リバーストリヨードサイロニン

出典: meddic

3,3'5'-triiodothyronine , reverse triiodothyronine, rT3
リバースT3
低トリヨードサイロニン症候群



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • サイロキシンとトリヨ-ドサイロニン,リバ-ストリヨ-ドサイロニン (ホルモン--その新しい概念<特集>) -- (ホルモン分子の多様性とプロホルモン)

関連リンク

甲状腺と頚部疾患へ 【甲状腺機能検査】 大変種類も多く複雑で多彩な検査です。甲状腺腫脹、甲状腺機能亢進症状、などから調べます。 1)視床下部-下垂体-甲状腺 まず甲状腺は視床下部-下垂体-甲状腺という調節機構で働いています。
... が一つ外れてトリヨードサイロニンとなるし,内側フェノール環のヨードが一つ外れてリバーストリヨードサイロニンとなり,さらに脱ヨードがすすむ.このほかフェノール環のエーテル結合が破壊される代謝系もある (ether link cleavage ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み低トリヨードサイロニン症候群
リンク元甲状腺ホルモン」「3,3'5'-triiodothyronine」「rT3」「reverse triiodothyronine」「リバースT3
関連記事サイロニン」「リバース」「ヨード」「トリ

低トリヨードサイロニン症候群」

  [★]

low T3 syndrome, low triiodothyronine syndrome
低T3症候群甲状腺機能正常症候群 ユーサイロイドシック症候群 euthyroid sick syndrome sick euthyroid syndrome非甲状腺疾患 nonthyroidal illness
甲状腺甲状腺ホルモンユーサイロイドシック症候群
[show details]


概念

  • 甲状腺が異常がないにもかかわらず、サイロキシン(T3)の濃度が低下する病態。

本症候群が見られやすい病態

OLM.296

  • 本疾患が見られる病態:低栄養状態、重症疾患罹患時(外傷、感染症、手術)、腎不全、肝不全、心不全、悪性腫瘍
  • 意義:T4からrT3に変換させて、エネルギーを低減させる適応減少。重症化によりT4,TSHも低下。

YN.D-167

  • 摂取カロリー低下状態(飢餓、神経性食思不振症)、手術後、熱性疾患、肝硬変、腎不全、薬剤投与(グルココルチコイド、β受容体遮断薬)
  • 末梢でのエネルギーを節約しようとしている病態?と考えられているらしい (YN.D-167)

検査

  • T4:正常
  • T3:低値
  • reverse T3:高値
  • FSH:正常 or やや上昇



甲状腺ホルモン」

  [★]

thyroid hormone, thyroid hormones
甲状腺サイログロブリンカルシトニン甲状腺ホルモン製剤
胎児の発育・新生児の生理と適応


  • SP.915-

種類

分類

性状

  • 疎水性アミノ酸

産生組織

標的組織

受容体

  • 核内甲状腺受容体(甲状腺ホルモン受容体ファミリー)
ステロイドレセプタースーパーファミリーに属する → 核内受容体スーパーファミリー

作用

代謝系別

  • 1. 熱産生
  • 脳、脾臓、睾丸をのぞくすべての組織で酸素消費を高める ← 甲状腺クリーゼによる発熱の原因
  • 2. 自律神経系
  • カテコラミンの作用を増強する
  • 心筋細胞のカテコールアミン受容体を増加 ←証明されていない?
  • 3. 内分泌
→甲状腺ホルモンの投与によりコルチゾールが減少し副腎クリーゼを誘発
  • 4. 呼吸器系
  • 5. 造血器系
  • エリスロポエチン産生促進 → 赤血球増加
  • ヘモグロビンからの酸素解離を促進 → 末梢組織での酸素利用↑
  • 6. 骨格筋系作用
  • 骨代謝回転を高め、骨形成・骨吸収を促進 (閉経後女性で甲状腺ホルモン多 → 骨塩量減少 → 骨粗鬆症
  • グレーブス病では筋肉蛋白の代謝亢進、筋肉量の減少、筋力低下、筋脱力、四肢麻痺
  • 7. 糖代謝
  • 糖代謝の亢進
  • 8. 脂質代謝
  • 肝臓におけるコレステロール産生を促進
  • 肝臓のトリグリセリドリパーゼ活性を亢進し、コレステロールの代謝を促進
コレステロールが減少 ← 総じて分解系の法が作用が強い
  • 9. その他

薬理学的作用 (SPC.321)

  • 成長と発育
全ての生体の活動に関わる-(不足)→成長停止、身体的・精神的発育停止
  • 熱産生と体温調整
組織の酸素消費を高め、基礎代謝を亢進させる。Na+,K+-ATApaseの活性刺激や、核内クロマチンに作用してDNA転写を促進する作用による
  • 代謝亢進作用
上記の通り
  • TSH分泌抑制
ネガティブフィードバック

分泌の調節

  • 分泌の制御系
視床下部--(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)-→下垂体前葉--(甲状腺刺激ホルモン)-→甲状腺濾胞細胞-→T3, T4-→T3, T4下垂体前葉・視床下部に作用し甲状腺刺激ホルモンの分泌を抑制

分子機構

臨床関連

過多

欠乏

  • 甲状腺機能検査値の異常を来す病態。ほとんどの場合TSHは正常
  • free T3↓、rT3↑(重症ではT4↓、TSH
  • 低栄養、外傷、感染症、手術、腎不全、肝不全、心不全、悪性腫瘍
  • エネルギー消費を減らすための適応かもしれない
以上2007後期生理学授業プリント内分泌(3)

生合成 (SP.916)

3,3'5'-triiodothyronine」

  [★] リバーストリヨードサイロニン


rT3」

  [★] リバーストリヨードサイロニン


reverse triiodothyronine」

  [★] リバーストリヨードサイロニン


リバースT3」

  [★] リバーストリヨードサイロニン


サイロニン」

  [★]

thyronine
チロニン
甲状腺ホルモン甲状腺


920


リバース」

  [★]

reverse
逆性逆転逆行逆戻り


ヨード」

  [★]

iodineiodo
ヨウ化ヨウ素


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡