ホスホクレアチン

出典: meddic

phosphocreatine
クレアチンリン酸 creatine phosphate





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/11 11:51:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 糖尿病性心筋症におけるホスホクレアチンシャトルの障害 : 低および高負荷条件下における検討 : 日本循環器学会第92回東海・第77回北陸合同地方会
  • 松本 有司,金子 雅則,鈴木 秀樹,鈴木 信吾,小林 明
  • Japanese Circulation Journal 58(SupplementIII), 921, 1994-09-20
  • NAID 20006570391
  • 糖尿病性心筋症におけるホスホクレアチンシャトルの障害 : 低および高負条件下における検討 : 第58回日本循環器学会学術集会
  • 松本 有司,金子 雅則,鈴木 秀樹,鈴木 信吾,小林 明
  • Japanese circulation journal 58(SupplementI), 85, 1994-03-01
  • NAID 110002591583

関連リンク

クレアチンは生体内において4-ホスホクレアチン(クレアチンリン酸)に変換され、 エネルギー源として貯蔵される(後述)。そのため、瞬発力を必要とするスポーツなどに 有効といわれており、クレアチンパウダーが多数のメーカーからサプリメントとして販売 ...

関連画像

CoQ10による筋肉保護で 運動時間(横軸)が長くなる 京都府立医科大学・大学院医学 ホスホクレアチン と も いう CoQ10による筋肉保護で 時間とエネルギーとの関係を図


★リンクテーブル★
リンク元phosphocreatine」「クレアチンリン酸
関連記事クレアチン」「ホスホ

phosphocreatine」

  [★] クレアチンリン酸ホスホクレアチン

WordNet   license wordnet

「an organic compound of creatine and phosphoric acid; found in the muscles of vertebrates where its hydrolysis releases energy for muscular contraction」
creatine phosphate, creatine phosphoric acid


クレアチンリン酸」

  [★]

ホスホクレアチン
[[]]
ホスホクレアチン


クレアチン」

  [★]

creatine (K)
メチルグリコシアミン methylglycocyamine
クレアチニン尿クレアチン


意義

  • 肝臓で産生され、脳や筋肉内でATPのリザーバーとして機能する。組織中で再利用されており、不要となったものはクレアチニンに変換され末梢血に出現する。従ってクレアチンの尿中への排出はほとんどないが、筋疾患など存在する場合には、崩壊した筋からの(大量の?)クレアチンが尿中に排出される。よって、尿クレアチンは筋崩壊の指標となる、と思う。

検査

  • 性差あり。女性>男性

検体



ホスホ」

  [★]

phospho
フォスフォホスフォリン酸




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡