ビタミンE

出典: meddic

vitamin E V. E
トコフェロール tocopherolトコトリエノール tocotrienol酢酸トコフェロール tocopherol acetateコハク酸トコフェロールカルシウム calcium tocopherol succinate
フェニルアラニン除去ミルク配合ユベラロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合
ビタミン


概念

  • 脂溶性ビタミン
  • D-α-トコフェロール
  • 抗酸化作用を有する。
  • 脂質層のラジカルの捕捉。ここで消費されたビタミンEはビタミンCにより再生される。

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3E)

臨床関連

欠乏

過剰

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/10 23:31:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 4. ビタミンEとKの代謝の相互作用についての検討(第331回会議研究発表要旨,脂溶性ビタミン総合研究委員会)
  • 池田 彩子,内田 友乃,市川 富夫
  • ビタミン 86(1), 43-44, 2012-01-25
  • NAID 110009327886
  • ビタミンEの機能と効能に関する論争
  • 卵黄レシチンリポソーム膜におけるビタミンEのラジカル消去反応速度(研究論文紹介)
  • 福澤 健治,大内 綾,柴田 瑩,長岡 伸一,向井 和男
  • ビタミン 85(12), 651-654, 2011-12-25
  • NAID 110008898020

関連リンク

ビタミンE 食品100g当たりのビタミンEの含有量 単位:mg 成人男子目安量:8mg 成人女子目安量:8mg ... ビタミンEの多い食品ベスト32 (水分が40%以上) (水分が40%未満のベスト8) あんこうのきも 13.8 めんたいこ 6.5 とんぶり
ビタミンEの効果と効能とサプリメント選び方について。ビタミンEを多く含む食べ物や食材。ビタミンEの摂取量と基準量,副作用,過剰症と過剰摂取,欠乏症について。ビタミンEには強力な抗酸化作用の他、冷え性や肩こり,不妊症 ...
ビタミンEの成分情報です。ビタミンEとは?ビタミンEの働きや効果・効能などビタミンEに関する情報を詳しくご紹介します。わかさの秘密はわかさ生活が提供する成分情報サイトです。

関連画像

vitamin-e.jpgVitamin Ethe body is vitamin E, because vitamin E Vitamin E » ABC’s of Vitamins: Fat-Soluble Vitamin EVitamin EVitamin E - Warum und wie viel benötigt Vitamin E In Cosmetics

添付文書

薬効分類名

  • ビタミンE剤

販売名

  • ビタミンE錠50mg「NT」

組成

  • ビタミンE錠50mg「NT」は、1錠中に下記の成分・分量を含有する製剤である。
    「日局」トコフェロール酢酸エステル50mg

添加物

  • 添加物として、軽質無水ケイ酸、水酸化アルミナMg、乳糖水和物 ヒドロキシプロピルセルロース、結晶セルロース、合成ケイ酸Al、ポビドン、カルメロースCa、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、マクロゴール、酸化チタン、シリコーン樹脂及び黄色5号を含有する。

効能または効果

  • ビタミンE欠乏症の予防及び治療
  • 末梢循環障害(間歇性跛行症、動脈硬化症、静脈血栓症、血栓性静脈炎、糖尿病性網膜症、凍瘡、四肢冷感症)
  • 過酸化脂質の増加防止
  • 1.以外の効能については、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきではない。
  • 通常、成人にはトコフェロール酢酸エステルとして1回50〜100mg(1〜2錠)を、1日2〜3回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

血液に対する作用

  • ビタミンE欠乏ラットでは、血小板凝集能が亢進し、血小板数の増加がみられる。ビタミンEは、血小板凝集能を抑制し、血小板数を減少させると考えられる2)
    ビタミンEは、血小板中でPGG、トロンボキサンA2生成過程におけるエンドペルオキシド化を防止するため、血液凝固を抑制しうると考えられる3)

抗酸化作用

  • 脂質の酸化作用は12により脂質の過酸化反応が開始し、連鎖反応により脂質の自動酸化は進行する。ビタミンEは、12の消去剤として脂質の過酸化反応の開始を抑制すると考えられる3)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • Tocopherol Acetate トコフェロール酢酸エステル

化学名

  • 2,5,7,8-Tetramethyl-2-(4,8,12-trimethyltridecyl)chroman-6-yl acetate

分子式

  • C31H52O3

分子量

  • 472.74

性状

  • 「日局」トコフェロール酢酸エステルは、無色〜黄色澄明の粘性の液で、においはない。
    エタノール(99.5)、アセトン、クロロホルム、ジエチルエーテル、ヘキサン又は植物油と混和する。
    エタノール(95)に溶けやすく、水にほとんど溶けない。
    旋光性を示さない。
    空気及び光によって変化する。


★リンクテーブル★
先読みフェニルアラニン除去ミルク配合」「ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合」「tocopherol acetate」「トコトリエノール」「tocotrienol
国試過去問100H008」「092B072」「078B003」「102I003」「101B046」「100G068」「105H007
リンク元トコフェロール」「後天性溶血性貧血」「ビタミンE剤」「酢酸トコフェロール」「コハク酸トコフェロールカルシウム
拡張検索ビタミンE欠乏」「ビタミンE欠乏症
関連記事ビタミン」「Es」「e」「E

フェニルアラニン除去ミルク配合」

  [★]

乳幼児用剤
配合成分 等量混合液400mL中
乳たん白加水分解物 17.342g
L-メチオニン 0.307g
L-トリプトファン 0.072g
マルトデキストリン 60.231g
トリカプリリン 7.872g
サフラワー油 1.819g
クエン酸ナトリウム水和物 0.134g
塩化カリウム 0.508g
グルコン酸カルシウム水和物 0.797g
塩化カルシウム水和物 0.381g
硫酸マグネシウム水和物 0.564g
グルコン酸第一鉄 21.71mg
硫酸亜鉛水和物 13.06mg
硫酸マンガン 2.64mg
硫酸銅 0.365mg
ビタミンA油(1g中20万IU含有) 4.134mg
コレカルシフェロール 1.36μg
トコフェロール酢酸エステル 2.676mg
フィトナジオン 0.252mg
チアミン塩化物塩酸塩 1.023mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 1.14mg
ピリドキシン塩酸塩 1.204mg
シアノコバラミン 1.26μg
アスコルビン酸 89.80mg
ニコチン酸アミド 9.91mg
パントテン酸カルシウム 4.09mg
葉酸 0.10mg
ビオチン 15.40μg

ロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合」

  [★]

乳幼児用剤
分枝アミノ酸無添加総合アミノ酸粉末 13.640g
油脂糖質粉末 66.085g
アルファー化デンプン 8.500g
乳糖水和物 8.3009g
硫酸マグネシウム水和物 0.344g
リン酸水素カルシウム水和物 0.533g
沈降炭酸カルシウム 0.589g
リン酸水素二カリウム 0.980g
クエン酸第一鉄ナトリウム 0.060g
硫酸銅 1.10mg
硫酸亜鉛水和物 11.0mg
ヨウ化カリウム 33.0μg
チアミン硝化物 0.36mg
リボフラビン 0.60mg
ピリドキシン塩酸塩 0.40mg
シアノコバラミン 1.0μg
アスコルビン酸 48.0mg
パントテン酸カルシウム 2.00mg
ニコチン酸アミド 5.00mg
葉酸 0.10mg
塩化コリン 50.0mg
バニラ香料粉末 0.849506g

tocopherol acetate」

  [★]

tocopheroltocopherol calcium succinatetocopherol nicotinate

トコトリエノール」

  [★]

tocotrienol
-tocotrienol
See also Vita min E


tocotrienol」

  [★]

トコトリエノール

See also Vita min E


100H008」

  [★]

  • 46歳の男性。1か月前から両足がジンジンしびれ、感覚が次第に鈍くなったため来院した。肺結核の治療で3か月前からリファンピシン、イソニアジド及びエタンブトールを内服している。診察で四肢に深部腱反射の消失と両側下肢に靴下状の全感覚低下とを認める。
  • この患者で欠乏しているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100H007]←[国試_100]→[100H009

092B072」

  [★]

  • 疾患と治療との組み合わせで正しいのはどれ
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

078B003」

  [★]

  • 誤っているものは?

102I003」

  [★]

  • 欠乏すると新生児期の頭蓋内出血の原因となるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102I002]←[国試_102]→[102I004

101B046」

  [★]

  • 抗酸化作用の強いビタミンはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B045]←[国試_101]→[101B047

100G068」

  [★]

  • 二分脊椎の発生予防に効果があるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G067]←[国試_100]→[100G069

105H007」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105H006]←[国試_105]→[105H008

トコフェロール」

  [★]

tocopheroltocopherol acetatetocopherol nicotinatetocopherol calcium succinate
ニコチン酸トコフェロール tocopherol nicotinateコハク酸トコフェロールカルシウム tocopherol calcium succinate、[[]] tocopherol acetate
ベクタンユベラ、(トコフェロールニコチン酸エステル)ニコ
M.V.I.M.V.I.-12キット NEソフトVEニコチネートアゼプチンアミノレバンEN配合エセブロンエパラエルネオパ1号輸液エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッド オーツカMVゲファルナートケントンダイメジン・マルチツインラインNF配合ツインライン配合トコニジャストナーセット配合ニコ200ソフトニチEネートネオM.V.I.-9ネオパレン1号輸液ネオラミン・マルチVハイシップバナールバナールNパンビタンビタジェクトビタミンEビタミンEファンギゾン、フルカリック1号輸液、ベクタンヘパンED配合ヘモナーゼ配合マルタミンユベ-EユベラNラコールNF配合ラコール配合リバスタッチ流動パラフィン.OI
ユベラ Juvela(錠,ビタミンAとの合剤)
ビタミンE vitamin Eその他の循環器官用薬

参考

  • ニコ200ソフトカプセル
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2190006M2110_2_07/2190006M2110_2_07?view=body



後天性溶血性貧血」

  [★]

acquired hemolytic anemia AHA
先天性溶血性貧血自己免疫性溶血性貧血 AIHA


ビタミンE剤」

  [★]

ビタミンE

商品

酢酸トコフェロール」

  [★]

tocopherol acetate
トコフェロールトコフェロール酢酸エステルビタミンE


コハク酸トコフェロールカルシウム」

  [★]

tocopherol calcium succinate, calcium tocopherol succinate
トコフェロールビタミンE


ビタミンE欠乏」

  [★]

vitamin E deficiency
ビタミンE欠乏症

ビタミンE欠乏症」

  [★]

vitamin E deficiency


ビタミン」

  [★]

vitamin


  • ビタミン、生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素であり、微量ではあるが生理作用を円滑に行うために必須な有機化合物の総称 wiki

ビタミン

性状 ビタミン名 化合物名 機能 補酵素名 欠乏症 過剰症
  アミノ酸代謝 補酵素前駆体
水溶性ビタミン ビタミンB1 チアミン 糖代謝   チアミン二リン酸 脚気
(多発性神経炎、脚気心による動悸・息切れ)
ウェルニッケ脳症
コルサコフ症候群
 
ビタミンB2 リボフラビン 酸化還元反応 アミノ酸オキシダーゼ フラビンアデニンジヌクレオチド 口角炎、舌炎、結膜炎、角膜炎、脂漏性皮膚炎  
ビタミンB6 ピリドキシン 転移反応、脱炭酸反応、離脱反応、ラセミ化 多くのアミノ酸 ピリドキサルリン酸 末梢神経障害(INHの副作用)  
ビタミンB12 シアノコバラミン C1転移 メチオニン分岐アミノ酸 コバルト補酵素 巨赤芽球性貧血  
ビタミンC アスコルビン酸 抗酸化     壊血病
易出血性、骨・筋の脆弱化
 
ビタミンB5 パントテン酸 CoAの骨格          
ビタミンB9 葉酸 C1転移 グリシンセリン   巨赤芽球性貧血  
ビタミンB3 ナイアシン
ニコチン酸
酸化還元反応   ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド ペラグラ
(1)光過敏性皮膚炎、(2)下痢、(3)認知症
 
ビタミンB7 ビオチン 炭素固定反応   ビオチン酵素 脂漏性皮膚炎鱗屑状皮膚炎  
脂溶性ビタミン ビタミンA レチノイド 転写因子、視覚       夜盲症
眼球乾燥症角膜軟化症(Bitot斑)・毛孔性角化症
脳圧亢進、四肢疼痛性腫脹、肝性皮膚落屑、悪心・嘔吐、食欲不振、催奇形性
ビタミンD コレカルシフェロール骨形成       くる病骨軟化症
腎臓・血管壁への石灰沈着、多尿、↑尿Ca、高Ca血症、高P血症
ビタミンE トコフェロール 抗酸化       未熟児の溶血性貧血  
ビタミンK フィロキノンメナキノン血液凝固因子オステオカルシンの成熟     出血傾向 溶血、核黄疸

ビタミンと欠乏症、過剰症

Es」

  [★] アインスタイニウム

einsteinium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「einsteiniumの化学記号」

e」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the base of the natural system of logarithms; approximately equal to 2.718282...」


E」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 5th letter of the Roman alphabet」
e




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡