リボフラビン酪酸エステル

出典: meddic

riboflavin butyrate


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • リボフラビン酪酸エステルと乳糖との固相における分子間相互作用のスペクトル解析
  • 田和 理市,奥村 茂樹,田口 都一,藤原 国雄
  • 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan 58(4), 179-185, 1998-12-20
  • NAID 10016341473

関連リンク

一般名 リボフラビン酪酸エステル 一般名(欧名) Riboflavin Butyrate 化学名 (2R,3S,4S)-5-(7,8-Dimethyl-2,4-dioxo-3,4-dihydro-benzo[g]pteridin-10(2H)-yl)pentan-1,2,3,4-tetrayl tetrabutanoate 分子式 C 33 H 44 N 4 O 10 分子量 656.72
リボフラビン酪酸エステルとはどのような成分ですか? ビタミンB2(リボフラビン)の中でも、脂溶性を高めた医薬品成分です。 水溶性のビタミンB2は、多く服用しても水に溶けやすく尿としてすぐに排泄されてしまいますが、

関連画像

リボフラビン酪酸エステル錠  リボフラビン酪酸エステル20mgリボフ ラビン 酪酸 エステル リボフラビン酪酸エステル リボフラビン酪酸エステルリボフ ラビン 酪酸 エステル

添付文書

薬効分類名

  • 高コレステロール血症改善ビタミン剤

販売名

ミタンB2錠20mg

組成

成分・分量
(1錠中)

  • 日局リボフラビン酪酸エステル 20mg

添加物

  • 乳糖水和物、D-マンニトール、トウモロコシデンプン、セルロース、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム、タルク

効能または効果

・高コレステロール血症

・ビタミンB2欠乏症の予防及び治療。

・下記疾患のうち、ビタミンB2の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合。

  • 口角炎、口唇炎、舌炎、脂漏性湿疹、結膜炎、びまん性表層角膜炎

・ビタミンB2の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦、はげしい肉体労働時等)。

  • 高コレステロール血症及びビタミンB2の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合の適応に対して、効果がないのに月余にわたって漫然と使用しないこと。
  • リボフラビン酪酸エステルとして、通常、成人1日5〜20mgを2〜3回に分割経口投与する。
  • 高コレステロール血症には、通常、成人1日60〜120mgを2〜3回に分割経口投与する。
  • なお、年齢、症状により、適宜増減する。

薬効薬理

○補酵素的作用

  • 本剤は脂溶性持続型のビタミンB2として体内で徐々に遊離のビタミンB2となり、長時間貯蓄されて高率的にFADとなり、ビタミンB2本来の作用である補酵素的作用をあらわす。
  • 補酵素面より脂肪酸の代謝、すなわち脂肪酸のβ酸化さらにTCAサイクルの回転を促進する。β酸化が盛んになれば血中脂肪酸値が下がり、脂肪酸の自動酸化による過酸化物生成が減少する。同時に血中総コレステロールの低下、血清コレステロールエステル比の上昇も認められる。

○非酵素的作用

  • 本剤は経口投与後、大部分は分解を受けず、リボフラビン酪酸エステルのまま吸収され、体内で生成された脂肪酸酸化物と直接反応してこれを除去する。

有効成分に関する理化学的知見

  • 一般名:リボフラビン酪酸エステル (Riboflavin Butyrate)
  • 化学名:(2R,3S,4S)-5-(7,8-Dimethyl-2,4-dioxo-3,4-dihydrobenzo[g]pteridin-10(2H)-yl)pentan-1,2,3,4-tetrayl tetrabutanoate
  • 構造式:
  • 分子式:C33H44N4O10
  • 分子量:656.72
  • 性状 :リボフラビン酪酸エステルはだいだい黄色の結晶又は結晶性の粉末で、わずかに特異なにおいがあり、味はわずかに苦い。メタノール、エタノール(95)又はクロロホルムに溶けやすく、ジエチルエーテルに溶けにくく、水にほとんど溶けない。光によって分解する。
  • 融点 :146〜150℃


★リンクテーブル★
先読みriboflavin butyrate
関連記事リボフラビン」「エス」「酪酸」「」「酪酸エステル

riboflavin butyrate」

  [★]

riboflavin


リボフラビン」

  [★]

riboflavin
リボフラビン酪酸エステルリボフラビンリン酸エステルナトリウム
K.C.L.KCLKCL補正液M.V.I.M.V.I.-12キットアスパラギン酸カリウムアミノレバンEN配合エルネオパ1号輸液エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッドオーツカMVカオルトーンカルスロットカルバジンサブビタンシーパラシナール配合セファクロルダイメジン・マルチタココンブタコシールツインラインNF配合ツインライン配合ネオM.V.I.-9ネオパレン1号輸液ネオラミン・マルチVノイロビタン配合ハイボンバイラブパンビタン末ビスラーゼビタジェクトビタダン配合ビタマル配合ビタミンB2、ビタミンB2、ビフロキシン配合フェニルアラニン除去ミルク配合、フルカリック1号輸液、プレビタSヘパンED配合ホスフランマニカロットマニジップマニジピン塩酸塩マルタミンミノマイシンラコールNF配合ラコール配合リボビスロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ワッサーV配合ワルファリンカリウム強力ビスラーゼ末
ビタミンB2
ビタミンB剤


エス」

  [★]

id
Es
イド
リビドー


  • フリードリヒ・ニーチェが使用し、ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)の『エスとの対話』("Gesellschaft")などで使われた用語で、彼と交流があったジークムント・フロイトが採用した精神分析学用語ともなった。(なお、1953年にジェイムズ・ストレイチーによるフロイト翻訳全集の英訳の際、エスはイド(ラテン語)と訳されアメリカ系の精神分析学で流布された。)自我参照。(wikipedia jaより)

参考



酪酸」

  [★]

butyric acid, butanoic acid
ブチル酸ブタン酸
カルボン酸
  • CH3(CH2)2COOH

関連物質


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

酪酸エステル」

  [★]

butyrate
酪酸酪酸塩




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡