DLCO上昇

  • 軽度肺うっ血 → 肺血流量の増加により軽度上昇(SPU.354)

DLCO低下

  • 肺水腫

呼吸器内科 必修マニュアル

p.86

DLCOの基準

  • 高値   :予測値の141%以上
  • 正常   :予測値の76-140%
  • 軽度低下 :予測値の61-75%
  • 中等度低下:予測値の41-60%
  • 高度低下 :予測値の40%以下

解釈

スパイロメトリー DLCO  
閉塞性障害あり 低下 肺気腫
正常~上昇 気管支喘息
拘束性障害あり 低下 肺線維症、(肺切除後)
正常 胸郭・胸膜異常、神経筋疾患
正常 低下 早期の間質性肺疾患、肺血管障害貧血一酸化炭素中毒
上昇 高度肥満、多血症、(気管支喘息)、左右心内シャント、軽度の左心不全、肺胞出血

参考

  • [display]http://xakimich.hp.infoseek.co.jp/laboratory/node30.html



炭素」

  [★]

carbonCcarbonic
カルボニッククーロンシステインシトシン炭酸カーボン


トランス」

  [★]

transt-、(心理)trance = 催眠状態 = トランス状態


一酸化炭素」

  [★]

carbon monoxide, CO


臨床関連


ファクター」

  [★]

factor
因子要因要素

一酸化」

  [★]

monoxide
一酸化物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡