リンゴ酸-アスパラギン酸シャトル

出典: meddic

リンゴ酸・アスパラギン酸シャトル

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 酵素関係(アイソザイムを含む) リンゴ酸脱水素酵素(MDH) (広範囲 血液・尿化学検査,免疫学的検査(第7版・1)その数値をどう読むか) -- (生化学的検査(1))
  • 疾患モデル動物--病因解析での役割と限界(14)成人発症2型シトルリン血症モデルマウス
  • 佐伯 武頼,小林 圭子
  • 医学のあゆみ 204(7), 515-518, 2003-02-15
  • NAID 80015772363

関連リンク

リンゴ酸-アスパラギン酸シャトルでは、まず、ミトコンドリア外(細胞質ゾル)のオキサロ 酢酸が、リンゴ酸脱水素酵素(リンゴ酸 ... リンゴ酸-アスパラギン酸シャトルは、肝臓、 心臓、腎臓などの臓器の細胞で機能し、解糖で生じたNADH2+のエネルギーを、 ...
リンゴ酸-アスパラギン酸シャトルは、ミトコンドリア外のNADH2+のエネルギーを、 ミトコンドリア膜を経て、ミトコンドリア内(マトリックス)へ転送する為の仕組みで、哺乳類 で発達しています。 リンゴ酸-アスパラギン酸シャトルでは、まず、ミトコンドリア外( 細胞質 ...

関連画像

アスパラギン酸(Asp)の炭素 グリセロリン酸シャトル ★リンゴ酸-アスパラギン酸 リンゴ 酸 アスパラギン酸 欠損により、アスパラギン酸 リンゴ酸シャトル


★リンクテーブル★
先読みリンゴ酸・アスパラギン酸シャトル
関連記事リン」「アスパラギン」「トル」「アスパラ」「

リンゴ酸・アスパラギン酸シャトル」

  [★]

malate-aspartate shuttle
リンゴ酸・アスパラギン酸回路 malate-aspartate cycle、リンゴ酸回路 malate shuttle


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





アスパラギン」

  [★]

asparagine, Asn, N
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • アスパラギン酸のカルボキシル基(-COOH)とアンモニア(NH3)が反応してアミド基(-CONH2)を有した形。
  • アラニンの側鎖にアミド基が付いた形
  • 側鎖
-CH2-CO-NH2


トル」

  [★]

Torr
圧力
  • 圧力の単位。
1 torr ≒ 1 mmHg
(1) 760 mmHg = 101325.0144354 Pa
(2)
  1 torr = 1 atm(1気圧(標準大気圧)) / 760
  1 atm = 101325 Pa = 760 torr
 ∴ (1)と(2)はわずかに異なる。

アスパラ」

  [★] アスパラギン酸カリウムアスパラギン酸カルシウムアスパラギン酸マグネシウム

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡