ヒベンズ酸チペピジン

出典: meddic

チペピジン

和文文献

  • Premium Edition 実践 Pharmaceutical Communication 鼻水だけなのにアレルギーだなんて…
  • 井手口 直子,宮木 智子
  • 日経ドラッグインフォメーションpremium (112), PE5-7, 2007-02-10
  • … 小児科医からは、咳と鼻水に対する対症療法として、鎮咳剤のアスベリン(一般名:ヒベンズ酸チペピジン)など4種類のシロップ剤が処方された。 …
  • NAID 40015306121
  • 0.5%ヒベンズ酸チペピジンシロップ後発品と塩化リゾチームシロップの混合による白色沈殿の生成機構と調剤上の問題がもたらす後発品採用の是非

関連リンク

アスベリンとは?チペピジン ヒベンズ酸塩の効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も 調べられる(おくすり110番:病気別版)
通常成人には、チペピジンヒベンズ酸塩として1日. 66.5∼132.9mg(チペピジンクエン酸 塩60∼120mg相. 当量)を3回に分割 ... 日局 チペピジンヒベンズ酸塩(チペピジンクエン 酸塩相当量). 1錠中. 1g中. 110.7mg(100mg). 11.07mg(10mg) 22.14mg(20mg) ...

関連画像

 ヒベンズ 酸 チペピジン は技術 スピロ結合した環状基を 田辺三菱 アスベリン 本体写真ヒベンズ酸チペピジン)ヒベンズ酸チペピジン に関係 ヒベンズ酸チペピジン に関係

添付文書

薬効分類名

  • 鎮咳剤

販売名

アスベリン錠10

組成

成分・含量

  • 日局 チペピジンヒベンズ酸塩(チペピジンクエン酸塩相当量) 1錠中11.07mg(10mg)

添加物

  • 黄色5号、ステアリン酸マグネシウム、タルク、デキストリン、トウモロコシデンプン、乳糖水和物

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

下記疾患に伴う咳嗽及び喀痰喀出困難

  • 感冒、上気道炎(咽喉頭炎、鼻カタル)、急性気管支炎、慢性気管支炎、肺炎、肺結核、気管支拡張症
  • 通常成人には、チペピジンヒベンズ酸塩として1日66.5〜132.9mg(チペピジンクエン酸塩60〜120mg相当量)を3回に分割経口投与する。

小児には、チペピジンヒベンズ酸塩として1日1歳未満5.54〜22.1mg(同5〜20mg相当量)、1歳以上3歳未満11.1〜27.7mg(同10〜25mg相当量)、3歳以上6歳未満16.6〜44.3mg(同15〜40mg相当量)を3回に分割経口投与する。
なお、年齢・症状により適宜増減する。

    • (1日量剤形換算)

    剤形 1歳未満 1歳以上3歳未満 3歳以上6歳未満 成人
    錠10 6〜12錠
    錠20 3〜6錠
    散10% 0.05〜0.2g 0.1〜0.25g 0.15〜0.4g 0.6〜1.2g
    ドライシロップ2% 0.25〜1g 0.5〜1.25g 0.75〜2g 3〜6g
    シロップ0.5% 1〜4mL 2〜5mL 3〜8mL 12〜24mL
    シロップ「調剤用」2% 0.25〜1mL 0.5〜1.25mL 0.75〜2mL 3〜6mL

    重大な副作用

    咳嗽、腹痛、嘔吐、発疹、呼吸困難等を伴うアナフィラキシー様症状(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

    薬効薬理

    • 延髄の咳中枢を抑制し咳の感受性を低下させることにより鎮咳作用を示すとともに、気管支腺分泌を亢進し気道粘膜線毛上皮運動を亢進することにより去痰作用を示す。

    鎮咳作用

    • イヌ16mg/kg(チペピジンとして)経口投与により、コデインリン酸塩とほぼ同程度の鎮咳作用(咳嗽犬法)を示す。

    作用は30分〜1時間後に発現し、約5〜6時間持続する。1,2)

    気管支腺分泌亢進作用

    • ウサギ100mg/kg経口投与により、ブロムヘキシン塩酸塩50mg/kg経口投与時とほぼ同程度の気管支腺分泌亢進作用(作野氏法)を示す。2,3)

    気道粘膜線毛上皮運動亢進作用

    • ハト0.6mg/kg(チペピジンとして)筋肉内投与により、気管線毛運動は30分後に1.5倍亢進する。4)


    有効成分に関する理化学的知見

    ○分子式

    • C15H17NS2・C14H10O4

    ○分子量

    • 517.66

    ○性状

    • ・ 白色〜淡黄色の結晶性の粉末で、におい及び味はない。
    • ・ 酢酸(100)に溶けやすく、メタノール又はエタノール(95)に溶けにくく、水に極めて溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    • ・ 融点:189〜193℃


    ★リンクテーブル★
    リンク元tipepidine hibenzate
    関連記事チペピジン」「」「ベンズ

    tipepidine hibenzate」

      [★]

    • ヒベンズ酸チペピジン
    tipepidinetipepidine citrate


    チペピジン」

      [★]

    tipepidine
    ヒベンズ酸チペピジン tipepidine hibenzateクエン酸チペピジン tipepidine citrate
    (チペピジンヒベンズ酸塩)アスベリンコフデニンアスワート


    酸」

      [★]

    acid
    塩基


    ブランステッド-ローリーの定義

    ルイスの定義

    ベンズ」

      [★]

    benz, bends
    ケイソン病





    ★コメント★

    [メモ入力エリア]
    ※コメント5000文字まで
    ニックネーム:
    コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡