チミジンキナーゼ

出典: meddic

thymidine kinaseTK


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 食肉検査で牛白血病と診断された症例の血清チミジンキナーゼ活性
  • 猪熊 壽,成澤 昭徳
  • 獣医畜産新報 64(7), 578-580, 2011-07
  • NAID 40018907569
  • 血清チミジンキナーゼ活性の測定により早期摘発した地方病性牛白血病罹患牛の1例
  • 坂本 礼央,大林 哲,古林 与志安,松本 高太郎,石井 三都夫,猪熊 壽
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(3), 191-193, 2010-03-20
  • NAID 10026516446

関連リンク

チミジンキナーゼ(TK)はDNA合成において回収経路に作用する酵素すなわち ThymidineがDNA代謝に組み入れられる時点でthymidine monophosphateに変換 させる働きを担当している酵素であり,細胞の分裂増殖の指標のひとつと考えられている 。意義として ...
代謝 · チミジンキナーゼ ... 細胞内に入ると、サイトメガロウイルスのORF UL97の産物で あるキナーゼもしくは単純ヘルペスウイルス・水痘帯状疱疹ウイルスのチミジンキナーゼ の作用によりガンシクロビル5'-三リン酸までリン酸化されると、これはDNAポリメラーゼ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元アシクロビル」「TK」「thymidine kinase
関連記事チミジン」「キナーゼ

アシクロビル」

  [★]

acyclovir, ACV
アシクログアノシン acycloguanosine
アイラックスアクチオスアクチダスアシクリルアシクロビンアシビルアシロミンアストリックエアーナースグロスパールクロベートゾビクロビルゾビラックスナタジールビクロックスビゾクロスビルヘキサルビルレクスファルラックスベルクスロン
抗ウイルス薬ウイルス
  • 抗ヘルペス薬
  • グアノシンの誘導体で、糖の2'と3'を欠き、非環状となっている。

作用機序

  • アシクロビルはHSVやVZVがコードするチミジンキナーゼによりアシクロビル一リン酸となる。次に宿主由来のチミジンキナーゼによりアシクロビル二リン酸、アシクロビル三リン酸となる。ウイルスDNAポリメラーゼによりアシクロビル三リン酸が取り込まれると、3'-OHを欠くためにDNA合成反応が停止する。これによりウイルスの増殖を抑制する。
  • 宿主細胞のチミジンキナーゼはACVを一リン酸化できないので、非感染細胞ではDNA合成阻害は起こらない。

適応

  • 単純ヘルペスウイルス感染症
  • 水痘・帯状疱疹ウイルス感染症
予防のためには投与は適応外である。
サイトメガロウイルスには無効である

注意

副作用




TK」

  [★]

チミジンキナーゼ

thymidine kinase


thymidine kinase」

  [★]

チミジンキナーゼ

TK

チミジン」

  [★]

thymidine, dThd
1-(2-デオキシ-β-D-リボフラノシル)-5-メチルウラシル 1-(2-deoxy-β-D-ribofuranosyl)-5-methyluracil、デオキシチミジン deoxythymidine dTチミンデオキシリボシドthymine deoxyriboside]] TdR
チミン



キナーゼ」

  [★]

kinase
カイネースリン酸化酵素 phosphoenzyme phosphotransferase




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡