ボセルモン

出典: meddic

エストラジオールテストステロン


和文文献

  • 胃下垂症のボセルモン療法
  • 諫見 勝則 [他]
  • ホルモンと臨床 9(9), ????, 1961-09
  • NAID 40018513682
  • 乳幼児体重増加に及ぼすボセルモン及びメガビオン錠の効果について
  • 松島 富之助 [他]
  • ホルモンと臨床 6(12), ????, 1958-12
  • NAID 40018514446
  • 更年期障害に対するボセルモンデポーの臨床経験
  • 梅沢 恭介 [他]
  • ホルモンと臨床 4(9), ????, 1956-09
  • NAID 40018514237

関連リンク

2012年4月19日 ... 更年期障害で2年前からボセルモン注射を産婦人科で月に一度打ってもらっています。 とても症状は良くなっていましたが、先生からそろそろ止めましょうと言われました。注射 を止めたときにまた元の症状が悪かった状態になるのでしょうか?
ボセルモン水懸注,テストステロン・エストラジオール注射液.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 男性ホルモン・卵胞ホルモン混合製剤(水性結晶浮遊剤)

販売名

  • ボセルモン水懸注

組成

成分・含量

  • 1管1mL中 テストステロン4.76mg,エストラジオール0.24mg

添加物

  • 1管1mL中 カルメロースナトリウム2mg,ポリソルベート80 0.5mg,pH調節剤,等張化剤

禁忌

  • エストロゲン依存性腫瘍(例えば乳癌,子宮内膜癌)及びその疑いのある患者
    [腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある.]
  • 乳癌の既往歴のある患者
    [乳癌が再発するおそれがある.]
  • 血栓性静脈炎,肺塞栓症又はその既往歴のある患者
    [血液凝固能の亢進により,これらの症状が増悪することがある.]
  • 動脈性の血栓塞栓疾患(例えば,冠動脈性心疾患,脳卒中)又はその既往歴のある患者(「その他の注意」の項参照)
  • 重篤な肝障害のある患者
    [代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため,症状が増悪することがある.]
  • 診断の確定していない異常性器出血のある患者
    [出血が子宮内膜癌による場合は,癌の悪化あるいは顕性化を促すことがある.]
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある女性(「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照)

効能または効果

  • 更年期障害
  • 通常,1日1回又は隔日に1回1〜2mLを筋肉内注射又は皮下注射する.
    なお,症状により適宜増減する.

慎重投与

  • 乳癌家族素因が強い患者,乳房結節のある患者,乳腺症の患者又は乳房レントゲン像に異常がみられた患者
    [症状が増悪するおそれがある.]
  • 術前又は長期臥床状態の患者
    [血液凝固能が亢進され,心血管系の副作用の危険性が高くなることがある.]
  • 肝障害のある患者(「禁忌」の項参照)
  • 子宮筋腫のある患者
    [子宮筋腫の発育を促進するおそれがある.]
  • 子宮内膜症のある患者
    [症状が増悪するおそれがある.]
  • 心疾患,腎疾患又はその既往歴のある患者
    [ナトリウムや体液の貯留により,これらの症状が増悪するおそれがある.]
  • 癌の骨転移のある患者
    [高カルシウム血症があらわれるおそれがある.]
  • てんかん患者
    [体液の貯留により,症状が増悪するおそれがある.]
  • 糖尿病患者
    [耐糖能が低下することがあるので,十分コントロールを行いながら投与すること.]
  • 全身性エリテマトーデスの患者
    [症状が増悪するおそれがある.]

重大な副作用

血栓症(頻度不明)

  • 長期連用により血栓症が起こることが報告されているので,異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • 男性ホルモンと卵胞ホルモンとを適当な比率に配合すると,それぞれのホルモンがもつ特有な作用の一部(例えば卵胞ホルモンの子宮等に対する作用,男性ホルモンの男性化作用等)は互いに抑制し合い,両ホルモンに共通した作用(例えば脳下垂体に対する抑制作用,蛋白同化作用等)は協力的に強められる19)〜24)

有効成分に関する理化学的知見

分子量

  • 272.38

融 点

  • 175〜180℃

性 状

  • 白色〜微黄色の結晶又は結晶性の粉末で,においはない.1,4-ジオキサン又はN,N-ジメチルホルムアミドに溶けやすく,アセトンにやや溶けやすく,エタノール(95)にやや溶けにくく,ジエチルエーテルに溶けにくく,水にほとんど溶けない.硫酸に溶ける.吸湿性である.


★リンクテーブル★
リンク元テストステロン」「エストラジオール」「混合ホルモン剤」「両性混合ホルモン製剤
拡張検索ボセルモンデポー
関連記事セル

テストステロン」

  [★]

testosterone, TS
テストステロンエナント酸エステル testosterone enanthate ester
エナルモンエネルファダイホルモンテスチノンテストロンプリモジアンボセルモン
アンドロゲンホルモン
男性ホルモン剤
  • first aid step1 2006 p.125,249,251,397,401,402,406


分類

性状

C19ステロイド

産生組織

標的組織

  • 精巣、前立腺、精巣上体、精管、精嚢
  • 脳、下垂体前葉、汗腺、毛嚢

受容体

作用

SP.909
  • 1. 生殖器・二次性徴に対する作用
  • 2. 精子形成促進作用
  • 男性二次性徴の発現と維持
  • 副生殖器の発育と機能化
  • 体毛発生、頭髪生え際の後退、皮脂腺発育、変声、脱毛
  • 蛋白同化作用による骨格筋を発育させ、体型や骨格を男性的にする。
  • 3. 中枢神経系に対する作用
  • 下垂体からのFSH,LHの分泌を視床下部・下垂体に作用して抑制。
  • 4. 性分化
  • 胎児精巣から分泌されたアンドロジェンは副生殖器、中枢神経系を男性型に分化させる。

分泌の調整

  • +:LH?
  • -:テストステロン(視床下部、下垂体に対するネガティブフィードバックにより)

分子機構

臨床関連

  • テストステロン欠乏による骨折
  • 1.加齢
  • I型骨粗鬆症(閉経後骨粗鬆症): は,破骨細胞の活性の上昇により起こり,主として骨梁骨が侵される。このI型骨粗鬆症は51-75歳の間に,女性は男性の6倍多く起こる。男性では,早期に血清テストステロン値が低いと破骨細胞の活性を増し,I型骨粗鬆症を起こすことがある。(参考1)
  • 2. 性腺機能低下症(参考2)

参考

  • 1.
http://merckmanual.jp/mmpej/sec04/ch036/ch036a.html
  • 2. 腰椎圧迫骨折をきたした低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の1例
  • 吉永 敦史,林 哲夫,石井 信行,大野 玲奈,寺尾 俊哉,鎌田 成芳,渡邉 徹,山田 拓己
  • 泌尿器科紀要 50(12), 877-879, 2004-12
  • 57歳男.30歳頃,無精子症を指摘されていた.2000年8月頃腰痛が出現し,近医で第4腰椎圧迫骨折を,また骨密度の低下を指摘された.骨粗鬆症の精査目的で2002年6月当院内科受診となった.血中ホルモン検査の結果,黄体ホルモン・卵胞刺激ホルモン・テストステロンの低下が認められたため,低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の精査・加療のため泌尿器科受診となった.エナント酸テストステロン250mgの筋注を4周 …
  • NAID 120002141364



エストラジオール」

  [★]

estradiol, E2, oestradiol
安息香酸エストラジオール, estradiol benzoate, EBジプロピオン酸エストラジオール, estradiol dipropionate吉草酸エストラジオール estradiol valerate
ペラニンル・エストロプロギノンフェミエストディビジュリナオバホルモンエストラーナエストラダームTTSエストルモンデポー
(ヒドロキシプロゲステロンエストラジオール)E・P・ホルモン
(レボノルゲストレルエストラジオール)ウェールナラ
(テストステロンエストラジオール)プリモジアンダイホルモンボセルモン
(ノルエチステロンエストラジオール)メノエイドコンビパッチ
(ヒドロキシプロゲステロンエストラジオール)ルテス
エストロゲン17 beta-estradiolestradiol-17beta





混合ホルモン剤」

  [★]

商品

両性混合ホルモン製剤」

  [★]

mixed hormone preparation ofandrogenand estrogen
ボセルモンダイホルモン・デポープリモジアン・デポーボセルモンデポーメサルモン-F



ボセルモンデポー」

  [★] エストラジオールテストステロン


セル」

  [★]

cell
細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡