ピック病

出典: meddic

Pick disease, Pick's disease
Pick病
前頭側頭型認知症認知症

概念

  • 前頭葉・側頭葉の限局性の萎縮による認知症

症状

ピック病とアルツハイマー型認知症

参考1より引用
  アルツハイマー型認知症 ピック病
病気部位 側頭葉、頭頂葉 前頭葉、側頭葉
症状 「記憶の障害」 「行動の障害」
昼食を摂ったことを忘れるなど 同じことを同じ時間に繰り返すなど
診断治療 100年ほど前に発見され、原因の究明や治療の開発が不十分ながらも進んでいる 100年ほど前に発見されるが、世界共通の診断基準すらなく、発生頻度も不明
発病年齢 高齢になるほど増える 40代以降65歳頃までに発病することが多い
性差 女性にやや多い 性差なし

参考

  • 1. 認知症
[display]http://www.ninchisho.jp/kind/04.html
  • 2. emedicine
[display]http://emedicine.medscape.com/article/1135504-overview
  • 3. wikipedia en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Pick%27s_disease


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/01 19:47:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 老年期に発症した前頭側頭型認知症(frontotemporal dementia;FTD)の臨床的特徴の検討
  • 井村 まゆ,佐藤 卓也,佐藤 厚 [他]
  • 老年精神医学雑誌 22(7), 841-849, 2011-07
  • NAID 40018923403
  • 神経病理所見からみた臨床診断のポイント 画像と病理診断を踏まえた認知症の鑑別診断 (アルツハイマー型認知症の諸問題を再考する) -- (トラックセッション 認知症の早期診断を多角的に考える)
  • 川勝 忍,渋谷 譲,山崎 猛 [他]
  • 老年精神医学雑誌 22(-) (268), 28-35, 2011-01
  • NAID 40018280480
  • P2-216 ニーマンピック病C型治療薬としての2-ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン注射剤の院内製剤化の検討(一般演題 ポスター発表,院内製剤・薬局製剤,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
  • 山下 奈緒美,持永 早希子,角 真太郎,中野 行孝,松尾 宗明,和田 幸樹,本山 敬一,有馬 英俊,入江 徹美,藤戸 博
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 20, 426, 2010-10-25
  • NAID 110008109215
  • 特別講演 コレステロール代謝異常症--細胞内コレステロールの代謝調節と膜輸送トランスポーターの異常について (第42回[日本臨床検査医学会]東北支部総会)

関連リンク

ピック病は若年性認知症のひとつで、アルツハイマー型認知症でも脳血管性認知症でもない認知症です。性格の変化や理解不能な行動を特徴とする病気です。
ピック病 ピック病とは ピック病とは、前頭側頭型認知症の一つで、前頭側頭型認知症の約8割は、ピック病だといわれています。 前頭側頭型認知症とは、主に前頭葉、側頭葉前方に委縮が見られる認知症ですが、その中でも脳の ...
以下は実際のピック病患者:男性Aさんのケースをもとにした、患者の具体的な症状です。 このような症状に思い当たる節があれば、ピック病かもしれません。 【男性Aさんのケース】 Aさんは非常に勤勉で活動的な方でした。

関連画像

11ピック病の画像 p1_33アルツハイマー 型 認知 症 が ピック病の画像37ピック病」と言う認知症が ピック病の画像 p1_2628


★リンクテーブル★
先読み前頭側頭型認知症
リンク元認知症」「老人斑」「滞続言語」「側頭葉」「前頭側頭葉変性症
拡張検索B型ニーマン・ピック病」「C型ニーマン・ピック病」「ニーマン-ピック病欠損酵素」「ニーマン-ピック病
関連記事

前頭側頭型認知症」

  [★]

frontotemporal dementia FTD
前頭側頭型痴呆
認知症Pick病前頭側頭葉変性症


  • 初期には近時記憶の障害は目立たない (PSY.334)
  • 側頭葉および前頭葉の葉状萎縮。 (PSY.334)
  • 前頭葉優位型:周囲の状況に無関心で自らの慣習的行動に固執する常同行動が目立つ
  • 左側頭葉優位型:言語的意味情報を貯蔵する部位の機能が脱落するために、語彙項目そのものが次第に減少して、音読や復唱が可能な単語の意味が分からない語義失語が特徴的に現れる
  • 右側頭葉優位型:非言語的意味情報が同様に脱落するため、親しい人物の顔を見ても声を聞いても誰だか分からない人物同定の障害、ものを見てもさわっても分からない物品同定の障害が現れる。

認知症」

  [★]

dementia
痴呆痴呆症器質痴呆 organic dementia
amyotrophic lateral sclerosisハチンスキー虚血スコア

定義

  • 1. 知的機能が脳の器質性障害によって低下
  • 2. 認知機能が選択的に障害された状態(PSY.312)
  • 3. 記憶と判断力の障害を基本とする症候群(PSY.312)

認知症の概念

認知症の分類

  • 変性認知症
  • ピック病:行動の障害、人格変化。Pick球やPick細胞が存在

原因疾患

  • 一次性
  • 二次性

認知症症状

1. 中核症状

  • 認知機能障害:思考・推理・判断・適応・問題解決
  • 記憶障害:初期には記銘力、短期記憶から障害される。早期:エピソード記憶 → 重症:意味記憶
  • 判断力低下
  • 見当識障害
  • 言語障害(失語)
  • 失行
  • 失認

2. 周辺症状

  • 不安
  • 抑うつ
  • 徘徊
  • 不眠
  • 妄想

認知症と老化現象との違い

  • 老化現象
  • 体験の一部を忘れる ← ヒントを与えられると思い出せる
  • 名前や日付などをとっさに思い出せる
  • 日常生活に支障はない
  • 物忘れに対して自覚がある
  • 認知症
  • 体験した全てを忘れる。最近の記憶がない ← ヒントを与えられてても思い出せない
  • 時間や自分のいる場所が分からない
  • 日常生活を営むことが困難
  • 物忘れに対して自覚がない

検査

診断

  アルツハイマー病 脳血管性認知症 ピック病
認知症 全般的認知症 まだら認知症 アルツハイマー病に類似。
早期には人格、注意力が障害され、
次第に記憶力も障害される。
人格 晩期に人格障害 保たれる 早期に人格障害
病識 なし(初期にはあり) あり なし
経過 進行性 動揺性、階段状に進行性 進行性
基礎疾患 特になし 高血圧、糖尿病、心疾患 特になし
画像検査 対称性の脳溝開大 脳実質内に脳梗塞巣 側頭葉と前頭葉の萎縮
機能画像検査 側頭葉、頭頂葉での代謝低下 前頭葉を中心とした多発性の脳代謝低下 前頭葉、側頭葉での代謝低下

認知症高齢者を対象とした事業・施設

相談体制 保健所 地域保健法が定める事業内容「母性及び乳幼児並びに老人の保健に関する事項」による老人精神衛生相談事業
高齢者総合相談センター 厚労省が都道府県レベルに設置している高齢者に関する相談窓口
在宅介護支援センター 老人福祉法により市町村が実施の主体となっている施設であり、在宅の要介護高齢者やその介護者の要望に対応した適切なサービスが円滑に提供されるように市町村や関連機関との連絡・調節などを行っている。
認知症疾患医療センター  
在宅対策 介護 訪問介護 ホームヘルプサービス
通所介護 デイサービス
短期入所生活介護 ショートステイ
認知症老人向け毎日通所型デイサービスセンター  
認知症対応型老人共同生活介護 グループホーム
老人認知症疾患デイ・ケア施設  
福祉 訪問指導
施設対策 介護 介護療養型医療施設
介護老人保健施設
介護老人福祉施設
医療 老人性認知症疾患治療病棟
福祉 養護老人ホーム
特別養護老人ホーム

国試





老人斑」

  [★]

senile plaque
好銀性斑 argyrophilic plaque、老人性色素斑?これは皮膚症状
同?
アミロイド斑 amyloid plaqueこれは皮膚症状?、神経突起斑 neuritic plaque
アルツハイマー病



  関連疾患 細胞 物質
レビー小体 Lewy body パーキンソン病 神経細胞
 (黒質、青斑核、迷走神経背側核、
  マイネルト基底核、交感神経節)
エオシン好性硝子様封入体
老人斑 senile plaque アルツハイマー病 - βアミロイド
ブニナ小体 Bunina body 筋萎縮性側索硬化症 前角神経細胞 抗酸性の封入体
ピック小体 Pick body ピック病 側頭葉、海馬の錐体細胞 ユビキチン、タウ、リン酸化神経線維陽性
アミロイド小体 corpola amylacea 老人の脳、前立腺、肺など エオシンに染まる、PAS染色陽性


滞続言語」

  [★]

たいぞく
ピック病

概念

  • ピック病でよくみられる特徴的な言語障害
  • 話や日常会話の中に常同的、惰性的で同じ内容の言葉が繰り返される状態。
  • 保続語唱のような同一単語の反復ではなく、短い言葉が挿入される形で繰り返される。(医学大辞典より引用)
  • (例)今日は何日ですか?「そこんとこはよか(どうでもよい)」;昨日はどこへ行きましたか? 「うーん、そこんとこはよか」;名前はなんといいますか?「名前な…、そこんとこはよかよ」(医学大辞典より引用)


側頭葉」

  [★]

temporal lobe
lobus temporalis
側頭骨脳葉
  • 知能に関わる



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連



前頭側頭葉変性症」

  [★]

frontotemporal lobar degeneration
前頭側頭型認知症
痴呆家族性痴呆症意味性痴呆
HBN.930
  • 広義のピック病
  • 前頭葉・側頭葉が神経細胞脱落によって萎縮する疾患群。Pick小体の有無を問わない。

臨床型

B型ニーマン・ピック病」

  [★]

type B Niemann-Pick disease
B型Niemann-Pick病、ニーマン・ピック病B型


C型ニーマン・ピック病」

  [★]

type C Niemann-Pick disease
C型Niemann-Pick病


ニーマン-ピック病欠損酵素」

  [★] スフィンゴミエリナーゼ


ニーマン-ピック病」

  [★] ニーマン・ピック病


病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡