トゥレット症候群

出典: meddic

Tourette syndrome, Tourette's syndrome
Tourette症候群ジル・ドゥ・ラ・トゥレット症候群 Gilles de la Tourette syndrome、トゥレット病、Gilles de la Tourette症候群
トゥレット障害チック障害



概念

  • 一年以上持続する多発性運動チック、音声チックで、青年期に増悪、成人期まで続く。

疫学

  • 頻度:1000人の児童に対して0.5-1人 (PSY.298)

病因

  • 遺伝的要因の関与が強い
  • 尾状核が関連?

病態

  • 緊張するとチックが増悪する。
  • チックを抑えようと緊張するが、これにより意に反してチックが増悪・反復する。

症状

治療

  • 薬物治療

治療上の注意

  • チック行動を指摘してはいけない

国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/25 14:14:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • トゥレット症候群の子どもを持つ母親の心理過程 : 体験理解に基づいた援助を目指して
  • 症例 トゥレット症候群を伴う強迫性障害の臨床像と治療 : Blonanserinを用いたSSRI強化療法を中心に
  • 山西 恭輔,荒井 克純,林田 和久 [他]
  • 精神科 20(3), 326-332, 2012-03-00
  • NAID 40019208331
  • 小児のトゥレット障害における Shapiro のトゥレット症候群重症度尺度を用いた重症度評価
  • 星加 明徳,荒田 美影,海老原 亜貴子
  • 小児の精神と神経 51(2), 177-182, 2011-06-30
  • NAID 10029063543

関連リンク

トゥーレット障害(トゥーレットしょうがい)またはトゥーレット症候群とは、チックという一群 の神経精神疾患のうち、音声や行動の症状を ... ジル・ド・ラ・トゥレット症候群とも 呼ばれるが最近は米国精神医学会(APA)による診断基準DSM-IV-TRや国際疾病分類 第10 ...
トゥレット症候群の発症の平均年齢は7歳前後とされ、ほとんどの例が14歳までに発症 する。発症時の症状で最も多いものは、まばたきなどの目の運動チックであり、次が頭 や顔の運動チックである。音声チックで発症する例はより少ない。運動チックは、頭部 から ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問105D035」「103A044
リンク元身体表現性障害」「チック」「TS」「Gilles de la Tourette症候群」「Gilles de la Tourette's syndrome
関連記事症候群」「」「症候

105D035」

  [★]

  • 15歳の男子。不登校を心配した母親に伴われて来院した。10歳時に急に首を傾けたり、顔をしかめたり、咳払いや「オッ」という声を発作的に発したりするようになった。自分では制御できずに卑猥な言葉も発するようになった。緊張すると顔しかめや発声の発作が増えるため 学校では奇異な目で見られいじめられた。 2年前から欠席が目立ち始め、1か月前から不登校となった。身体所見に異常を認めない。尿、血液および血液生化学所見に異常を認めない。頭部CTと脳波とに異常を認めない。
  • 治療薬として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105D034]←[国試_105]→[105D036

103A044」

  [★]

  • 10歳の男児。身体が勝手に動くことを主訴に両親に伴われて来院した。学校でいじめを受けたことを契機に数か月前から頸を急速に右側に回旋させたり、両肩をすくめたり、全身をびくっとさせたりする運動が始まった。鼻すすりや咳払いのほか、大きな声を突然出すこともある。これらは日に何十回と起きるが、一定時間は随意的に抑制できる。脳波検査で突発波は認めない。
  • 治療薬として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103A043]←[国試_103]→[103A045

身体表現性障害」

  [★]

somatoform disorder, somatoform disorders
ICD-10
F45
疼痛性障害身体化障害身体化神経性障害 neurotic disorders
解離性障害(F44.-)、抜毛(F98.4)、舌たらず(F80.0)、舌もつれ(F80.8)、爪かみ(F98.8)、他に分類される障害あるいは疾患と関連した心理的あるいは行動的要因(F54)、指しゃぶり(F98.8)、チック障害(F95.-)、トゥレット症候群(F95.2)、抜毛症(F63.3)
  • 診察や検査所見は繰り返し陰性で症状には身体基盤はないという医師の保証にもかかわらず、さらなる医学的検索を執拗に要求すると共に繰り返し身体症状を訴えるもの。


F45.0

身体化障害

F45.1

鑑別不能型[分類困難な]身体表現性障害

F45.2

心気障害

F45.3

身体表現性自律神経機能不全

F45.30

  • 心臓および心血管系

F45.31

  • 上部消化管

F45.32

  • 下部消化管

F45.33

  • 呼吸器系

F45.34

  • 泌尿生殖器系

F45.38

  • 他の器官あるいは系

F45.4

持続性身体表現性疼痛障害

F45.8

他の身体表現性障害

F45.9

身体表現性障害,特定不能のもの


チック」

  [★]

tic
チック障害 tic disorderチック症
運動性チック音声チック一過性チックトゥレット症候群 Tourette's syndrome




  • 種類:一過性チック、音声チック、運動チック、Tourette症候群
  • 男児に多い
  • 一時的に、随意的に止めることができる。
  • 睡眠中は出現しない。
  • 脳波上異常はない
  • ハロペリドールが有効。
  • 運動チック

参考

  • 1. Tic disorders - Encyclopedia of Mental Disorders
[display]http://www.minddisorders.com/Py-Z/Tic-disorders.html


TS」

  [★]


Gilles de la Tourette症候群」

  [★] トゥレット症候群ジル・ドゥ・ラ・トゥレット症候群

Gilles de la Tourette's syndrome」

  [★] トゥレット症候群ジル・ドゥ・ラ・トゥレット症候群

症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡