リン酸化酵素

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/12 17:59:01」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 第58回総会シンポジウム 分子標的治療への展望 肺がんに対する分子標的治療の現状と展望
  • 大江 裕一郎,吉田 達哉
  • 日本口腔外科学会雑誌 = Japanese journal of oral and maxillofacial surgery 60(6), 328-334, 2014-06
  • NAID 40020145315
  • イノシトールリン脂質脱リン酸化酵素(MTMR)の血管内皮における機能的役割
  • 九田 裕一
  • 金沢大学十全医学会雑誌 123(2), 49-50, 2014-06
  • NAID 120005478658
  • ATP非依存的リン酸化酵素の開発について (酵素工学研究会第70回講演会)
  • 奥 崇
  • 酵素工学研究会講演会講演要旨集 70, 14-19, 2013-10-25
  • NAID 40019903390

関連リンク

ドイツ語のウィキペディアja.wikipedia.orgで、リン酸化酵素に関する記事が直近の30日間に閲覧された回数は31回でした。 (更新日: 2014年2月6日)
2-オキソグルタル酸依存型ジオキシゲ. ナーゼ・プロリン水酸化酵素の開発. 柴崎 剛, 尾崎明夫. 協和発酵工業(株)技術研究所. L-プ ロリンからの トランス-4-ヒ ドロキシ-L-プ ロリン生産を. 目的としてプロリン水酸化酵素を探索し, プロ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元kinase」「キナーゼ」「カイネース」「phosphoenzyme
拡張検索MAPキナーゼ脱リン酸化酵素」「非受容体型チロシン脱リン酸化酵素」「ミオシン軽鎖脱リン酸化酵素」「タンパク質脱リン酸化酵素2」「プロリン酸化酵素
関連記事酵素」「リン」「酸化

kinase」

  [★] キナーゼ カイネース リン酸化酵素 phosphoenzyme phosphotransferase

WordNet   license wordnet

「an enzyme that catalyzes the conversion of a proenzyme to an active enzyme」


キナーゼ」

  [★]

kinase
カイネースリン酸化酵素 phosphoenzyme phosphotransferase


カイネース」

  [★]

kinase
キナーゼリン酸化酵素


phosphoenzyme」

  [★]

  • リン酸化酵素
kinase


MAPキナーゼ脱リン酸化酵素」

  [★]

mitogen-activated protein kinase phosphatase
マイトジェン活性化プロテインキナーゼホスファターゼMAPキナーゼホスファターゼ


非受容体型チロシン脱リン酸化酵素」

  [★]

non-receptor protein tyrosine phosphatase
非受容体型チロシンホスファターゼ非受容体型タンパク質チロシンホスファターゼ


ミオシン軽鎖脱リン酸化酵素」

  [★]

myosin light chain phosphatase
ミオシン軽鎖脱リン酸化


タンパク質脱リン酸化酵素2」

  [★]

protein phosphatase 2
プロテインホスファターゼ2


プロリン酸化酵素」

  [★]

proline oxidase
プロリンオキシダーゼ


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





酸化」

  [★]

oxidation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡