プロスタグランジン製剤

出典: meddic

  • 防御因子増強剤

プロスタグランジン製剤

   H2 blocker, PPI抵抗性潰瘍に併用できる
   PGE誘導体 プロスタグランジン製剤
   エンブロスチル
   粘膜保護
   組織修復
   抗ドパミン作用
   禁忌
    下痢、妊婦

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 第21回 日本緑内障学会 加齢黄斑変性の僚眼にみられたラタノプロストによる嚢胞様黄斑浮腫の1症例
  • 長谷川 典生,高瀬 綾恵,野崎 実穂 [他]
  • あたらしい眼科 28(7), 1022-1024, 2011-07
  • NAID 40018934590
  • NSAIDs潰瘍の予防・治療における抗潰瘍薬の位置づけ プロスタグランジン製剤・防御因子増強薬 (特集 NSAIDs潰瘍--最新の予防・治療) -- (NSAIDs潰瘍の予防・治療戦略)
  • 藤川 佳子,渡辺 俊雄,富永 和作 [他]
  • 日本臨床 69(6), 1039-1043, 2011-06
  • NAID 40018850023

関連リンク

プロスタグランジン製剤(PG製剤). 末梢閉塞性動脈疾患治療, アルプロスタジル, [注射 用プロスタンディン] [パルクス] [リプル]. ベラプロストナトリウム, [ドルナー] [プロサイリン]. 産科的治療薬, ゲメプロスト, [プレグランディン]. ジノプロスト, [グランディノン] [プロスタ ...
非ステロイド性抗炎症薬(作用/副作用) →nsaids以外(パラアミノフェノール誘導体/ ピリン系薬剤) →ステロイド性抗炎症薬 →プロスタグランジン製剤 ●非ステロイド性抗 炎症薬 nonsteroidal anti-inflammatory drugs : NSAIDs →作用/副作用 ←→PG/受容 ...
プロスタグランジン製剤(ぷろたぐらんじんせいざい)とは、胃粘膜の血行促進や胃粘膜 分泌を促進により胃を保護するプロスタグランジンというホルモン製剤。胃潰瘍の再発 防止薬として用いられる事が多い。

関連画像

 プロスタグランジン系製剤 と プロスタグランジン 製剤 pg をプロスタグランジン製剤による  プロスタグランジン製剤5μg:プロスタグランジン製剤


★リンクテーブル★
リンク元閉塞性動脈硬化症」「エンプロスチル」「ミソプロストール
関連記事プロスタグランジン」「製剤」「」「タグ」「プロ

閉塞性動脈硬化症」

  [★]

arteriosclerosis obliterans, ASO
慢性動脈閉塞症ルリッシュ症候群 Leriche症候群

定義

診断基準

糖尿病大血管障害研究会
  • 確診:
  • (1)または(2)
  • (3)+Minor criteria1つ以上
  • 疑診:Minor criteria2つ以上

Major Criteria

  • 血管造影にて閉塞が著明である
  • API=0.8以下:(API=Ankle pressure index)
  • 虚血による間欠性跛行 or 安静時痛

Minor Criteria

  • 動脈拍動の減弱・欠損
  • 壊疽・潰瘍の存在または既往
  • 四肢動脈の著しい石灰化

検査

  • 血管造影:虫食い像、先細り閉塞、動脈硬化、石灰化

分類

治療

  • 生活療法:動脈硬化リスクを下げる生活指導
  • 高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙
  • 運動療法:歩行など。血管の側副路の発達などにより歩行距離の延長
  • 薬物療法
  • PTA:カテーテルにより血栓溶解(ウロキナーゼ)、血栓吸引、ステント留置術など
  • バイパス術:適応は急性閉塞。大動脈-腸骨動脈・大腿動脈などPTAの困難例
  • 外科手術:広範囲の潰瘍・壊死性病変、感染を伴う例では肢切断。
  • 細胞移植治療:ASO による慢性重症の虚血で、PTA やバイパス術が適応できない場合には、自己骨髄細胞移植治療が試みられる。
  ASO L-SCS
発生部位 腓腹部 大腿後面、下腿外側
症状変動 あまりない 変動有り
改善 急速で速やかに改善
たったままで治る
時間がかかる
座位(前屈)で軽減
頻度

治療

  • 生活指導:禁煙
  • 運動療法
  • 薬物療法:抗血小板薬、血管拡張薬
  • カテーテル治療:経皮的血管形成術
  • 外科療法:血管バイパス手術

参考

  • 1.
http://mymed.jp/di/zh8.html
  • 2. wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%89%E5%A1%9E%E6%80%A7%E5%8B%95%E8%84%88%E7%A1%AC%E5%8C%96%E7%97%87

ガイドライン

  • 1. 末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_shigematsu_h.pdf
  • 2. INTER-SOCIETY CONSENSUS FOR THE MANAGEMENT OF PERIPHERAL ARTERIAL DISEASE (TASC II)
http://www.tasc-2-pad.org/upload/SSRubriqueProduit/Fichier2/597.pdf



エンプロスチル」

  [★]

enprostil
カムリード
  • 消化性潰瘍治療薬
  • 防御因子増強剤
  • プロスタグランジン製剤

構造

作用機序

  • プロスタグランジン受容体EP3を介して作用

薬理作用

  • 胃酸分泌抑制作用
  • 胃粘膜保護作用

動態

適応

注意

禁忌

  • 妊婦、妊娠している可能性
子宮収縮作用があるらしい

副作用

  • 下痢、悪心、腹部膨満

相互作用

ミソプロストール」

  [★]

misoprostol
サイトテック
消化性潰瘍用剤


  • 消化性潰瘍治療薬
  • 防御因子増強剤
  • プロスタグランジン製剤
  • Misoprostol (15-deoxy-16-hydroxy-16-methyl-PGE1; CYTOTEC) is a synthetic analog of prostaglandin E1


プロスタグランジン」

  [★]

prostaglandin, PG
プロスタグランジン受容体アラキドン酸カスケード

種類

プロスタグランジンの腎臓における作用

PRE.43
  • AHDは腎臓の様々な細胞・組織(ヘンレループ太い上行脚、集合管、腎髄質の間質、糸球体メサンギウム)でプロスタグランジンの産生を誘導する。ここで産生されたプロスタグランジンはADHの小売り様作用と血管に対する作用の両方を阻害する。抗利尿作用はADHによりGi,Gqを介したcAMP産生の抑制による。プロスタグランジンは局所に作用しADHが過剰に働かないように振る舞う。
→ NSAIDと腎障害の関係 NSAID腎症




製剤」

  [★]

(調剤)formulationpreparationdosage、(工業)drug product
製剤形態剤形処方準備調製投薬量投与量標品標本服用量プレッププレパラート薬用量用意用量製法


剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


タグ」

  [★]

標識目印タグをつける

プロ」

  [★]

pro



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡