リポ蛋白

出典: meddic

lipoprotein, LP
リポ蛋白質リポタンパクリポタンパク質リポプロテイン
アポリポ蛋白脂質異常症血漿リポタンパクリポプロテイン(a)
  • WIL.1595
密度
(g/mL)
電気移動度 産生部位 組成 主なアポ蛋白  




AI AII AIV B48 B100 CI CII CIII E apo(a)
Chylomicrons < 0.95 Origin 85            
Chylomicron remnants <1.006 Origin 60 20                    
VLDL <1.006 Pre-β 肝臓 55 20              
IDL 1.006-1.019 β VLDL由来 35 25                    
LDL 1.019-1.063 β IDL由来 60 5                      
HDL 1.063-1.210 α 肝臓、腸、血漿 5 20 25 50        
HDL2 1.063-1.125 α                              
HDL3 1.125-1.210 α                              
Lp(a) 1.050-1.090 α 肝臓 5 60                    
  • IDLをpre-Bとする文献もある。
WIL TABLE 36-3
リポ蛋白 AI AII AIV AV B100 B48 CI CII CIII E apo(a) D
平均血漿濃度 (mg/dL) 130 40 40 <1 85 Variable 6 3 12 5 Variable 10
染色体 11 1 11 11 2   19 19 11 19 6 3
分子量(kDa) ∼29 ∼17 (dimer) ∼45 39 ∼513 ∼241 ∼6.6 8.9 8.8 ∼34 ∼400-800 ∼20
ペプチドの長さ(a.a.) 243 77 376 343 4536 2152 57 79 79 299 4000-6000 169
主な合成部位 肝臓
小腸
肝臓 小腸 肝臓 肝臓 小腸 肝臓 肝臓 肝臓 肝臓

皮膚
精巣
脾臓
肝臓 肝臓
小腸
主な機能 ・HDLの構造蛋白
・LCATのCofactor
・コレステロールの逆転送に重要
・apo-Eの受容体への結合を妨げる
(E-AII複合体形成による)
・細胞からのコレステロールの流出を促進する
・LCATの活性化
・小腸からの脂質分泌を促進
・LPLを介した脂質分解の活性化
・肝でのVLDL合成を妨げる?
・VLDL・LDLの構造蛋白
・LDL受容体のリガンド
・カイロミクロンの構造蛋白 ・レムナントの受容体への結合を調節する
・LCATを活性化する
LPLのcofactor ・レムナントの受容体への結合を調節する
・LPLを阻害する
・LDLとレムナント受容体のリガンド
・局所の脂質の再配分
・コレステロール逆転送(apo-EをもったHDL)
血栓形成と線維素溶解を調節する LCATの活性化?
  • Functions and interrelationships of different classes of plasma lipoproteins

PNAS 1969 64:1128-1137


リポ蛋白の構成 QB CBT vol.1 p.140

  • コレステロールが多いのがLDL。トリグリセリドが除去されることでVLD L→ IDL → LDL
  • HDLは蛋白質が多い。HDLは末梢からコレステロールの逆転送のいわばキャリアーとなる。



参考

  • 1. リポ蛋白・コレステロールの代謝マップ
[display]http://www.jokoh.com/dandi/taisya.gif



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/21 16:15:27」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脂質代謝異常症
  • 斉藤 喬雄,小河原 悟,伊藤 建二,松永 彰
  • 日本内科学会雑誌 100(5), 1220-1226, 2011-05-10
  • NAID 10029097040
  • 妊娠糖尿病におけるインスリン抵抗性と脂質代謝
  • 本田 正志,茂木 瑞恵,高野 靖子,立川 恵美子,小宮 朋子,吉原 由貴,雨宮 照子,舟山 幸,黒島 淳子
  • 東京女子医科大学雑誌 81(E2), E221-E225, 2011-03-31
  • … 総コレステロール、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、遊離脂肪酸、β-リポ蛋白はC、GIGT、GDM群間で有意差は認められなかった。 … GDMにおけるインスリン抵抗性指数と中性脂肪、総コレステロール、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、β-リポ蛋白との相関を検討した。 …
  • NAID 110008441471
  • 血液検査(糖代謝・脂質代謝関連因子,高感度CRP,酸化ストレスなど) (特集 動脈硬化症--一次予防から二次予防まで) -- (動脈硬化症の診断と臨床的意義)
  • 松森 理枝,代田 浩之
  • 綜合臨床 60(10), 2066-2073, 2011-10
  • NAID 40019020704
  • 泌乳前期乳牛へのベタイン給与が血清総コレステロールおよびアポリポ蛋白質B-100濃度に及ぼす影響
  • 中井 朋一,佐藤 忠,寺村 誠 [他]
  • 獣医畜産新報 64(10), 821-825, 2011-10
  • NAID 40019012072

関連リンク

リポ蛋白の表層は、親水性のリン脂質、遊離コレステロール(遊離型コレステロール: 少ない)、アポ蛋白(apolipoprotein)と呼ばれる蛋白質から構成される。疎水性の トリグリセリド(中性脂肪)とコレステロールエステル(エステル型コレステロール:多い)は 、内部 ...
リポタンパクは、電気泳動法または超遠心にて分類される。通常見られるリポタンパクは 次のようなものである。 電気泳動 ... カイロミクロン; 超低比重リポタンパク (VLDL); 低 比重リポタンパク (LDL); 高比重リポタンパク (HDL) ...
第一三共の健康情報「脂質異常症のくすりの服用と治療法 リポ蛋白とは何?」のページ 。「ヘルシーライフアカデミー」は、製薬会社 第一三共による健康情報サイト。気になる 疾患の予防・改善方法や健康を保つための食事・運動方法などをご紹介しています。
矢印のように リポ蛋白の表面に 一定の確率で中性脂肪が顔をのぞかせていま す。リポ 蛋白が毛細血管 とくに脂肪組織や筋肉のなかを流れる毛細血管を流れる うちに毛細 血管内皮細胞表面にあるリポ蛋白リパーゼの働きで 中性脂肪が分解さ れ喪失していき ...

関連画像

リポ蛋白代謝.JPGリポ蛋白 の特徴(図3)リポ蛋白リポ蛋白の基本構造リポ蛋白とは?リポ蛋白の代謝リポ蛋白の種類


★リンクテーブル★
先読みLP」「血漿リポタンパク
リンク元脂質異常症」「高比重リポ蛋白」「ピックアップ」「リポ蛋白(a)」「プレβ-リポ蛋白
拡張検索低密度リポ蛋白コレステロール」「アポリポ蛋白」「リポ蛋白A」「リポ蛋白代謝
関連記事」「リポ

LP」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a long-playing phonograph record; designed to be played at 33.3 rpm」
L-P

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「エルピーレコード(1分間331/3回転のレコード;商標名)」

血漿リポタンパク」

  [★]

plasma lipoprotein
リポタンパク


脂質異常症」

  [★]

dyslipidemia
高脂血症 hyperlipidemia脂質代謝異常 lipoprotein disorders
高脂血症治療薬リポ蛋白

定義

  • 血清:Total-CHO≧220 mg/dl。LDL-C≧140 mg/dl。TG≧150 mg/dl。HDL-C<40 mg/dl

病型

  • 原発性
  • 家族性
  • 特発性
  • 二次性

分類

原発性高脂血症のWHO分類

型分類   増加するリポ蛋白 血清脂質の変動 コレステロール
(mg/dl)
トリグリセリド
(mg/dl)
正常   - - <220 <150
I型高脂血症 高カイロミクロン血症 hyperchylomicronemia カイロミクロン 中性脂肪著明増加 <260 >1000
IIa型高脂血症 高コレステロール血症 hypercholesterolemia LDL コレステロール増加 >220 >150
IIb型高脂血症 複合型高脂血症 combined hyperlipidemia LDL, VLDL コレステロール中性脂肪増加 >220 150-300
III型高脂血症 異常βリポ蛋白血症 dysbetalipoproteinemia IDL 電気泳動でbroad β 350-500 350-500
IV型高脂血症 高トリグリセリド血症 hypertriglyceridemia VLDL 中性脂肪増加 <240 200-1000
V型高脂血症 複合型高トリグリセリド血症 mixed hypertriglyceridemia カイロミクロン, VLDL 中性脂肪著明増加 <300 >1000

原発性高脂血症の型分類 (臨床検査法提要第32版 p.533)

  I型 II型 III型 IV型 V型
IIa型 IIb型
高カイロミクロン血症 高コレステロール血症 複合型高脂血症 異常βリポ蛋白血症 高トリグリセリド血症 複合型高トリグリセリド血症
増加リポ蛋白 CM ++        
VLDL      
IDL          
LDL        
血漿脂質 TC +++ ++ ++ /+
TG +++   ++ ++ ++ +++
TC/TG <0.2 >1.6 不定 0.6-1.6 <0.6
病因 LPL欠損
アポCII欠損
(外因性高脂血症)
LDL受容体異常 不明 アポE異常
(E2/E2など)
不明
(内因性高脂血症)
LPL欠損へテロ(一部)
(外因性高脂血症
and
(内因性混合型高脂血症)
臨床所見 発症時期 小児期 小児期~成人 成人 成人 小児期~成人
肝脾肥大
+++ +++
脾のみ
+++
腹痛    
膵炎      
網膜脂血症      
肥満      
角膜輪      
冠動脈疾患 まれ 最も高率 高率 中程度 比較的まれ
黄色腫 発疹状 黄色板状
結節状
腱黄色腫
手掌線
結節状
発疹状
  発疹状
耐糖能 正常 正常 正常 異常多い 異常多い
高尿酸血症 なし なし 少ない 多い 多い
遺伝 劣性遺伝 優性遺伝 劣性遺伝 優性遺伝 不明
頻度 まれ 多い
500人中
1人(ヘテロ)
100万人中
1人(ホモ)
多い
200人中
1人
少ない
1万人中
2-3人
最も多い まれ
血清静置試験 上層:乳濁 透明 わずかに混濁 混濁、
時にミルク状
混濁 上層:乳濁
下層:透明 下層:混濁
特徴     small dense LDL
の存在
broad β    
  • 頻度:IIa > IIb > IV
  • 遺伝(AR)I, III (AD)その他
  • 症状
  • 動脈硬化:IIa,IIb,III
  • 膵炎:TG多い:I,IV,V
  • TC優位に多いのがIIa, TG優位に多いのがIV
  • リポ蛋白のパターンは、IIa + IV = IIb で IIIはその中間(IDL)。I + IV = V

原発性高脂血症

  血清TG 血清TC
内分泌代謝疾患 甲状腺機能低下症   +++
クッシング症候群 + ++
先端性肥大症 +  
糖尿病 +++ +~++
痛風 +  
神経性食思不振症   ++
ウェルナー症候群   ++
肝疾患 閉塞性肝・胆道疾患   +++
肝癌   ++
腎疾患 ネフローゼ症候群 ++ +++
慢性腎不全 +++  
免疫異常 全身性エリテマトーデス +++  
骨髄腫 ++ +
薬剤など サイアザイド + +
β遮断薬 +  
シクロスポリン   +
経口避妊薬 +++  

リスク別脂質管理目標値 (http://jas.umin.ac.jp/pdf/guideline_summary.pdf)

  治療方針の原則 カテゴリー 脂質管理目標値(mg/dL)
リスク群 LDL-C以外の主要危険因子 LDL-C HDL-C TG
一次予防 まず生活習慣の改善を 行った後、薬物治療の 適応を考慮する I 低リスク群 0 <160 ≧40 <150
II 中リスク群 1~2 <140
III 高リスク群 3以上 <120
二次予防 生活習慣の改善とともに 薬物治療を考慮する 冠動脈疾患の既往 <100
  • LDL-C値以外の主要危険因子
  • 加齢(男性≧45歳、女性≧55歳)、高血圧、糖尿病(耐糖能異常を含む)、喫煙、冠動脈疾患の家族歴、低HDL-C血症(<40mg/dL)
  • 糖尿病、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症の合併はカテゴリーIIIとする。




高比重リポ蛋白」

  [★]

high-density lipoprotein, HDL lipoprotein, HDL
高比重リポタンパク質高密度リポタンパク質、高密度リポ蛋白、高比重リポタンパク
血漿リポタンパクリポ蛋白
[show details]

機能

  • コレステロールを末梢から肝臓に戻すコレステロール逆転送に関わっている。

血中のHDL-Cに影響を与える因子

YN.D-115
  • 性別:女性>男性  ← エストロゲンの作用による? 閉経後には女性でも上昇する。
  • 血中TG濃度:逆相関するらしい
  • CETP濃度:逆相関するらしい

減少する病態・因子

  • 原発性:アポA-I欠損症、LCAT欠損症、Tangier病、LPL欠損症
  • 続発性:喫煙、多価不飽和脂肪酸の過剰摂取、糖尿病、甲状腺疾患、肝硬変、慢性腎不全、プロブコール

増加する病態・因子

  • 体重減少、有酸素運動、喫煙、少量のアルコール飲酒

臨床関連

  • 低HDL-C血症:40mg/dL以下
  • 動脈硬化のリスクファクター
  • 高HDL-C血症



ピックアップ」

  [★]

クオリティが高いと思われる記事のピックアップです。
薬理 薬物ウイルス一覧難病リスト疾患名一覧難病抗不整脈薬化膿性髄膜炎原虫子宮体癌膠原病脂質異常症全身性エリテマトーデス糖質コルチコイド消毒薬非ステロイド性抗炎症薬蠕虫細菌肺癌心不全結節性多発動脈炎常位胎盤早期剥離血糖降下薬重症筋無力症ホルモンリポ蛋白人口脳神経イソプロテレノール下垂体腺腫関節リウマチ尿沈渣アドレナリン受容体アミノ酸低ナトリウム血症神経性食思不振症降圧薬妊娠シェーグレン症候群免疫グロブリンフォン・ギールケ病感染症法クローン病文献の略号細菌の鑑別呼吸器の上皮の移行原発性胆汁性肝硬変心音クッシング症候群バーター症候群気管支喘息食中毒菌利尿薬ワクチン敗血症性ショック消化器系アミロイドーシス下肢の筋トキソプラズマ症僧帽弁閉鎖不全症慢性リンパ性白血病アレルギー真菌サイトカイン抗てんかん薬全身性強皮症アカラシア

リポ蛋白(a)」

  [★]

lipoprotein (a), lipoprotein(a) Lp(a)
リポ蛋白Aリポタンパク質(a)リポプロテイン(a)
LDLHDL
[show details]



  • リポタンパク質の一つ。密度で分画したときに出現する。
  • LDLにアポリポタンパク質Bを介してアポリポタンパク質(a)が結合している。
  • 動脈硬化の危険因子とされる
  • 血中濃度:は糖尿病↑、腎疾患↑、高中性脂肪血症↓、HMG-CoA reductase→、ニコチン酸系薬


プレβ-リポ蛋白」

  [★]

pre β-lipoprotein
VLDLβ-リポ蛋白
[show details]

概念

  • リポ蛋白を電気泳動で分画したときにα分画とβ分画(β-リポ蛋白)の間に認められる区画であり、VLDLに相当する。

食事の影響

  • 中性脂肪を含む区域であり、食後には増加が認められる ⇔ β-リポ蛋白はLDLに相当する区画であり、比較的食事の影響は受けにくい。


低密度リポ蛋白コレステロール」

  [★]

low-density lipoprotein cholesterolLDL cholesterol
LDLコレステロール、低比重リ・蛋白コレステロール、低密度リ・タンパク質コレステロール


アポリポ蛋白」

  [★]

apolipoproteinapo
アポリポタンパク質アポリポ蛋白質アポアポリポタンパクアポリポプロテイン


リポ蛋白A」

  [★]

lipoprotein A
リポ蛋白(a)リポタンパク質A


リポ蛋白代謝」

  [★]

lipoprotein metabolism
リ・タンパク質代謝


白」

  [★]

whiteleukoleuco
白色白人ロイコ白い

リポ」

  [★]

lipo
脂肪




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡