ペルオキシダーゼ染色

出典: meddic

peroxidase stain PO
ミエロペルオキシダーゼ染色 MPO染色 myeloperoxidase stain
ミエロペルオキシダーゼ MPO佐藤・関谷法急性骨髄性白血病


白血病細胞の鑑別

  • 芽球陽性率:3%以上:骨髄性
  • 芽球陽性率:3%未満:リンパ性、M0M7   ←  ペルオキシダーゼ染色陰性だからといってAMLを即否定してはいけない

急性骨髄性白血病の亜型

  • 光顕的にミエロペルオキシダーゼ染色陽性:M1,M2,M3,M4
  • 電顕的にミエロペルオキシダーゼ染色陽性:M7



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 口腔内腫瘤と多発性骨溶解を伴った犬の非定型リンパ腫の一例(短報)(臨床病理学)
  • 伊藤 哲郎,久末 正晴,根尾 桜子,石川 武史,信田 卓男,渡辺 俊文,榎本 吉孝,奥田 優,土屋 亮,斑目 広郎,小方 宗次,山田 隆紹
  • The journal of veterinary medical science 69(9), 977-980, 2007-09-25
  • 8歳齢,避妊雌のゴールデンレトリバーに口腔腫瘤と跛行を認めた.全身骨格に骨溶解像が存在したが,血清および尿蛋白の電気泳動像では異常蛋白を認めなかった.口腔腫瘤組織検査では異型の骨髄球様異型細胞の増殖を認め,骨髄にも同様の異型細胞が浸潤していることが疑われた.これらの異型細胞群はペルオキシダーゼ染色,非特異的エステラーゼ染色共に陰性であり,PCR法によるリンパ球抗原受容体遺伝子再構成解析からBリンパ …
  • NAID 110006388659
  • 多剤併用化学療法により維持管理可能であった未分化型骨髄芽球性白血病(M1)の猫の1例(内科学)
  • 真下 忠久,下田 哲也,吉岡 永朗,高橋 靖,光田 昌史
  • The journal of veterinary medical science 68(1), 97-101, 2006-01-25
  • 2歳, 雄の雑種猫が元気および食欲低下を主訴に来院した.血液検査では, 軽度の非再生性貧血, 血小板減少症, および多数の芽球出現を伴う白血球増加が認められた.骨髄検査では, 同様の芽球の増加を認めた.これらの細胞はペルオキシダーゼ染色陽性であり, FAB分類にしたがい未分化型骨髄芽球性白血病(M1)と診断した.シクロホスファミド, ビンクリスチン, プレドニゾロン, およびシタラビンを用いた多剤 …
  • NAID 110004675703

関連リンク

1.ベルオキシダーゼ(PO)・ミエロペルオキシダーゼ(MPO)染色. 染色一覧へ · 電脳・ 血液形態塾トップへ. 【原 理】 ペルオキシダーゼperoxidaseは骨髄で産生される顆粒球 系および単球系の細胞質に含まれる酵素であり、骨髄のmyeloをperoxidaseの頭 につけ ...
臨床的意義, 血液塗抹標本から骨髄系細胞を染め出す検査。顆粒球・単球系細胞で 陽性となり、急性白血病の病型分類に必須。 ペルオキシダーゼ(POD)は、H2O2の 存在下で酸化反応を触媒する酵素である。血液細胞では骨髄系細胞(顆粒球、単球系) に ...

関連画像

鉄芽球性不応性貧血 (RARS)対物 x100 ペルオキシダーゼ染色ペルオキシダーゼ 染色 芽 球 ペルオキシダーゼ染色


★リンクテーブル★
先読み急性骨髄性白血病」「PO」「MPO
国試過去問105I058」「106D054」「108A055
リンク元佐藤・関谷法」「ミエロペルオキシダーゼ」「MPO染色」「peroxidase stain
拡張検索ミエロペルオキシダーゼ染色」「ミエロペルオキシダーゼ染色法
関連記事ペルオキシダーゼ」「ペルオキシ」「染色」「シダ

急性骨髄性白血病」

  [★]

acute myeloid leukemia AML, acute myelogenous leukemia, acute myelocytic leukemia
急性骨髄芽球性白血病 acute myeloblastic leukemia
骨髄性白血病白血病急性白血病急性非リンパ性白血病急性非リンパ球性白血病
[show details]
see 白血病まとめ.xls

概念

  • 骨髄で分化に異常をきたした白血球系の腫瘍性増殖により、末梢血に幼弱な細胞(未分化な細胞)が出現する病態である。このため、末梢血で幼弱な白血球と成熟した白血球のみしか観察されない(白血球裂孔)。骨髄では病的な白血球の増加により赤血球系、巨核球系の血球の増殖が抑制される。このような急性白血病の病態の中で、MPO染色において(leukemic blastの)3%以上が陽性の場合に急性骨髄性白血病と呼ばれる。

FAB分類

  免疫組織化学 電子顕微鏡 Auer小体 特徴
MPO α-naphtol acetate esterase PAS MPO
AML 微分化型急性骨髄性白血病 M0   CD13, CD33が少なくとも一つ陽性。一見無顆粒
未分化型急性骨髄芽球性白血病 M1   1 芽球の3%以上MPO陰性、前骨髄球以降の分化無し
分化型急性骨髄芽球性白血病 M2   1 前骨髄球以降の分化
急性前骨髄球性白血病 M3   多数 異型前骨髄球。ファゴット細胞陽性
骨髄単球性白血病 M4     (骨髄)>30%芽球、>20%単球系細胞
単球性白血病 M5     (骨髄)単芽球、前単球、単球>80%
赤白血病 M6     (骨髄)>30%芽球、>50%赤芽球。グリコホリン陽性
巨核芽球性白血病 M7   CD41陽性, CD42陽性
ALL      

治療

M3とそれ以外で異なる。

M3以外

化学療法

  • 多剤併用化学療法による白血病細胞の完全な消失を目指す。寛解導入療法、地固め療法、維持療法/維持強化療法の段階に分けて治療を勧める。

造血幹細胞移植療法

  • 予後不良例など

対症療法

  • 輸血(赤血球、血小板)、G-CSF、利尿薬、アロプリノール、ヘパリン、アンチトロンビン

M3

参考

  • 1.
[display]http://www.sysmex-tmc.co.jp/cd/rinsyou/demo/VI/HTML/6_2130.HTM
  • 2. がん情報サービス
[display]http://ganjoho.jp/public/cancer/data/AML.html




PO」

  [★]


MPO」

  [★] ミエロペルオキシダーゼ myeloperoxidase


105I058」

  [★]

  • 3歳の男児。顔色不良と発熱とを主訴に来院した。母親は1か月前から顔色不良に気付いていた。1週前から発熱し、自宅近くの診療所で抗菌薬を投与されていたが、症状が改善しないため紹介されて受診した。体温38.3℃、脈拍120/分、整。呼吸数24/分。皮膚は蒼白で、下肢に点状出血を認める。眼瞼結膜に貧血を認める。眼球結膜に黄染を認めない。心尖部に2/6度の収縮期雑音を聴取する。右肋骨弓下に肝を3cm、左肋骨弓下に脾を4cm触知する。血液所見:赤血球 196万、Hb 5.8g/dl、Ht 18%、網赤血球 0.3%、白血球 5,600(桿状核好中球1%、分葉核好中球6%、好酸球1%、単球2%、リンパ球86%、異常細胞4%)、血小板 1.9万。血液生化学所見:尿素窒素 11mg/dl、クレアチニン 0.3mg/dl、尿酸 6.2mg/dl、AST 72IU/l、ALT 58IU/l、LD 691IU/l(基準335-666)。CRPl.3mg/dl。骨髄検査を行ったところ、骨髄で増加している細胞はペルオキシダーゼ染色陰性で、表面マーカー検査ではB前駆細胞の形質を示す。骨髄染色体所見は51、XY、+4、+6、+10、+17、+21である。脳背髄液検査に異常を認めない。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本(別冊No.15)を別に示す。
  • この疾患の治療について誤っているのはどれか。


  • a 多剤併用抗癌化学療法を行う。
  • b 副腎皮質ステロイドが有効である。
  • c 最も多い治療関連合併症は感染症である。
  • d 中枢神経予防療法は必須である。
  • e 約半数の症例が造血幹細胞移植の適応となる。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I057]←[国試_105]→[105I059

106D054」

  [★]

  • 27歳の女性。呼吸困難とを主訴に来院した。 1週前から前胸部の圧迫感を自覚していた。 2日前から息苦しくなり、昨日から咳が出始めた。自宅近くの医療機関を受診したところ、胸部エックス線写真の異常所見を指摘され、精査のために紹介されて受診した。既往歴に特記すべきことはない。体温36.8℃。脈拍96/分、整。血圧110/64mmHg。呼吸数20/分。 SpO2 95%(room air)。口腔内に点状出血斑を認める。眼瞼結膜は貧血様である。呼吸音は左胸部で減弱している。右肋骨弓下に肝を3cm触知する。血液所見:赤血球308万、 Hb9.2g/dl、 Ht28%、白血球24,000、血小板2.2万。胸部エックス線写真(別冊No. 23A)、骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本(別冊No. 23B)及びペルオキシダーゼ染色標本(別冊No. 23C)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。 2つ選べ。




[正答]


※国試ナビ4※ 106D053]←[国試_106]→[106D055

108A055」

  [★]

  • 12歳の女児。 7日前からの発熱と全身の倦怠感とを主訴に来院した。生来健康であった。 2週前から活気のないことに家族が気付いていた。 7日前から発熱し、自宅近くの診療所で抗菌薬を投与されたが改善しなかった。顔色は不良である。腹部では肝臓を右季肋下に 4 cm、脾臓を左季肋下に 2 cm触知する。血液所見:赤血球 316万、 Hb 6.4 g/dl、Ht 27%、白血球 32,000(異常細胞 65% )、血小板 2.3万。 LD3,015 IU/l(基準 176~353)。骨髄穿刺所見:細胞数 60万/mm3(基準 10万~ 25万 )(異常細胞 98% )、異常細胞のペルオキシダーゼ染色は陰性、表面抗原検査は CD10とCD19は陽性、 CD3と CD13は陰性。
  • この疾患の予後に影響する因子はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 108A054]←[国試_108]→[108A056

佐藤・関谷法」

  [★]

Sato-Sekiya method
ペルオキシダーゼ染色オキシダーゼ反応、ベンチジン、ミエロペルオキシダーゼ染色法
  • 組織染色法の一つ


参考

  • 1.
[display]http://www.seadict.com/ja/ja/%E4%BD%90%E8%97%A4%E3%83%BB%E9%96%A2%E8%B0%B7%E6%B3%95


ミエロペルオキシダーゼ」

  [★]

myeloperoxidase, MPO
oxidative burstペルオキシダーゼ染色



MPO染色」

  [★] ペルオキシダーゼ染色


peroxidase stain」

  [★] ペルオキシダーゼ染色


ミエロペルオキシダーゼ染色」

  [★] ペルオキシダーゼ染色


ミエロペルオキシダーゼ染色法」

  [★] ペルオキシダーゼ染色


ペルオキシダーゼ」

  [★]

peroxidase Poase PO


  • 過酸化水素を分解する酸化還元酵素。



ペルオキシ」

  [★]

peroxylperoxy
過酸化パーオキシ


染色」

  [★]

staining
染色法



シダ」

  [★]

fern
シダ植物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡