ブドウ糖加アセテート維持液

出典: meddic

関連リンク

後発医薬品(付加価値型)のニプロファーマです。アセトキープ3G注(包装単位=500mL ×20瓶)の詳細をご紹介。アセトキープ3G注の薬効分類=331 血液代用剤アセトキープ 3G注の成分名=塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化マグネシウム、リン酸二水素 ...
アセテート維持液3G「HK」,酢酸維持液(ブドウ糖加) ... 組成/成分, 200mL中塩化 ナトリウム:292.2mg 塩化カリウム:104.4mg 塩化マグネシウム(6水塩):101. 7mg 酢酸ナトリウム水和物:544.3mg リン酸二水素カリウム:272.2mg ブドウ糖: 10g ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 血液代用剤

販売名

*ヴィーン3G注(200mLボトル)

組成

有効成分(200mL中)

  • ブドウ糖 10.0g
    塩化ナトリウム 292.2mg
    塩化カリウム 104.4mg
    塩化マグネシウム 101.7mg
    リン酸二水素カリウム 272.2mg
    酢酸ナトリウム水和物 544.3mg

添加物

  • 塩酸(pH調整剤) 適量

電解質組成(mEq/L)

  • Na:45
    K:17
    Mg2+:5
    Cl-:37
    H2PO4-:10
    CH3COO-:20

禁忌

  • 高カリウム血症、乏尿、アジソン病、重症熱傷、高窒素血症の患者〔本剤はカリウムを含有するので血清カリウム値を上昇させることがある。〕
  • 高リン血症、低カルシウム血症、副甲状腺機能低下症の患者〔本剤はリンを含有するので血清リン値を上昇させることがある。〕
  • 高マグネシウム血症、甲状腺機能低下症の患者〔本剤はマグネシウムを含有するので血清マグネシウム値を上昇させることがある。〕

効能または効果

  • 経口摂取が不能又は不十分な場合の水分・電解質の補給・維持、エネルギーの補給
  • 通常、成人には、1回500〜1,000mLを、小児には、1回200〜500mLを点滴静注する。投与速度は、成人・小児ともにブドウ糖として1時間あたり0.5g/kg体重以下とする1)
    なお、年齢、症状、体重などに応じて適宜増減する。
  • 小児における一般的な維持輸液量の計算方法は以下のとおりである2)
    ただし、個々の患児に対する輸液量は年齢、症状、水分喪失量や病態なども考慮したうえで決定する。
  • 体重:10kgまで→一日量:100mL/kg
  • 体重:11〜20kg→一日量:1,000mL+50mL/kg×(体重−10kg)
  • 体重:20kg以上→一日量:1,500mL+20mL/kg×(体重−20kg)
  • 本剤は1,000mL当たりエネルギー量として200kcal含んでいるが、本剤のみでは1日に必要とされるエネルギー量を十分に満たすことはできないので、手術等による経口摂取不能な患者に対する本剤のみでの使用は短期間とすること。
  • 投与速度がブドウ糖として1時間あたり0.5g/kgを超えた場合、ブドウ糖は生体内で利用されず一部は尿中に排泄される場合のあることが知られている。

慎重投与

  • 高カリウム血症を伴わない腎不全のある患者〔酸塩基平衡の異常、電解質異常が起こることがある。〕
  • 心不全のある患者〔体液量の過剰により心負荷を起こすことがある。〕
  • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者〔体液量が過剰となることがある。〕
  • 糖尿病の患者〔血糖値の上昇、水・電解質異常を起こす、又は増悪するおそれがある。〕

薬効薬理

  • 飢餓絶食時のウサギに対する本剤の効果をマルトース加アセテート維持液、ブドウ糖加乳酸維持液及びアセテート維持液と比較した結果、体重変化、尿量、水分及び電解質平衡に差はなかった9)


★リンクテーブル★
関連記事維持」「維持液」「ブドウ」「アセテート

維持」

  [★]

maintenanceretentionmaintainholdkeepsustain
持続貯留続く続ける保持率保定保持持つ保つ抱える整備


維持液」

  [★]

電解質維持液
  • 細胞内成分に類似した輸液。カリウムが多い。脱水、腎機能障害がある場合には不適。

ブドウ」

  [★]

grapegrapevine
Vitis vinifera
ブドウ属ブドウ科


アセテート」

  [★]

acetate
酢酸酢酸エステル酢酸塩氷酢酸




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡