フッ化ピリミジン

出典: meddic

fluoropyrimidine
ユーエフティフルツロンミフロールヤマフール
テガフール・ウラシル合剤

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • おさらいしよう! Follow-Up Questions (処方の教室 経口フッ化ピリミジン系抗がん薬)
  • Ph. D. SawadaのRp.チェック! 診察曜日が変更となる場合、ティーエスワン(休薬期間が存在する)の処方と服薬の混乱を予測し、処方設計、服薬設計の工夫が必要であることを認識する。 (処方の教室 経口フッ化ピリミジン系抗がん薬)

関連リンク

プリンやピリミジンと構造が似ているため、 がん細胞が増殖して、悪性腫瘍が大きくなる時に、 代謝拮抗薬がDNAに入り込んで腫瘍が増殖するのをBLOCK!!
他のフッ化ピリミジン系薬剤を投与する場合、「適切な間隔」をあけてから投与するよう記載がありますが「適切な間隔」とはどれくらいの期間をいうのですか?

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みテガフール・ウラシル合剤」「ユーエフティ」「フルツロン
リンク元カペシタビン」「fluoropyrimidine
関連記事ピリミジン」「フッ化

テガフール・ウラシル合剤」

  [★]

tegafur/uracil mixture
ユーエフティUFT
テガフール ウラシル

作用機序

ユーエフティ配合カプセルT100/**ユーエフティE配合顆粒T100/**ユーエフティE配合顆粒T150/**ユーエフティE配合顆粒T200
  • ユーエフティの抗腫瘍効果は体内でテガフールから徐々に変換される5-FUに基づいている。
  • 5-FUの作用機序は活性代謝物であるFdUMPがdUMPと拮抗し、thymidylate synthaseを抑制することによるDNAの合成阻害と、FUTPがRNAに取込まれることによるRNAの機能障害に起因するものと考えられている(in vitro)。
  • ユーエフティに含有されるウラシルによるテガフールの抗腫瘍効果の増強はリン酸化及び分解酵素に対する5-FUとウラシルの酵素親和性の差により5-FUの分解が抑制されることに起因し、特に腫瘍内において5-FUとそのリン酸化活性代謝物が高濃度に維持されることによるものと考えられている(in vitro)。

添付文書

  • ユーエフティ配合カプセルT100/**ユーエフティE配合顆粒T100/**ユーエフティE配合顆粒T150/**ユーエフティE配合顆粒T200
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4229100D3023_1_01/4229100D3023_1_01?view=body


-UFT


ユーエフティ」

  [★] テガフールウラシル

テガフール・ウラシル合剤


フルツロン」

  [★] ドキシフルリジン


カペシタビン」

  [★]

capecitabine
ゼローダ Xeloda
フッ化ピリミジン



fluoropyrimidine」

  [★] フッ化ピリミジン


ピリミジン」

  [★]

pyrimidine
塩基




フッ化」

  [★]

fluorofluorinated
フルオロフッ素化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡