ソルビトール加乳酸リンゲル液

出典: meddic

D-sorbitol-lactated Ringer solution
ソリタS、ソルラクトSラクテックGラクトリンゲルS


関連リンク

ソルビトール加乳酸リンゲル液. 〔効〕循環血液量・組織間液の減少時における細胞外液 の補給・補正,代謝性アシドーシスの補正,エネルギーの補給. 〔用〕(注)1回500~ 1000mLを点滴静注.D-ソルビトールとして0.5g/kg/時以下. 〔禁〕乳酸血症,遺伝性果糖 不耐症 ...
糖質・電解質輸液. (5%ソルビトール加乳酸リンゲル液). 【禁忌(次の患者には投与 しないこと)】. ⑴ 高乳酸血症の患者[症状が悪化するおそれがある。] ⑵ 遺伝性果糖不 耐症の患者[ソルビトールが体内で代謝. されて生成した果糖が正常に代謝されず、低 血糖 ...

関連画像

ルビ トール 加 ソルラクト s 加 乳酸 リンゲル液 価格 1 袋 医療法人社団 緑祐会 永野病院  ソルビトール加乳酸リンゲル液 ソルビトール加乳酸リンゲル液 リンゲル液 ソ ルビ トール 加

添付文書

薬効分類名

  • 糖質・電解質補給輸液剤

販売名

ニソリ・S注

組成

容量

  • 500mL

成分・含量(1瓶中)

  • 日局 塩化ナトリウム:3.0g
    日局 塩化カリウム:0.15g
    日局 塩化カルシウム水和物:0.1g
    乳酸ナトリウム:1.55g
    日局 D-ソルビトール:25.0g

禁忌

  • 高乳酸血症の患者〔症状が悪化するおそれがある。〕
  • 遺伝性果糖不耐症の患者〔ソルビトールが体内で代謝されて生成した果糖が正常に代謝されず、低血糖症等が発現し、肝不全や腎不全が誘発されるおそれがある。〕

効能または効果

  • 循環血液量及び組織間液の減少時における細胞外液の補給・補正、代謝性アシドーシスの補正、エネルギーの補給
  • 通常成人、1回500〜1000mLを点滴静注する。
    投与速度は、通常成人D-ソルビトールとして1時間あたり0.5g/kg体重以下とする。
    なお、年齢、症状、体重により適宜増減する。

慎重投与

  • 腎不全のある患者〔水分、電解質の過剰投与に陥りやすく、症状が悪化するおそれがある。〕
  • 心不全のある患者〔循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化するおそれがある。〕
  • 重篤な肝障害のある患者〔水分、電解質代謝異常が悪化するおそれがある。〕
  • 高張性脱水症の患者〔本症では水分補給が必要であり、電解質を含む本剤の投与により症状が悪化するおそれがある。〕
  • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者〔水分、電解質の過負荷となり、症状が悪化するおそれがある。〕

重大な副作用

※※過敏症

(頻度不明)

  • 紅斑、蕁麻疹、そう痒感

大量・急速投与

(頻度不明)

  • 肺水腫、脳浮腫、末梢の浮腫


★リンクテーブル★
先読みラクテックG
リンク元D-sorbitol-lactated Ringer solution
関連記事リンゲル液」「リン」「乳酸」「ソルビトール」「

ラクテックG」

  [★] 塩化カルシウム水和物

D-sorbitol-lactated Ringer solution」

  [★] ソルビトール加乳酸リンゲル液

リンゲル液」

  [★]

Ringer solution Ringer's solution, Ringer injection
solutio Ringeri, natrii chlonidi injectio composita
リンガー液リンゲル溶液Ringer液Ringer溶液
アルスロマチックニソリMニソリ・SニソリペロールラクトリンゲルリナセートヴィーンFヴィーンD


組成

  • 本剤は1容器(500mL)中に次の成分を含有する注射液である。
  • 塩化ナトリウム 4.3g
  • 塩化カリウム 0.15g
  • 塩化カルシウム水和物 0.165g

電解質濃度

  • Na+ 147mEq/L
  • K+ 4mEq/L
  • Ca2+ 4.5mEq/L
  • Cl- 155.5mEq/L

性状

  • 本剤は、無色澄明の注射液である。
  • pH 約6.4(製造直後の平均実測値)、5.0~7.5(規格値)

浸透圧比

  • 約1(生理食塩液に対する比)

参考

  • リンゲル液「オーツカ」(500mL瓶)/ *リンゲル液「オーツカ」(500mL袋)
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3319539A1023_1_05/3319539A1023_1_05?view=body


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





乳酸」

  [★]

lactate, lactate acid (K), lactic acid
acidum lacticum
2-ヒドロキシプロピオン酸 2-hydroxypropionicacid、α-オキシプロピオン酸 α-oxypropionic acid
乳酸デヒドロゲナーゼ


CH3-CH(OH)-COOH

基準値

  • 1–2 mmol/L, 10–20 mg/dL (HIM.Appendix)



ソルビトール」

  [★]

sorbitol
グルシトール glucitolソルビット sorbit
ウロマチック、(D-マンニトール)マンニットール、(5%D-ソルビトール加乳酸リンゲル液)ニソリ
D-ソルビトール D-sorbitol



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡