ツェンカー憩室

出典: meddic

Zenker's diverticulum、Zenker's diverticula、Zenker diverticulum、Zenker diverticula
ツェンケル憩室 Zenker憩室咽頭食道憩室 pharyngoesophageal diverticulum咽頭憩室
憩室仮性憩室食道憩室
[show details]
  • 図:RNT.199

まとめ

  • 圧出性憩室、仮性憩室:上部食道括約筋である輪状喉頭筋の弛緩と咽頭の収縮の協調不全の結果、食道入口部の内圧が上昇し粘膜が脱出。

概念

  • 咽頭食道移行部後壁の食道筋層の抵抗減弱部から圧出して生じた憩室(圧出性憩室)。筋層を欠く(仮性憩室)。(SSUR.449)
  • 成因:上部食道括約筋である輪状咽頭筋の弛緩と喉頭の弛緩の強調不全の結果、食道入口部の内圧が上昇し粘膜が脱出する。(SSUR.449)
  • Killian三角とよばれる筋層が薄い部分から粘膜が圧出される。

症状

SSUR.449
Zenker憩室は入口の狭い嚢状の構造のため、飲食物が貯留しやすいうえ、咽頭や喉頭に近いため、他の憩室に比べて症状が出やすい。
  • 咽頭部の違和感、咳、逆流など。

診断

  • 食道X線写真造影検査:側面像で食道の背側に突出する嚢状構造。(SSUR.449)

治療

SSUR.449
  • 憩室切除
  • 憩室のつり上げ固定
  • 輪状咽頭筋切開術:食道入口部の内圧を下げるため。



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

症状を起こすものに、食道の入口にある憩室(ツェンカー憩室)があります。憩室内に 食物が入り、袋が大きくなって食道を圧迫し、食物が飲み込みづらくなったり、つかえる 感じがあります。また、袋のなかに食物が入ったまま横になると、食物が逆流して誤嚥 ...
食道憩室には、(1)咽頭憩室またはツェンカー憩室、(2)食道中部憩室または牽引(けん いん)憩室、(3)横隔膜上憩室、という3つのタイプがあります。原因はそれぞれ異なり ますが、食道けいれんやアカラシアなどの病気でみられるような、嚥下と筋肉弛緩の協調 ...


★リンクテーブル★
先読み仮性憩室
リンク元食道憩室」「キリアン三角」「咽頭憩室
関連記事憩室」「

仮性憩室」

  [★]

pseudodiverticululm
偽憩室憩室様膨隆 sacculation
大腸憩室大腸憩室
[show details]


-偽憩室


食道憩室」

  [★]

esophageal diverticulum
咽頭食道憩室圧出性憩室


概念

  • 食道壁が嚢状に突出した状態。

分類

SSUR.449

成因

  • 牽引性憩室 traction diverticulum
  • 圧出性憩室 pulsion diverticulum

組織学的

  • 真性憩室 true diverticulum
  • 仮性憩室 false diverticulum

部位別

  • 下咽頭部:ツェンカー憩室 咽頭食道憩室:圧出性憩室、仮性憩室:上部食道括約筋である輪状喉頭筋の弛緩と咽頭の収縮の協調不全の結果、食道入口部の内圧が上昇し粘膜が脱出。
  • 中部食道:中部食道憩室:牽引性憩室、真性憩室:炎症で縦隔リンパ節が食道壁と癒着し、次いで起こる瘢痕性収縮で食道壁が牽引されて生じる。
  • 横隔膜上:横隔膜上憩室:圧出性憩室、    :下部食道の過剰収縮や下部食道括約筋の弛緩不全により横隔膜直上部の食道内圧が上昇し、食道粘膜が圧出することで生じる。

検査

  • 胸部X線写真と内視鏡


胸部X線造影

内視鏡

国試



キリアン三角」

  [★]

Killian triangle
Killian三角キリアン披裂 Killian dehiscence Killian's dehiscence
ツェンカー憩室
[show details]



咽頭憩室」

  [★]

pharyngeal diverticulum
ツェンカー憩室咽頭食道憩室


憩室」

  [★]

diverticulum




室」

  [★]

ventricleventriculusventriculiventricular
心室心室性脳室




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡