ヘルパーTリンパ球

出典: meddic

helper T-lymphocyte
ヘルパーT細胞ヘルパー細胞インデューサー細胞ヘルパー・インデューサーT細胞インデューサーT細胞

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新薬開発に向けたヘルパーTリンパ球分化を制御するNotchシグナル伝達経路の解明 (平成15年度研究助成金受領報告) -- (研究課題 シグナル伝達と創薬)
  • 安友 康二
  • 東京生化学研究会助成研究報告集 20, 26-31, 2005
  • NAID 40015216494
  • 腎細胞癌患者に対する術後補助療法としてのヒトγ型インターフェロン投与の長期免疫学的検討
  • 三浦 秀信,新井 浩樹,松岡 徹,矢澤 浩治,佐藤 英一,西村 健作,本多 正人,藤岡 秀樹
  • 泌尿器科紀要 45(2), 79-83, 1999-02
  • 術前明らかな転移を有さない腎細胞癌患者33例に対し,腎摘除術後,予防的にIFN-γを投与し,three color flow cytometryを用いた投与前後の末梢血リンパ球サブセットの変動とNK活性値の変動を長期的に調べた. 1)IFN-γの投与により活性化細胞障害性リンパ球(ACTL)の比率は有意に高くなり,逆にヘルパーTリンパ球(HTL)・サプレッサーインデューサーTリンパ球(SITL)の …
  • NAID 120002141697
  • 乳児アトピー性皮膚炎患者における末梢血好酸球比率とダニアレルゲン特異的リンパ球増殖反応との相関
  • 木村 光明,鶴田 悟,吉田 隆実
  • アレルギー 46(6), 520-527, 1997-06-30
  • 好酸球はアレルギー性炎症の主細胞の一つであり, アトピー患者では末梢血好酸球が増加している。乳児アトピー性皮膚炎患者を対象として末梢血好酸球比率と種々のアレルギー関連因子との相関を調べたところ, ダニ特異的リンパ球増殖反応 (S.I.F.: stimulation index measured by flow cytometry) との間に最も高度な正相関が認められた (r=0.88, p< …
  • NAID 110002419183

関連リンク

ヘルパ-T細胞とは 細胞膜表面にT細胞レセプタ-(T細胞受容体)とCD4分子を持つリンパ球です。 マクロファ-ジ、樹状細胞やB細胞は捕まえた細菌やウイルスをクラスⅡMHC分子という手に乗せてヘルパ-T細胞に提示し、ヘルパ-T ...
VLA-4/VCAM-1の相互作用も、ヘルパーT細胞の活性化に重要で、マウスでの心臓移植の実験で、VCAM-1やVLA-4に対する抗体を投与する、移殖した心臓に拒絶反応が起こらないと言う。 8.自己抗体産生のepitope spreading仮説 ...

関連画像

ヘルパーT細胞の機能は アレルギーでは、このように  ヘルパーT細胞・キラーT細胞アレルギー】アレルギー Spotlight on blood cancers 特異的なTリンパ球の研究


★リンクテーブル★
リンク元ヘルパーT細胞」「インデューサーT細胞」「ヘルパー・インデューサーT細胞」「ヘルパー細胞」「インデューサー細胞
関連記事リンパ球」「リン」「T」「Ted」「

ヘルパーT細胞」

  [★]

helper T cellThTH
ヘルパーTリンパ球Th細胞
T細胞キラーT細胞抗原提示細胞Th1Th2



  • T細胞の中で最も多い
  • (CD4陽性T細胞)CD4 + T cellとも呼ばれる
  • Th17もあるらしい。IL-17を分泌しアレルギー反応、自己免疫疾患に関与する。

機能

  • B細胞の形質細胞への分化誘導
B細胞の項を参照

抗原認識

  • 抗原提示細胞のみがMHC class IIを持つが、異物を貪食すると抗原をここに提示する (PT.249)
  • ヘルパーT細胞のTCRが抗原とMHC class IIを認識する (PT.249)
  • このときヘルパーT細胞上に発現しているCD4MHC class IIとの結合を強める (PT.249)
  • ヘルパーT細胞はIL-2を放出し、キラーK細胞やB細胞の増殖をもたらす (PT.249)
  Th0からの分化誘導 機能
Th1 IL-12 細胞性免疫、液性免疫
Th2 IL-4 液性免疫

サイトカイン

  分化誘導 サイトカイン
Th1細胞 IL-12 IL-2,IFN-γTNF-β
Th2細胞 IL-4 IL-4,IL-5,IL-6,IL-10,IL-13

Th1とTh2 (SMB.46)

機能 Th1 Th2
サイトカインの産生 INF-γ +  - 
IL-2
IL-3
IL-4
IL-5
IL-6
B細胞のヘルパー機能 IgM,IgG,IgA ± ++
IgE
遅延性過敏反応発現能
感染防御免疫反応能

インデューサーT細胞」

  [★]

inducer T-lymphocyte
ヘルパーT細胞ヘルパー細胞インデューサー細胞ヘルパー・インデューサーT細胞ヘルパーTリンパ球インデューサーTリンパ球


ヘルパー・インデューサーT細胞」

  [★]

helper-inducer T-cellhelper-inducer T-lymphocyte
ヘルパーT細胞ヘルパー細胞インデューサー細胞ヘルパーTリンパ球インデューサーT細胞

ヘルパー細胞」

  [★]

helper cell
ヘルパーT細胞インデューサー細胞ヘルパー・インデューサーT細胞ヘルパーTリンパ球インデューサーT細胞

インデューサー細胞」

  [★]

inducer cell
ヘルパーT細胞ヘルパー細胞ヘルパー・インデューサーT細胞ヘルパーTリンパ球インデューサーT細胞

リンパ球」

  [★]

lymphocyte (Z)
リンパ細胞免疫細胞 immunocytes


  • 白血球の一種で、無顆粒球に分類される。
  • 末梢血に白血球が4000-9000 /μl存在するとすれば、リンパ球の存在比は26-46.6 %といわれているので、リンパ球は1040-4194 /μl存在。(IMD)

種類

細胞膜上に発現しているリガンド? (2007前期生理学授業プリント)

    αβTCR TCR Ig CD3 CD4 CD8 CD16 CD56
T細胞 ○             
 Tc細胞          
 Th細胞          
B細胞               
NK細胞            

成長とリンパ球・好中球数(PED.703)

  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





T」

  [★]


WordNet   license wordnet

「the 20th letter of the Roman alphabet」
t

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「tritiumの化学記号」

Ted」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a tough youth of 1950''s and 1960''s wearing Edwardian style clothes」
Teddy boy

球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡