プロゲステロン受容体

出典: meddic

progesterone receptor, PgR
プロゲステロンレセプター



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • K-33 シャペロン蛋白14-3-3τ(tau)は,プロゲステロンにより発現誘導され,プロゲステロン受容体とともに核内に移行し,その転写活性を上昇させる(高得点演題8 生殖,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 伊藤 正典,廣井 久彦,百枝 幹雄,浦野 友彦,細川 有美,小泉 美奈子,中江 華子,藤井 知行,矢野 哲,上妻 志郎,井上 聡,武谷 雄二
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 453, 2011-02-01
  • NAID 110008508788
  • 症例報告 エストロゲン受容体およびプロゲステロン受容体の発現を認めた乳暈部皮膚平滑筋腫の1例
  • 小林 照子,佐々木 哲雄,北村 創
  • 臨床皮膚科 65(6), 419-421, 2011-05
  • NAID 40018839720

関連リンク

用語解説 【用語】プロゲステロン受容体 【略語】PgR 【読み方】ぷろげすてろんじゅようたい 【英単語】progesterone receptor 【解説】女性ホルモンの受容体のひとつです。がん細胞の表面に女性ホルモンの ...
トップ > エストロゲンとプロゲステロン エストロゲンとプロゲステロン エストロゲンとプロゲステロン 代表的な女性ホルモンとしてよく知られているのが、 「エストロゲン」と 「プロゲステロン」です。 エストロゲンは ...

関連画像

健康をまもるABC蛋白質」であり、プロゲステロン受容体 受容体とプロゲステロン受容体 は プロゲステロン 受容体 Mifepristone 化学構造それではプロゲステロン受容体


★リンクテーブル★
リンク元PgR」「progesterone receptor」「progesterone receptors」「プロゲステロンレセプター
関連記事プロゲステロン」「受容体」「受容」「」「プロ

PgR」

  [★] プロゲステロン受容体, progesterone receptor


progesterone receptor」

  [★] プロゲステロン受容体, PgR


progesterone receptors」

  [★] プロゲステロン受容体, PgR


プロゲステロンレセプター」

  [★] プロゲステロン受容体


プロゲステロン」

  [★]

progesterone (Z), P4
黄体ホルモン corpus luteum hormoneプロジェステロン
プロゲホルモン ルテウム プロゲストン, Crinone, Prochieve, Progestasert
エストロゲン月経周期ホルモン

分類

性状

産生組織

G10M.37

標的組織

生理作用

  エストロゲン プロゲステロン
子宮内膜 増殖期:増殖
分泌期:プロゲステロンと協調して分泌期維持

分泌期:分泌期誘導
卵巣 卵胞の成長
顆粒細胞に作用してエストロゲン受容体発現↑
エストロゲンの正のフィードバック
エストロゲンの大量分泌
 
子宮筋 オキシトシンに対する感受性↓
肥大増殖
オキシトシンに対する感受性↑
中枢神経への作用 視床下部下垂体
 少量→負のフィードバック
 多量→正のフィードバック
視床下部体温中枢
 刺激
その他 子宮頚管粘液
 量:↑、牽引性:↑、羊歯葉状結晶:↑
・膣スメアの変化
 成熟した表層細胞の出現
  角化、核濃縮、好酸性
・乳腺
 腺房発育
  • 子宮内膜:プロスタグランジンの合成を制御(増殖期には低値、月経期には高値) → 月経前症候群月経困難症との関連
  • 妊娠中には下垂体前葉に作用してLHの分泌を抑制し、排卵を抑制する。(G10M.37)
  • 乳腺組織のPRL受容体を減少させ、乳汁分泌を抑制する。(G10M.37)

作用機序

分泌調節

性周期・月経・妊娠との関連

非妊時

  • 卵胞期:低値
  • 排卵期~黄体期:高値
  • 黄体期後期:漸減

妊娠時

  • 妊娠時には0-10週にかけてなだらかに上昇してから下降するが、以降漸増する。(NGY.47)
  • 妊娠時には10週までなだらかに増加し、以降増加。(G10M.37)

LAB.724

  エストロゲン プロゲステロン
エストロン エストラジオール エストリオール  
(pg/ml) (pg/ml) (pg/ml) (ng/ml)
女性 卵胞期 10~60 10~150 0~20 0.5~1.5
排卵期 25~100 50~380 5~40 1.5~6.8
黄体期 25~80 30~300 5~40 5.0~28.0
更年期 20~80 10~50 0~20 0.3~0.4
男性 30~60 10~60 0~15 0.2~0.4






受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる



体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


プロ」

  [★]

pro




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡