プロカルシトニン

出典: meddic

procalcitonin
カルシトニン

概念

  • 甲状腺外で産生されるカルシトニン
  • 重症感染症(敗血症、重症敗血症、敗血症ショック)で上昇する炎症のマーカーである。ただし、深在真菌症(真菌単独感染)やウイルス性の炎症では上昇しにくい(参考3)。

資料

  • 1. 炎症マーカーと感染症
http://radio848.rsjp.net/abbott/pdf/060505.pdf
  • 2. モダンメディア 52巻12号2006(新しい検査法)
http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM0612-03.pdf
  • 3. Nkkei Medical 2011.6 p.25


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/23 07:45:59」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 急性骨髄性白血病に合併し,血中プロカルシトニンが高値を示したアメーバ性大腸炎・肝膿瘍
  • 奥 英二郎,野村 桂,中村 剛之 [他]
  • 感染症学雑誌 = The journal of Japanese the Association for Infectious Diseases 86(6), 773-777, 2012-11
  • NAID 40019502592
  • 尿路敗血症の診断におけるプロカルシトニン(PCT)値測定の有用性
  • 細川 幸成,武長 真保,伊丹 祥隆 [他]
  • 泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica 58(10), 539-542, 2012-10
  • We assessed the diagnostic value of procalcitonin (PCT) in urosepsis on 54 patients with urinary tract infections (UTI), suspected of having urosepsis. The results of urine culture, blood culture, and …
  • NAID 40019489955
  • 臨床研究・症例報告 乳児期早期の発熱児における重症細菌感染症の血液炎症マーカーの有用性について
  • 夏目 統,清水 大輔,黒田 喜代子 [他]
  • 小児科臨床 65(10), 2203-2209, 2012-10
  • NAID 40019415461

関連リンク

プロカルシトニン(PCT)はカルシトニンの前駆蛋白として甲状腺のC細胞において生成 されるが、PCTは最近、新しい信頼性の高い敗血症のマーカーとして注目されている。 プロカルシトニンは116個のアミノ酸から成る分子量 13kDaの蛋白で、N末端側には57 個 ...
血液検査でプロカルシトニンを調べよう。プロカルシトニンは細菌・寄生虫・真菌感染症を 疑うときや敗血症の重症度評価の指標・経過観察・予後判定を調べるときに検査します 。

関連画像

e0156318_1384368.jpgプロカルシトニン( PCT ) < 50 CRP 80mg/L=8mg/dLは、臨床的印象と イメージ 3イメージ 2イメージ 2e0035413_0353771.jpgプロカルシトニンは、敗血症の


★リンクテーブル★
リンク元カルシトニン」「動脈硬化症」「PCT」「炎症マーカー
関連記事プロ

カルシトニン」

  [★]

calcitonin (Z,PT), CT
サイロカルシトニン thyrocalcitonin
パラソルモン甲状腺副甲状腺プロカルシトニン
  • 「血中カルシウム濃度が高くすぎないように調節する」ホルモン

分類

性状

  • ペプチド(32aa)

産生組織

標的組織

  • 腎臓

作用 (2007年度後期生理学授業プリント)

  • 血中カルシウム濃度↓ (血中カルシウム濃度が高いときのみ)
  • 破骨細胞に作用して骨吸収を抑制
  • 尿細管に作用してCa,P,Na,Clを排泄
  • 腸管に作用してカルシウムの吸収を抑制する
  • 胃酸分泌を下げる

分泌の調節 (2007年度後期生理学授業プリント)

  • 血中のカルシウム濃度(カルシウムイオン、タンパク質に結合しているカルシウムを含む)が高いときにサイロカルシトニンが分泌される。
  • 血中カルシウム濃度 5mEq/l このうち血中カルシウムイオン濃度は 2.5 mEq/l
分泌調節のポイント:カルシトニン ←Ca2+ + protein binding Ca 。 副甲状腺ホルモン ←Ca2+

分子機構



動脈硬化症」

  [★]

arteriosclerosis (M)
動脈硬化

定義

  • 動脈壁の肥大と弾性の喪失をきたす疾患の総称

病型

リスクファクター BPT.344

  • 主要なリスク
  • 修正不能
  • 年齢
  • 男性
  • 家族歴
  • 遺伝子異常
  • 修正可能
  • 脂質異常症
  • 高血圧
  • 喫煙
  • 糖尿病
  • CRP
  • 小さい、不確定、非定量的なリスク
  • 肥満
  • 運動不足
  • ストレス
  • 閉経後エストロゲン欠乏
  • 高炭水化物食
  • リポ蛋白(a)
  • 硬化不飽和脂肪酸の摂取
  • Chlamydia pneumoniae感染

検査

粥腫のマーカー?

-動脈硬化


PCT」

  [★]


炎症マーカー」

  [★]


プロ」

  [★]

pro



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡