フェルビナク

出典: meddic

felbinacfelbinac ethyl
フェルナビオンアスゼスセブテットセルスポットファルジーフェルビスフェルビナクPフレックスマルチネスナパゲルンセルタッチスミルフェルナビオン
エチルフェルビナクフェルビナクエチル

参考文献

  • フレックステープ70mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2649731S1127_1_03/2649731S1127_1_03?view=body


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/25 08:23:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • Microdialysis 法によるフェルビナク貼付剤の薬物浸透性及び薬理効果に関する研究
  • 新開 規弘,是永 和子,滝沢 弘美,斉藤 英男,水 英雄,山内 仁史
  • 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan 67, 412, 2007-05-10
  • NAID 10019493256
  • 特集 外用消炎鎮痛剤マーケットの展望 フェルビナクなどの第二世代製剤が牽引し微増
  • フェルビナク含有プラスター剤であるフェルビナクP「EMEC」の透湿性試験についての考察

関連リンク

フェルビナク(Felbinac)とは抗炎症、鎮痛作用を持ったフェニル酢酸系の非ステロイド 性抗炎症薬である。皮膚から痛む患部に浸透し、酵素の1つシクロオキシゲナーゼに直接 働きかけることで、炎症を引き起こすプロスタグランジンという物質の生合成を抑制 ...
つらい痛みに浸透して効く、効き目成分[フェルビナク]35mg配合.

関連画像

image.jpgフェルビナク.jpgフェルビナクの画像 p1_16日曜日。http://img01.naturum.ne.jp/usr フェルビナクの画像 p1_10フェルビナクの画像 p1_11 フェルビナク35:7枚入

添付文書

薬効分類名

  • 経皮吸収型鎮痛・消炎剤

販売名

  • スミルスチック3%

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者
  • アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[喘息発作を誘発するおそれがある。]


効能または効果

  • 下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎
    変形性関節症、筋・筋膜性腰痛症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘等)、筋肉痛、外傷後の腫脹・疼痛
  • 症状により、適量を1日数回患部に塗擦する。

慎重投与

(次の患者には慎重に使用すること)

  • 気管支喘息のある患者[喘息発作を誘発するおそれがある。]

薬効薬理

  • ラット打撲浮腫、ラット炎症足圧痛刺激、ラット肉芽腫形成に対する各種抑制試験において、本剤は無処置対照群及び基剤群に対し、統計的に有意な差をもって効果が認められた。4)

有効成分に関する理化学的知見

性状

  • 白色?微黄白色の結晶又は結晶性の粉末である。メタノール又はアセトンにやや溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けにくく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
先読みfelbinac ethyl
リンク元鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」「フェンブフェン」「スミルスチック」「felbinac
拡張検索フェルビナクエチル」「エチルフェルビナク

felbinac ethyl」

  [★]

felbinac

鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」

  [★]

商品

</rad>


フェンブフェン」

  [★]

fenbufen
ナパノール
フェルビナク


  • プロピオン酸系非ステロイド性抗炎症薬;プロドラッグ


スミルスチック」

  [★] フェルビナク

鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤


felbinac」

  [★]

フェルビナク

felbinac ethyl


フェルビナクエチル」

  [★]

felbinac ethyl
フェルビナクエチルフェルビナク


エチルフェルビナク」

  [★]

felbinac ethyl
フェルビナクフェルビナクエチル



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡