ストリングサイン

出典: meddic

string sign
肥厚性幽門狭窄症


1. 肥厚性幽門狭窄症/乳児肥厚性幽門狭窄症の所見

  • 上部消化管造影(透視)で見られる徴候
  • 胃幽門部が肥厚した幽門筋により狭小化して、長さが延長して見える像を指す。
[display]http://www.learningradiology.com/notes/ginotes/hypertrophicstenosispage.htm
[display]http://radiology.rsna.org/content/227/2/319/F12.expansion.html
[display]http://med.plig.org/20/92.html



2. クローン病の注腸造影の所見

[display]http://www.msdlatinamerica.com/ebooks/FundamentalsofDiagnosticRadiology/sid402043.html
[display]http://emedicine.medscape.com/article/367666-overview



-string sign


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ストリングサイン. 出典: meddic. 移動: メニュー, 検索. □. 英: string sign; 関: 肥厚性 幽門狭窄症. 1. 肥厚性幽門狭窄症/乳児肥厚性幽門狭窄症 ... リンクテーブル☆. 先読み, 「肥厚性幽門狭窄症」. 関連記事, 「リン」「サイン」「リング」「トリ」. 「肥厚性幽門 狭窄症」 ...
グラフトのびまん性狭窄(血管造影上の「ストリングサイン(string sign)」)が認められた のは,橈骨動脈グラフトで 7.0%,伏在静脈グラフトではわずか 0.9%であった(P= 0.001).本来の血管に重度の狭窄がないことは,橈骨動脈グラフトの閉塞やグラフトの ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み肥厚性幽門狭窄症
リンク元ストリング・サイン」「string sign
関連記事リン」「サイン」「リング」「トリ

肥厚性幽門狭窄症」

  [★]

hypertrophic pyloric stenosis
肥厚性幽門狭窄幽門狭窄症


概念

  • 幽門輪状筋の肥厚により幽門部の狭窄、通過障害をきたす。
  • 生後2-3週より胃液、ミルクを嘔吐(無胆汁性)

病因

  • 幽門の輪状筋の肥厚。生後には肥厚は存在せず、徐々に肥厚

疫学

  • 500出生に一人。男児が女児の4-5倍多い (PED.1017)

病態

  • 生後2-3週頃より嘔吐が始まり、回数、量が次第に増加し、1-2週間で噴水状となる(SPE.487)
  • 生後2-4週で発症(PED.1017)

症状

  • 噴水状嘔吐低Clアルカローシス
  • 脱水、電解質異常、低栄養

身体所見

  • 胃: 胃蠕動の亢進
  • 腹部:肥厚した幽門筋は上腹部正中ないし右側に母指頭大の硬い腫瘤として触知:オリーブ状腫瘤

検査

  • 血算、血液生化学、動脈血ガス:低Cl性代謝性アルカローシス、低K血症、脱水による血液濃縮
  • 腹部単純X線:胃の拡張・蠕動亢進、小腸ガスの減少
  • 上部消化管造影検査:肥厚した幽門を認める
  • 腹部超音波検査:細菌は幽門肥厚を直接描出して確定診断できる(PED.1017)
  • doughnut sign:肥厚した幽門輪がlow。粘膜がhigh
  • owl's eye sign:?

診断

  • 身体所見(オリーブ状腫瘤)
  • 検査(超音波:幽門部の筋層の厚さが4mm以上、長さが16mm以上)

治療

参考

  • 1. 写真
[display]http://www.learningradiology.com/notes/ginotes/hypertrophicstenosispage.htm

国試


ストリング・サイン」

  [★] ストリングサイン


string sign」

  [★] ストリングサイン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





サイン」

  [★]

signaturesign
徴候兆候符号


リング」

  [★]

ring
弁輪


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡