ベンジル安息香酸

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • NMR法による石油製品中の塩素化炭化水素の迅速分析
  • アリールフタリドおよびアリールフタランの接触還元分解

関連リンク

安息香酸ベンジル(あんそくこうさんベンジル、 benzyl benzoate )は、有機化合物の 一種で、安息香酸とベンジルアルコールとが脱水縮合した構造 (C6H5CO2CH2C6H5) を有するカルボン酸エステル。快い芳香を持つ無色の液体、または固体。
390 円で安心の個人輸入!!激しいかゆみや皮膚の炎症を引き起こすダニ、シラミ、疥癬 !基本的に1回の全身塗布でこれらの生物を駆除!優れた効果と高い安全性が特長!

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 黄体ホルモン製剤

販売名

  • プロゲステロン筋注25mg「F」

組成

有効成分 

  • 日局 プロゲステロン

含量  

  • 25mg

容量  

  • 1mL

添加物 

  • 安息香酸ベンジル  100μL
    ベンジルアルコール  20μL
    ゴマ油  適量

禁忌

  • 重篤な肝障害・肝疾患のある患者[症状が増悪することがある。]
  • 妊婦または妊娠している可能性のある女性(流早産の患者に投与する場合を除く)(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • 妊娠ヘルペスの既往歴のある患者[妊娠ヘルペスが再発するおそれがある。]

効能または効果

  • 無月経、月経困難症、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、切迫流早産、習慣性流早産


  • プロゲステロンとして、通常、成人1日10〜50mgを1〜2回に分けて筋肉内注射する。


慎重投与

  • 心疾患・腎疾患またはその既往歴のある患者[ナトリウムや体液の貯留により症状が増悪するおそれがある。]

薬効薬理

  • 増殖期相の子宮内膜を分泌期相に変える。
  • 基礎体温上昇作用がある。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • プロゲステロン(Progesterone)

化学名 

  • Pregn-4-ene-3,20-dione

分子式 

  • C21H30O2

分子量

  • 314.46

性状  

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末である。

メタノール又はエタノール(99.5)にやや溶けやすく、水にほとんど溶けない。

融点  

  • 128〜133℃又は120〜122℃


★リンクテーブル★
関連記事安息香酸」「」「安息香」「ベンジル

安息香酸」

  [★]

benzoic acid
acidum benzoicum


  • 芳香族カルボン酸であり、ベンゼンの1つの水素原子をカルボキシ基で置換した構造となっている。
  • 生体内では馬尿酸に代謝され排泄される。


参考

  • wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E6%81%AF%E9%A6%99%E9%85%B8


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

安息香」

  [★]

benzoin, gum benzoin, gum benjamin
ベンゾインアンソッコウ


ベンジル」

  [★]

(フェニルメチル基)benzylbenzylic
ベンジリック





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡