メタボリックシンドローム

出典: meddic

metabolic syndrome
メタボリック症候群

診断基準

  • 日本肥満学会(JASSO)基準(2005年)
  • 必須条件


  • 腹囲:男性 ≧85cm、女性 ≧90cm
  • 下記項目中2項目以上


  • 血圧  :≧130/85mmHg /はor


  • 中性脂肪:≧150mg/dl or HDL-C:<40mg/dl


  • 血糖  :≧110mg/dl


血圧は正常高値、血糖は境界領域を指し示している。


基準と解釈

参考1
  • メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が強く疑われる者(腹囲≧85㎝+項目2つ以上該当)
  • メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予備群と考えられる者(腹囲≧85㎝+項目1つ該当)


→メタボリックシンドロームの確定は???腹部CT?

参考

  • 1. 【topics】中高年の男性の2人に1人がメタボリックシンドロームか予備群の危険!?
[display]http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/metabo02/kiso/topics/index.html




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/11 13:11:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 病態の必修キーワード10~14 (特集 新人スタッフ応援号 患者さんの「なぜ?」「どうして?」にもう困らない 糖尿病の病態・検査・治療 必修キーワード80)
  • 高コレステロール血症 : 成人期移行の現状と問題点 (特集 小児慢性疾患の成人期移行の現状と問題点) -- (先天性代謝異常)
  • 内臓脂肪型肥満の病態と包括的治療を考える (第43回内科学の展望 体質から生活までを考える代謝内科学) -- (病態と発症機序を考える)
  • メタボリックシンドロームのなかの高血圧 (特集 高血圧 : 予後,臓器・血管保護を見据えた治療戦略) -- (高血圧の基本的な考え方)

関連リンク

「動脈硬化」の危険因子といえばコレステロールが有名ですが、最近の研究では、肥満が原因で生活習慣病などを引き起こし、より「動脈硬化」になりやすいことがわかってきました。そのキーワードが『メタボリックシンドローム ...
監修/財団法人 循環器病研究振興財団 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)をご存じですか?メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満を共通の要因として高血糖、脂質異常、高血圧が引き起こされる状態で、それぞれ ...
メタボリックシンドローム予防・改善のお役立ち情報が満載の総合サイト。一般・こども向けに加え、医師や医療関係者など専門家を対象とした幅広い情報を発信しています。医学会や行政、産業界と産経新聞グループが協力して発足 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問108G043」「105B036」「103B001」「104E037
リンク元特定健康診査」「高齢者の医療の確保に関する法律」「内臓脂肪症候群」「メタボリック症候群」「metabolic syndrome
拡張検索メタボリックシンドロームX
関連記事ローム

108G043」

  [★]

  • 52歳の男性。会社の健康診断でメタボリックシンドロームを指摘され来院した。事務系の管理職でデスクワークがほとんどであり、仕事上の会食や飲酒の機会が多い。喫煙歴はなく、飲酒はほぼ毎日で、会食がある時は量が増える。運動はしない。父親が高血圧。身長 172 cm、体重 79 kg、腹囲 89 cm。血圧 142/90 mmHg。身体所見に異常を認めない。 AST 33 IU/l、ALT 38 IU/l、 γ -GTP 75 IU/l(基準 8~50)、空腹時血糖 102 mg/dl、トリグリセリド 185 mg/dl、HDLコレステロール 68mg/dl、LDLコレステロール 148 mg/dl。食事内容を記載し再診した。 3日分の食事内容を表に示す。


  • a 「エネルギー摂取量を減らしましょう」
  • b 「塩分はもう少し摂っても大丈夫です」
  • c 「野菜の摂取もバランスがいいですね」
  • d 「この程度のアルコールなら問題はありません」
  • e 「蛋白質をもう少し摂取するようにしましょう」


[正答]


※国試ナビ4※ 108G042]←[国試_108]→[108G044

105B036」

  [★]

  • a 都道府県が実施主体である。
  • b 対象年齢は30歳以上である。
  • c 非肥満の高血圧者には医療機関への受診勧奨が行われる。
  • d 医療機関で治療中の者は特定健康診査の対象から除外される。
  • e メタボリックシンドロームのスクリーニングと指導が行われる。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B035]←[国試_105]→[105B037

103B001」

  [★]

  • メタボリックシンドロームの診断基準に含まれるのはどれか。3つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103A060]←[国試_103]→[103B002

104E037」

  [★]

  • 特定健康診査によるメタボリックシンドローム診断の基準に含まれないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104E036]←[国試_104]→[104E038

特定健康診査」

  [★]

特定健診、メタボ健診
メタボリックシンドローム高齢者医療確保法特定保健指導
SUB12.200
  • 根拠法:高齢者医療確保法
  • 実施主体:保険者 ← 義務
  • 対象:40-74歳の被保険者・被扶養者
  • 項目:
  • 1. 基本的な健診の項目
  • 質問項目、身体計測(身長、体重、BMI、腹囲(内臓脂肪面積))、理学的検査(身体診察)、血圧測定、血液化学検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)、肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP))、血糖検査(空腹時血糖又はHbA1c検査)、尿検査(尿糖、尿蛋白)
血糖検査については、HbA1c 検査は、過去1~3か月の血糖値を反映した血糖値のコントロールの指標であるため、保健指導を行う上で有効であるとともに、絶食による健診受診を受診者に対して、事前に通知していたとしても、食事を摂取した上で健診を受診することにより、必ずしも空腹時における採血が行えないことから、空腹時血糖とHbA1c 検査の両者を実施す

ることが望ましい。特に、糖尿病が課題となっている保険者にあっては、HbA1c を必ず行うことが望ましい。

  • 2. 詳細な健診の項目
  • 心電図検査、眼底検査、貧血検査(赤血球数、血色素量〔ヘモグロビン値〕、ヘマトクリット値)のうち、一定の基準( 別紙2 )の下、医師が必要と判断したものを選択。

特定健康診査の対象外

参考2
  • 一 妊産婦
  • 二 刑事施設、労役場その他これらに準ずる施設に拘禁されている者
  • 三 国内に住所を有しない者
  • 四 船員保険の被保険者のうち相当な期間継続して船舶内にいる者
  • 五 病院又は診療所に6月以上継続して入院している者
  • 六 高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)第55条第1項第2号から第5号までに規定する施設に入所又は入居している者

法令

  • 特定健康診査及び特定保健指導の実施に関する基準(平成十九年十二月二十八日厚生労働省令第百五十七号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H19/H19F19001000157.html

参考

  • 1. 特定健康診査・特定保健指導に関するもの|厚生労働省
[display]http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/info02a.html
  • 2. 特定健康診査の除外対象となる者 - 「特定健診及び特定保健指導の実施に関する基準」に関する大臣告示
[display]http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/dl/info03i-1.pdf

高齢者の医療の確保に関する法律」

  [★]

高齢者医療確保法、(改正前)老人保健法
後期高齢者医療、特定健康診査メタボリックシンドローム法令

第20条

特定健康診査

  •  保険者は、特定健康診査等実施計画に基づき、厚生労働省令で定めるところにより、四十歳以上の加入者に対し、特定健康診査を行うものとする。ただし、加入者が特定健康診査に相当する健康診査を受け、その結果を証明する書面の提出を受けたとき、又は第二十六条第二項の規定により特定健康診査に関する記録の送付を受けたときは、この限りでない。


第四章 後期高齢者医療制度

第一節 総則

(後期高齢者医療)

第47条

  •  後期高齢者医療は、高齢者の疾病、負傷又は死亡に関して必要な給付を行うものとする。

(広域連合の設立)

第48条

  •  市町村は、後期高齢者医療の事務(保険料の徴収の事務及び被保険者の便益の増進に寄与するものとして政令で定める事務を除く。)を処理するため、都道府県の区域ごとに当該区域内のすべての市町村が加入する広域連合(以下「後期高齢者医療広域連合」という。)を設けるものとする。

第二節 被保険者 (被保険者)

第50条

  •  次の各号のいずれかに該当する者は、後期高齢者医療広域連合が行う後期高齢者医療の被保険者とする。
  • 一 後期高齢者医療広域連合の区域内に住所を有する七十五歳以上の者
  • 二 後期高齢者医療広域連合の区域内に住所を有する六十五歳以上七十五歳未満の者であつて、厚生労働省令で定めるところにより、政令で定める程度の障害の状態にある旨の当該後期高齢者医療広域連合の認定を受けたもの

法令

  • 高齢者の医療の確保に関する法律(昭和五十七年八月十七日法律第八十号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S57/S57HO080.html
  • 高齢者の医療の確保に関する法律施行令(平成十九年十月十九日政令第三百十八号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H19/H19SE318.html
  • 高齢者の医療の確保に関する法律施行規則(平成十九年十月二十二日厚生労働省令第百二十九号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H19/H19F19001000129.html

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E3%81%AE%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%81%AE%E7%A2%BA%E4%BF%9D%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

内臓脂肪症候群」

  [★]

visceral fat syndrome
メタボリックシンドローム


  • (多分)内臓脂肪、血圧、血清脂質、耐糖能のそれぞれが病的になった病態 ⇔ メタボリックシンドロームは「検査値異常(境界領域期)」の状態を指す
  • すなわち、肥満症、高血圧症、高脂質症、糖尿病が存在している病態


メタボリック症候群」

  [★] メタボリックシンドローム


metabolic syndrome」

  [★] メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームX」

  [★]

metabolic syndrome X
内臓脂肪症候群代謝性シンドロームX代謝X症候群

ローム」

  [★]

loam
壌土




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡