プリン

出典: meddic

purine
[[7H-イミダゾ[4,5-d]ピリミジン]] [[7H-imidazo[4,5-d]pyrimidine]],プリン塩基 purine base
ピリミジンアデニングアニン


  • ピリミジン環とイミダゾール環との縮合環からなる複素環式化合物
  • プリン核を持つ塩基性化合物がプリン塩基




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/10/13 11:22:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 視覚的支援を活用した算数科指導の実践研究
  • 小崎 記子,笹山 龍太郎,綿巻 徹
  • 教育実践総合センター紀要 12, 287-296, 2013-03-20
  • … 本実践研究は, 継次処理対応, 同時処理対応, 支援なしの3種類のプリント課題を開発し, 通常学級に在籍する発達障害児に焦点をあてた個別指導を行い, プリントの裏面では文章第のイメージ化を図る課題を学級全体の児童を対象に行った。 …
  • NAID 110009573659
  • レーザレンジスキャナとWi-Fi Fingerprintを併用した歩行者の位置推定手法の提案
  • 和田悠佑 ,山口弘純 ,東野輝夫
  • 情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム] 2013-UBI-37(26), 1-7, 2013-03-07
  • … 推定手法を提案する.先行研究と同様に LRS を歩行者計測のインフラとし,建物内の Wi-Fi の基地局との通信の無線信号強度を手がかりに歩行者の位置を推定する.本手法では LRS の高い測距性能を利用することで,従来のフィンガープリント法よりも遥かに誤差が小さい位置推定を実現し,また事前学習データも少なく済ませることができる.大学棟内で行った実験では,ほぼ 100% の歩行者を識別し,位置を推定することができた. …
  • NAID 110009551486
  • 近傍携帯端末群によるばねモデルを用いた協調的屋内位置推定手法の提案
  • 劉 暁鵬,前川 卓也
  • 情報処理学会研究報告. UBI, [ユビキタスコンピューティングシステム] 2013-UBI-37(10), 1-8, 2013-03-07
  • … 搭載した高性能携帯端末の普及に伴い,Wi-Fi 電波を用いた屋内位置推定に関する研究が多く行われている.多くの既存研究では,屋内の各座標において予め計測したWi-Fi 信号強度の分布情報を用いるフィンガープリンティングと呼ばれる手法により,携帯端末の屋内位置を推定する.本研究では,既存手法を基に,近傍に存在する端末群が協調しながら,より高精度に屋内位置を推定する方法を提案する.具体的には,携帯端末に搭 …
  • NAID 110009551470

関連リンク

人気のプリンレシピ(作り方)が538品集まったプリンコミュニティ。毎日更新のプリン レシピランキングや、みんなが料理した写真付きレポートなどが充実している。
2009年1月30日 ... 1000人達成★ありがとう~! 是非みんなに作って欲しい(。・艸・) 私の自慢のプリン レシピです.

関連画像

文明堂銀座プリン 8個入  で美味しいプリンが作れますプリンとゼリーのトリビア・話 プリン (@purin0131) | Twitter 関ジャニ∞】プリン事件の真相特亜ニュース右寄り : プリンめ

添付文書

薬効分類名

  • 抗パーキンソン剤

販売名

レプリントン錠100mg

組成

有効成分の名称

  • レボドパ、カルビドパ水和物

含量

  • 1錠中レボドパ100mg、カルビドパ水和物10.8mg(無水カルビドパとして10mg)

添加物

  • トウモロコシデンプン、アルファー化デンプン、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、二酸化ケイ素、ステアリン酸Mg、黄色5号アルミニウムレーキ

禁忌

  • 閉塞隅角緑内障の患者[眼圧上昇を起こし、症状が悪化するおそれがある。]
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 非選択的モノアミン酸化酵素阻害剤投与中の患者(「重要な基本的注意」、「相互作用」の項参照)

効能または効果

  • パーキンソン病、パーキンソン症候群

レボドパ未服用患者

  • 通常成人に対し、レボドパ量として1回100〜125mg、1日100〜300mg経口投与よりはじめ、毎日又は隔日にレボドパ量として100〜125mg宛増量し、最適投与量を定め維持量(標準維持量はレボドパ量として1回200〜250mg、1日3回)とする。
    なお、症状により適宜増減するが、レボドパ量として1日1500mgを超えないこととする。

レボドパ既服用患者

  • 通常成人に対し、レボドパ単味製剤の服用後、少なくとも8時間の間隔をおいてから、レボドパ1日維持量の約1/5量に相当するレボドパ量を目安として初回量をきめ、1日3回に分けて経口投与する。以後、症状により適宜増減して最適投与量を定め維持量(標準維持量はレボドパ量として1回200〜250mg、1日3回)とするが、レボドパ量として1日1500mgを超えないこととする。

慎重投与

  • 肝又は腎障害のある患者[副作用の発現が増加するおそれがある。]
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍のある患者又はその既往歴のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 糖尿病患者[血糖値の上昇を誘発し、インスリン必要量を増大させるとの報告がある。]
  • 重篤な心・肺疾患、気管支喘息又は内分泌系疾患のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 慢性開放隅角緑内障の患者[眼圧上昇を起こし、症状が悪化するおそれがある。]
  • 自殺傾向など精神症状のある患者[精神症状が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

Syndrome malin(頻度不明)

  • 急激な減量又は投与中止により、高熱、意識障害、高度の筋硬直、不随意運動、ショック状態等があらわれることがあるので、このような場合には、再投与後、漸減し、体冷却、水分補給等適切な処置を行うこと。

錯乱、幻覚、抑うつ(いずれも頻度不明)

  • 錯乱、幻覚、抑うつがあらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には減量又は休薬するなど適切な処置を行うこと。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の悪化(いずれも頻度不明)

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の悪化があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

溶血性貧血(頻度不明)

  • 溶血性貧血があらわれることがあるので、このような場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

突発的睡眠(頻度不明)

  • 前兆のない突発的睡眠があらわれることがあるので、このような場合には、減量、休薬又は投与中止等の適切な処置を行うこと。(「重要な基本的注意」5.の項参照)

有効成分に関する理化学的知見

レボドパ

一般名

  • レボドパ(Levodopa)

化学名

  • 3-Hydroxy-L-tyrosine

分子式

  • 11NO

分子量

  • 197.19

融点

  • 約275℃(分解)

性状

  • 白色又はわずかに灰色を帯びた白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはない。
    ギ酸に溶けやすく、水に溶けにくく、エタノール(95)にほとんど溶けない。希塩酸に溶ける。
    飽和水溶液のpHは5.0〜6.5である。

カルビドパ水和物

一般名

  • カルビドパ水和物(Carbidopa Hydrate)

化学名

  • (2S )-2-(3,4-Dihydroxybenzyl)-2-hydrazinopropanoic acid monohydrate

分子式

  • 1014・H

分子量

  • 244.24

融点

  • 約197℃(分解)

性状

  • 白色〜帯黄白色の粉末である。
    メタノールにやや溶けにくく、水に溶けにくく、エタノール(95)に極めて溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
先読みピリミジン」「グアニン
リンク元アザチオプリン」「レッシュ・ナイハン症候群」「アデニン」「R」「purine
拡張検索6-メルカプトプリン」「アプリンジン」「フィンガープリンティング」「プリンペラン
関連記事リン

ピリミジン」

  [★]

pyrimidine
塩基




グアニン」

  [★]

guanine G Gua


アザチオプリン」

  [★]

azathioprine, AZP, AZA, AZ
azathioprinum
イムラン Imuranアザニン

作用機序

薬理作用

  • 免疫抑制

副作用

  • 発熱、悪心、軽度の白血球減少症、血小板減少症
  • (まれ)再生不良貧血
  • 肝細胞壊死、胆汁分泌停止

適応

  • 臓器移植、SLE、関節リウマチ、クローン病、全身性炎症

使用方法




レッシュ・ナイハン症候群」

  [★]

Lesch-Nyhan syndrome LNS
レッシュ・ナイハン病 Lesch-Nyhan disease LNDLesch-Nyhan症候群若年性高尿酸血症症候群 juvenile hyperuricemiasyndrome
先天性代謝異常症
  • HGPRTの活性低下により生じる (FB.472)
  • プリンのサルベージ経路が機能しなくなる
  • 大量の尿酸を産生する
  • X染色体連鎖劣性遺伝
  • けいれん、知能の後れ(mental retardation)などの精神症状
  • 破壊的自傷行動(self-mutilation)を示す



アデニン」

  [★]

adenine Ade
6-アミノプリン 6-aminopurine
ロイコン
(採血バック):カーミAMAP液カーミCA液カーミCリューコトラップMAPセパセルインテグラC-MAPセパセルインテグラCAセパセルインテグラMAPテルモ血液バッグCPDAテルモ血液バッグMAP液
プリンプリン塩基
  • 核酸のプリン塩基の一種。


R」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 18th letter of the Roman alphabet」
r

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「resistance / 17歳以下父兄同伴映画の表示 / rook」


purine」

  [★]

プリン

purinergic
purines, metabolism of

WordNet   license wordnet

「a colorless crystalline organic base containing nitrogen; the parent compound of various biologically important substances」

WordNet   license wordnet

「any of several bases that are derivatives of purine」


6-メルカプトプリン」

  [★]

6-mercaptopurine, mercaptopunne
6-mercaptopurinum
6-MP
ロイケリン
アザチオプリン制癌薬


  • 白血病治療薬
  • プリンの6位にSが付加された物質。

代謝

作用機序

  • TIMPがプリン塩基の生合成を阻害する
本剤は、細胞増殖重要意義をもつ核酸生合成阻害する。メルカプトプリン細胞内inosinic acidのチオ同族体 thioinosinic acid(TIMP)に変換し、このTIMPは主としてinosinic acid からのadenylosuccinic acid 及びxanthylic acidへの転換阻害し、adenine, guanineribonucleotideの生合成阻害するとされている

適応

  • 急性白血病、慢性骨髄性白血病
  • 白血病、悪性リンパ腫以外の腫瘍に対しては効果が少なく適応されない

注意

重大な副作用

  • 骨髄抑制

添付文書

  • ロイケリン散10%
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4221001B1052_1_02/4221001B1052_1_02?view=body



アプリンジン」

  [★]

aprindine
塩酸アプリンジン aprindine hydrochloride
アスペノン Aspenonアプリトーン


フィンガープリンティング」

  [★]

fingerprinting
フィンガープリント finger printフィンガープリント法 fingerprint method



プリンペラン」

  [★] メトクロプラミド


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡