ニフェジピン性歯肉増殖症

出典: meddic

gingival hyperplasia induced by nifedipine


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • A-16-16 : 00 薬剤の変更の有無による歯周組織の反応性について
  • 村岡 宏祐,安蘇 恭子,高橋 美帆,田代 芳之,久保田 浩三,横田 誠
  • 日本歯周病学会会誌 42(秋季特別号), 117, 2000-09-25
  • NAID 110004011500
  • 糖尿病を伴う高血圧症・不整脈患者に発症したニフェジピン性歯肉増殖症の治療経過 : 術後2年経過の1症例
  • 野村 典生,菅 武雄,山本 健,新井 高,森戸 光彦
  • 老年歯科医学 = Japanese journal of gerodontology 15(1), 58-63, 2000-07-31
  • NAID 10013173166
  • D認-2 初期治療で改善したニフェジピン性歯肉増殖症の一例
  • 佐藤 香
  • 日本歯周病学会会誌 38(秋季特別号), 206-207, 1996-09-05
  • NAID 110003991067

関連リンク

ニフェジピン: 主に前歯部歯肉乳頭に発生し、舌・口蓋部へと進行していく。プラーク コントロールが良好であれば歯肉増殖は抑えられる。重度の場合は歯肉切除術を行う。 高血圧症、狭心症の治療薬であるカルシウム拮抗薬 ...
歯科辞書用語『ニフェジピン性歯肉増殖症(ニフェジピンセイシニクゾウショクショウ)』の 解説を行ないます.

関連画像

 拮抗薬による歯肉増殖症薬物性歯肉増殖症 は薬の


★リンクテーブル★
リンク元gingival hyperplasia induced by nifedipine
関連記事ニフェジピン」「歯肉増殖症」「歯肉」「増殖」「

gingival hyperplasia induced by nifedipine」

  [★] ニフェジピン性歯肉増殖症

ニフェジピン」

  [★]

nifedipine
アダラート AdalatエマベリンセパミットヘルラートProcardiaアタナールアテネラートカサンミルカサンミルSキサラートケパクルコバニフェートコバラートコリネールシオペルミントーワラートニフェスローニフェラートニフェランタンニレーナラミタレート
カルシウム拮抗薬血管拡張剤

分類

  • カルシウム拮抗薬

薬理作用

  • 血管平滑筋の弛緩
  • 末梢血管を弛緩させる。国試的には心筋に対する作用はなく、心抑制を心配せず使用できる。

適応

  • 本態性高血圧症、腎性高血圧症 (コバラートL錠20mg)
  • 高地肺水腫の原因となる肺高血圧に対して。(SQ.509)



歯肉増殖症」

  [★]

gingival hyperplasia
歯肉肥大症 gingival hypertrophy歯肉増殖
歯肉歯肉肥厚歯肉肥大症 gingival hypertrophy歯肉異常増殖gingival overgrowth

原因

  • 遺伝
  • 内分泌異常
  • 薬剤性


歯肉」

  [★]

gum (Z)
gingiva (Z)
歯齦


臨床関連


増殖」

  [★]

proliferation, growth
繁殖
過形成肥大



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡