ピリミジン塩基

出典: meddic

pyrimidine base
ピリミジン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/03 04:24:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • プリン・ピリミジン塩基同時測定法を用いたウリカーゼノックアウトマウス尿中に含まれる塩基の測定
  • 稲沢 克紀,富岡 直子,細山田 真,福内 友子,山岡 法子,安田 誠,馬渡 健一,中込 和哉,金子 希代子
  • 痛風と核酸代謝 38(1), 98, 2014
  • NAID 130004680259
  • LC-MSによるマウス尿中のプリン,ピリミジン塩基同時測定法の開発
  • 稲沢 克紀,福内 友子,山岡 法子,安田 誠,馬渡 健一,中込 和哉,富岡 直子,細山田 真,金子 希代子
  • 痛風と核酸代謝 37(1), 62, 2013
  • NAID 130003378944
  • タンパク質機能間関係グラフの構築
  • 寺田 愛花,瀬々 潤
  • 情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 2009-BIO-18(9), 1-7, 2009-09-10
  • … ,ネットワークモチーフ?頻出する部分ネットワーク構造?に着目する事で,タンパク質の機能間に潜む関係を発見し,タンパク質機能間関係を表すグラフを作成する.本手法を酵母の相互作用情報に適用した結果,プリン塩基とピリミジン塩基を有するタンパク質を,エネルギー生成を行う同一の機能として分類できた.また,細胞分裂周期を制御するタンパク質に,相互作用する機能が多いものと少ないものがあることが分かった. …
  • NAID 110007990819

関連リンク

ピリミジン塩基(ピリミジンえんき、pyrimidine base)とは核酸の構成要素のうちピリミジン核を基本骨格とする塩基性物質である。核酸略号はPyr。細胞への紫外線照射によりピリミジン塩基の一部は二量体となり,遺伝子傷害の原因と ...
ピリミジン塩基(ピリミジンえんき、pyrimidine base)とは核酸の構成要素のうちピリミジン核を基本骨格とする塩基性物質である。核酸略号はPyr。細胞への紫外線照射によりピリミジン塩基の一部は二量体となり,遺伝子傷害の原因と ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みウラシル」「シトシン
リンク元チミン
拡張検索脱ピリミジン塩基」「ピリミジン塩基のない
関連記事」「ピリミジン

ウラシル」

  [★]

uracil Ura
2,4(1H,3H)-ピリミジンジオン 2,4(1H,3H)-pyrimidinedione


シトシン」

  [★]

cytosine, Cyt, C



チミン」

  [★]

thymine Thy
5-メチルウラシル 5-methyluracil
ピリミジン塩基核酸
  • 塩基の一種
  • ピリミジン塩基

派生化合物 FB.29

  プリン塩基 ピリミジン塩基
塩基 アデニン グアニン シトシン チミン ウラシル
Ade Gua Cyt Thy Ura
A G C T U
ヌクレオシド アデノシン グアノシン シチジン デオキシチミジン ウリジン
Ado Guo Cyd dThd Urd
A G C dT U
ヌクレオチド   アデニル酸 グアニル酸 シチジル酸 デオキシチミジル酸 ウリジル酸
アデノシン一リン酸 グアノシン一リン酸 シチジン一リン酸 デオキシチミジン一リン酸 ウリジン一リン酸
for DNA dAMP dGMP dCMP dTMP  
for RNA AMP GMP CMP   UMP




脱ピリミジン塩基」

  [★]

apyrimidinic
ピリミジン塩基のない


ピリミジン塩基のない」

  [★]

apyrimidinic
脱ピリミジン塩基

基」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化

ピリミジン」

  [★]

pyrimidine
塩基






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡