ムスカリン作用薬

出典: meddic

muscarinic agonistmuscarinic
ムスカリニックムスカリンムスカリン性ムスカリン様ムスカリン作動薬コリン作用薬ムスカリン性薬物コリン作動薬ムスカリン受容体刺激薬ムスカリンアゴニスト

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Tiquizium bromide (HSR-902) の急性胃粘膜損傷に対するCytoprotective作用とその機序
  • 森川 宏二,荒谷 隆幸,水谷 藤恵,加藤 日出男,伊藤 安夫
  • 日本薬理学雑誌 90(5), 285-293, 1987
  • … 抗ムスカリン作用薬であるtiquizium bromide (HSR-902)の急性胃粘膜損傷,胃粘液分泌および胃内アルカリ分泌に対する作用をラットを用いて検討し,その作用を抗潰瘍薬であるpirenzepine・2HCl(pirenzepine)と比較した.1)HSR-902は10〜100mg/kgの経口投与により,ethanol-HCl,aspirin-HCl,0.6N HClおよび0.2N NaOHによる急性胃粘膜損傷の発生は用量―依存的に抑制し,そのcytoprotective作用はpirenzepineと同等またはそれ以上であった.2)HSR-902 …
  • NAID 130000759426
  • Tiquizium bromide(HSR-902)の抗潰瘍薬としての評価
  • 森川 宏二,荒谷 隆幸,水谷 藤恵,加藤 日出男,伊藤 安夫
  • 日本薬理学雑誌 90(5), 273-283, 1987
  • … 抗ムスカリン作用薬であるtiquizium bromide (HSR-902)の各種胃・十二指腸損傷,胃液分泌,瞳孔径ならびに唾液分泌に対する作用をラットを用いて検討し,その作用を,抗潰瘍薬であるpirenzepine・2HCl(pirenzepine)あるいは鎮痙薬であるtimepidium bromide (timepidium)と比較した.1)HSR-902は10〜100mg/kgの経口投与により,水浸ストレス,aspirin,indomethacin,serotoninおよびreserplneによる胃損傷ならびにcysteamineおよびmepirizoleによる十二指腸損傷の …
  • NAID 130000759425

関連リンク

薬物名・構造 要点 ピレンゼピン (ガストロゼピンR) ・ムスカリン受容体の中でもM1受容体を選択的に遮断して胃酸分泌を抑制する。 平滑筋には作用しない。(誘導体にテレンゼピンがある) ・唾液分泌や心拍数に影響しない用量で ...
ムスカリン受容体遮断薬の作用 散瞳薬 点眼薬として使われるムスカリン受容体遮断薬は、眼科的検査や手術の際の散瞳薬として用いられます。瞳孔括約筋に分布するムスカリン受容体を阻害することで括約筋が弛緩し、瞳孔が ...

関連画像

看護学生のために(by 白鳥恭介 副交感神経に作用する薬 は3つのムスカリン ムスカリン受容体の分布と抗 自律神経 節 に 作用 する そこで、アセチルコリンの働き


★リンクテーブル★
先読みコリン作用薬
リンク元muscarinic」「muscarinic agonist」「ムスカリン受容体刺激薬」「ムスカリン作動薬」「ムスカリンアゴニスト
関連記事リン」「ムスカリン」「」「作用

コリン作用薬」

  [★]

cholinergic drugs
コリン作動薬
副交感神経作動薬
[show details]


muscarinic」

  [★]

  • adj.
  • ムスカリン性の、ムスカリンの
  • n.
  • ムスカリン作用薬
cholinergiccholinergic agentcholinergic drugcholinomimeticmuscarinemuscarinic agentmuscarinic agonist


muscarinic agonist」

  [★]

muscarinicmuscarinic cholinergic agonistmuscarinic receptor agonist


ムスカリン受容体刺激薬」

  [★]

muscarinic agonistmuscarinic receptor agonistmuscarinic cholinergic agonist
ムスカリン作動薬ムスカリン作用薬ムスカリンアゴニスト


ムスカリン作動薬」

  [★]

muscarinic agonist, muscarinic cholinergic agonist
ムスカリン作用薬ムスカリン受容体刺激薬ムスカリンアゴニスト


ムスカリンアゴニスト」

  [★]

muscarinic agonist
ムスカリン作動薬ムスカリン作用薬ムスカリン受容体刺激薬


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






ムスカリン」

  [★]

muscarine
ムスカリン性受容体アセチルコリン受容体ニコチン性受容体


  • 四級ammonium alkaloid
  • 毒キノコ(ベニテングダケ、キテンングダケ、アセダケ)に含まれるアルカロイド
  • アトロピンで完全に拮抗できる (SPC.156)

作用機序

薬理作用

ニコチン受容体には結合しない

動態

適応

中毒症状

  • 流涙、流涎、尿量増加、下痢、消化管蠕動亢進、嘔吐、発汗、縮瞳

注意

禁忌

副作用

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡