タココンブ

出典: meddic

フィブリノゲントロンビンアプロチニンコラーゲン


和文文献

  • 治療に難渋した髄液漏の一治験例
  • 福田 良嗣,篠崎 義雄,小川 潤,磯貝 宜広,吉田 進二,渡邊 隆一,西脇 徹
  • 静岡赤十字病院研究報 = Journal of Japanese Red Cross Shizuoka Hospital 31(1), 35-40, 2012-03
  • … 我々は,砂時計腫の摘出術後に発生した難治性の髄液漏に対し,タココンブを使用し根治し得た1例を経験した.症例は29歳女性.症状は両下肢痛で,腰椎Magnetic Resonance ImagingでL3/4の脊柱管内から右L4/5椎間孔外にかけ進展した砂時計腫を認め,後方進入により腫瘍摘出術を施行した.腫瘍は硬膜を穿破していたため,硬膜の一部と共に摘出し,硬膜欠損部は人工硬膜で修復した.病理診断は神経鞘腫であった.術後,腰下肢痛は …
  • NAID 120004211723
  • PP-365 腹腔鏡下腎部分切除術におけるシート状フィブリン接着剤の有用性に関する検討 : タココンブの使用により腎実質縫合操作を回避することは可能か?(発表・討論,第98回日本泌尿器科学会総会)
  • 河 源,吉田 健志,井上 貴昭,福井 勝也,駒井 資弘,川端 和史,木下 秀文,松田 公志
  • 日本泌尿器科學會雜誌 101(2), 460, 2010-02-20
  • NAID 110007868805

関連リンク

2008年7月6日 ... タココンブは、出血を止めたり、傷を埋めるためのタンパク質などでできていて、シート状 の形をしています。タココンブの成分の中でも、フィブリノゲン、トロンビンは、人の血液を 固まらせるメカニズムに関わる重要なタンパク質です。 タココンブの ...
CSLベーリング株式会社のタココンブ[9.5cm×4.8cm](その他の治療を主目的としない 医薬品)、一般名ヒトフィブリノゲン(Fibrinogen) トロンビン(Thrombin) アプロチニン( Aprotinin) の効果と副作用、写真、保管方法等を掲載。

関連画像

イメージ 1ヘッダー画像NOVAレッスンで会ったtakoさんの タココンブ組織接着用シート タココンブ組織接着用シート タコ コンブ n ベリプラスト p

添付文書

薬効分類名

  • シート状生物学的組織接着・閉鎖剤

販売名

  • タココンブ組織接着用シート 9.5cm×4.8cm(レギュラーサイズ)

組成

有効成分:ヒトフィブリノゲン

  • 含量(1cm2中) 5.5mg
    備考 ヒト血液由来成分
    採血国:米国、オーストリア、ドイツ
    採血方法注):非献血

有効成分:トロンビン画分

  • 含量(1cm2中) 1.38単位
    (トロンビンとして)
    備考 ウシ血液由来成分

有効成分:アプロチニン

  • 含量(1cm2中) 128単位(KIE)
    備考 ウシ肺抽出物

支持体:ウマコラーゲン

  • 含量(1cm2中) 1.65mg
    備考 ウマ深部指状
    屈筋腱由来成分

添加物

  • ヒトアルブミン(ヒト血液由来成分、採血国:米国、オーストリア、ドイツ、採血方法:非献血)、L‐アルギニン塩酸塩、リボフラビン、クエン酸ナトリウム水和物、塩化ナトリウム

禁忌

(次の患者又は部位には使用しないこと)

  • 本剤の成分又はウシ血液を原料とする製剤(トロンビン、フィブリノリジン、幼牛血液抽出物等)、ウシ肺を原料とする製剤(アプロチニン等)、ウマ血液を原料とする製剤(抗ヒトリンパ球ウマ免疫グロブリン、抗ヒト胸腺細胞ウマ免疫グロブリン、乾燥まむしウマ抗毒素等)に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 下記の製剤による治療を受けている患者
    凝固促進剤(臓器抽出製剤、蛇毒製剤)、抗線溶剤、アプロチニン製剤〔「相互作用」の項参照〕
  • 皮膚切開部〔皮膚縁の癒合を妨げるおそれがある。〕
  • メタクリル系接着剤(例:骨セメント等)によって補綴剤と接着する骨表面〔微線維性コラーゲン製剤で、骨の海綿構造を塞ぐため、メタクリル系接着剤の結合力を弱める可能性があるとの報告がある。〕


効能または効果

  • 肝臓外科、肺外科、心臓血管外科及び産婦人科領域における手術時の組織の接着・閉鎖
    (ただし、縫合あるいは接合した組織から血液、体液又は体内ガスの漏出をきたし、他に適切な処置法のない場合に限る。)


  • 接着・閉鎖部位の血液、体液をできるだけ取り除き、本剤を適切な大きさにし、乾燥状態のままあるいは生理食塩液でわずかに濡らし、その活性成分固着面を接着・閉鎖部位に貼付し、通常3〜5分間圧迫する。


慎重投与

(次の患者又は部位には慎重に使用すること)

  • 重篤な肝障害、汎発性血管内凝固症候群(DIC)が考えられる病態を有する患者〔本剤の成分が、血管内に流入した場合、血栓の形成あるいはDIC状態を悪化させるおそれがある。〕
  • 溶血性・失血性貧血の患者〔ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、発熱と急激な貧血を伴う重篤な全身症状を起こすことがある。〕
  • 免疫不全症患者・免疫抑制状態の患者〔ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、持続性の貧血を起こすことがある。〕
  • 視神経及び視束交叉の周囲〔圧迫により視力障害を起こす可能性がある。〕


重大な副作用

ショック

  • ショックを起こすおそれがあるので、観察を十分に行い、血圧低下、呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹等の症状が認められた場合には直ちに適切な処置を行うこと。


薬効薬理

  • 本剤は血液凝固系の最終段階を模倣する。本剤が出血面もしくは体液に接すると、フィブリノゲンとトロンビンが反応してフィブリンが生成する。生成したフィブリンは、直ちに重合を起こし、安定なフィブリン塊となり、組織を接着・閉鎖する。アプロチニンは、形成されたフィブリン塊がプラスミンにより溶解されるのを阻害する。
  • 正常ラット肝臓出血モデル及び凝固能低下ラットを用いた肝臓出血モデルにおいて、本剤は止血効果を示した12)
  • ラット肝臓創部モデルにおいて、本剤は接着効果を示した13)
  • イヌ肺air leakageモデルにおいて、本剤はair leakageの閉鎖効果を示した13)
  • ウサギ頸動脈穿孔モデルにおいて、本剤は止血効果を示した14)


有効成分に関する理化学的知見

ヒトフィブリノゲン

成分の由来

  • ヒトの血液を原料としている。〔ウイルス安全対策については「使用上の注意2.重要な基本的注意」の項参照〕

ウイルス不活化処理方法とその対象ウイルス名並びに不活化確認方法

  • 製造工程においてウイルスの不活化を目的としてパスツリゼーション処理(60℃、20時間液状加熱処理)を施している。本処理を含む製造工程で、HIV(RNAウイルス)、単純ヘルペスウイルス(外被を持つDNAウイルス)、ポリオウイルス(外被を持たないRNAウイルス)、ウシウイルス性下痢ウイルス(HCVのモデル)が不活化されることを、培養細胞を用いた試験において確認している。しかし、ウイルス等の感染性を完全に否定できない。

トロンビン画分

成分の由来

  • ウシの血液を原料としている。

アプロチニン

成分の由来

  • ウシの肺を原料としている。

ウマコラーゲン

成分の由来

  • ウマ深部指状屈筋腱を原料としている。

製剤

  • 最終製剤には滅菌処理として60Coによるγ線照射を施している。なお、滅菌処理による性状の変化は認められていない。


★リンクテーブル★
先読みフィブリノゲン」「コラーゲン」「アプロチニン
リンク元リボフラビン」「他に分類されない治療を主目的としない医薬品」「トロンビン」「ウマコラーゲン」「トロンビン画分
関連記事タコ

フィブリノゲン」

  [★]

fibrinogen, Fbg Fib
凝固第I因子 第I因子 factor Iフィブリノーゲン線維素原
フィブリノゲンHT
フィブリン血液凝固因子血液凝固
  • トロンビンより分解を受け、フィブリンモノマーを生じる。
  • 肝臓で産生さて、血漿中に存在
  • 340kDa
  • 血中半減期:3-4日

機能

分解されるまでの過程

  • フィブリンやフィブリノゲンはプラスミンにより分解されフィブリン/フィブリノゲン分解産物(FDP)となり、網内系で処理される。

フィブリノゲンの量に影響を与える要素

減少

  • 産生の低下
  • 出血に対する止血による消費
  • プラスミンによる分解な

増加

  • (急性相反応性物質)炎症(感染症など)、悪性腫瘍
  • 妊娠

フィブリノゲンの解釈

低値

  • 先天性疾患(先天性の低フィブリノゲン血症、フィブリノゲン異常症、無フィブリノゲン血症)
  • 後天性疾患(重症肝臓疾患:産生低下、播種性血管内凝固(DIC):消費亢進)

高値

  • 妊娠?



コラーゲン」

  [★]

collagen
膠原
  • first aid step1 2006 p.85,86,114,288,291,292,301,306,319,321,385,427

遺伝子

  • COL1A1 17q22
  • COL1A2 7q22.1
  • COL2A1 12q13
  • COL11A2 6p21.3
これらの遺伝子の変異による結合組織疾患はdominant negative mutationである。

臨床関連

コラーゲンの種類

  • HIS.97 NDE.5
  場所
I型コラーゲン 狭義の結合組織象牙質セメント質に存在
II型コラーゲン 硝子軟骨弾性軟骨
III型コラーゲン 細網線維
IV型コラーゲン 基底板の緻密板を作る
V型コラーゲン I型コラーゲンと関連。胎盤に存在
VII型コラーゲン 基底板細網線維に付着。anchoring fibril
XVII型コラーゲン ヘミデスモソーム基底板を連結

生合成



アプロチニン」

  [★]

aprotinin
セリンプロテアーゼセリンプロテアーゼ阻害薬


リボフラビン」

  [★]

riboflavin
リボフラビン酪酸エステルリボフラビンリン酸エステルナトリウム
K.C.L.KCLKCL補正液M.V.I.M.V.I.-12キットアスパラギン酸カリウムアミノレバンEN配合エルネオパ1号輸液エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッドオーツカMVカオルトーンカルスロットカルバジンサブビタンシーパラシナール配合セファクロルダイメジン・マルチタココンブタコシールツインラインNF配合ツインライン配合ネオM.V.I.-9ネオパレン1号輸液ネオラミン・マルチVノイロビタン配合ハイボンバイラブパンビタン末ビスラーゼビタジェクトビタダン配合ビタマル配合ビタミンB2、ビタミンB2、ビフロキシン配合フェニルアラニン除去ミルク配合、フルカリック1号輸液、プレビタSヘパンED配合ホスフランマニカロットマニジップマニジピン塩酸塩マルタミンミノマイシンラコールNF配合ラコール配合リボビスロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ワッサーV配合ワルファリンカリウム強力ビスラーゼ末
ビタミンB2
ビタミンB剤


他に分類されない治療を主目的としない医薬品」

  [★]

商品

トロンビン」

  [★]

thrombin
第IIa因子 factor IIa、F IIa、フィブリノゲン分解酵素 fibrinogenase
アナクトアンスロビンタココンブタコシールノイアートノンスロンベリプラストPボルヒール
血液凝固因子、Thrombinar, Thrombogen, Thrombostat



ウマコラーゲン」

  [★]

タココンブタコシール


トロンビン画分」

  [★]

タココンブタコシール

タコ」

  [★]

octopus
八腕目




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡