スクラルファート

出典: meddic

sucralfate
Carafateアルサルミンオーネスミンシューアルミンツナルミンテイガストビンガスト
  • 攻撃因子抑制剤
  • 抗ペプシン薬。
  • 防御因子増強剤

薬理作用

  • 制酸作用
  • 胃ペプシン抑制作用
  • 潰瘍部位の保護作用

適応

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期

副作用

  • アルミニウム脳症



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/03/31 16:23:27」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ラット胃出血モデルにおけるスクラルファートの胃粘膜出血抑制作用機序の検討
  • 樫村 幸嗣,星野 英一,今井 信雄
  • 実験潰瘍 = ULCER RESEARCH 30(1), 73-78, 2003-05-20
  • NAID 10012090382
  • 緑茶カテキンによる胃内Helicobacter pylori除菌 : スクラルファート吸着緑茶カテキンによる除菌の可能性
  • 高林 ふみ代,三好 稔彦,原田 昇
  • 研究紀要 (16), 85-88, 2002
  • NAID 110004838037

関連リンク

アルサルミンとは?スクラルファートの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 成分(一般名) : スクラルファート 製品例 : アルサルミン錠、アルサルミン細粒90%、アルサルミン内用液10% ...
有効成分スクラルファートが胃痛のもとを直接修復する仕組みを紹介しています。胃痛のもとを直接修復するスクラート胃腸薬のWebサイトです。

関連画像

薬検索】スクラルファート スクラルファート細粒90% スクラルファート内用液10%「日 スクラルファート細粒90 スクラルファート内用液10 スクラルファート顆粒90

添付文書

薬効分類名

  • 胃炎・消化性潰瘍治療剤

販売名

スクラルファート細粒90%「アメル」

組成

有効成分

  • 1g中、日局スクラルファート水和物900mg

添加物

  • 乳糖水和物、メチルセルロース、l-メントール

禁忌

  • 透析療法を受けている患者〔長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症、貧血等があらわれることがある。〕

効能または効果

○胃潰瘍、十二指腸潰瘍

○下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善

  • 急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期
  • 通常、成人1回1〜1.2gずつ、1日3回経口投与する。
    年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 腎障害のある患者〔長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症、貧血等があらわれるおそれがあるので、定期的に血中アルミニウム、リン、カルシウム、アルカリフォスファターゼ等の測定を行うこと。〕
  • リン酸塩の欠乏している患者〔アルミニウムは消化管内でリン酸塩と結合し、その吸収を阻害する。〕

薬効薬理

生物学的同等性試験1)

  • ラットを用いた急性実験潰瘍(Shay潰瘍、n=12)に対して、スクラルファート細粒90%「アメル」及び標準製剤(細粒剤、900mg)をそれぞれ125mg/kg投与し、効力比較を行った。その結果、スクラルファート細粒90%「アメル」と標準製剤は同様に優れた潰瘍抑制効果を示し、両剤間に有意差は認められず、両剤の生物学的同等性が確認された。
    また、ラットを用いた慢性実験潰瘍(酢酸潰瘍、n=11〜12)に対して、スクラルファート細粒90%「アメル」及び標準製剤(細粒剤、900mg)をそれぞれ1.75g/kg、1日1回8日間投与し、効力比較を行った。その結果、スクラルファート細粒90%「アメル」と標準製剤は同様に優れた潰瘍治癒効果を示し、両剤間に有意差は認められず、両剤の生物学的同等性が確認された。

薬効薬理2)

  • 動物実験での酢酸潰瘍及び十二指腸潰瘍において、潰瘍部位に選択的に結合し、保護層を形成して治癒を促進する。このことから消化性潰瘍及び胃炎患者に経口投与することにより、治癒を促進すると考えられる。またラットの胃液ペプシン活性の抑制、制酸作用、再生粘膜の発育促進及び血管増成作用が認められている。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • スクラルファート水和物(Sucralfate Hydrate)

分子式

  • C12H30Al8O51S8・xAl(OH)3・yH2O

性状

  • 白色の粉末で、におい及び味はない。
    水、熱湯、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    希塩酸又は硫酸・水酸化ナトリウム試液に溶ける。


★リンクテーブル★
先読み消化性潰瘍治療薬
リンク元消化性潰瘍用剤」「逆流性食道炎」「スイッチOTC」「sucralfate」「オーネスミン

消化性潰瘍治療薬」

  [★]

antiulcer drug, peptic ulcer remedy, drug for peptic ulcer
消化性潰瘍治療薬


消化性潰瘍用剤」

  [★]

商品


逆流性食道炎」

  [★]

reflux esophagitis
peptic esophagitis
胸骨下痛食道炎バレット食道胃食道逆流症 GERD

概念

  • 胃食道の逆流防止機構が十分に作動せず、胃・小腸内容液の逆流から粘膜傷害をきたした状態(IMD)。
  • 上位の疾患概念に胃食道逆流症 GERDがある。

分類

リスク

  • 肥満、妊娠(腹腔内圧上昇、エストロゲン・プロゲステロンによるLES圧低下)、過食、高カロリー食(チョコレート、和菓子、高脂肪食、餅)・刺激物、食後臥位(3時間以内)、喫煙、アルコール、薬剤(Ca拮抗薬、硝酸薬、テオフィリン)

症状

  • 食道症状:胸焼け、呑酸、嚥下困難
  • 食道外症状:咳嗽、胸骨後部痛、嚥下困難

検査

  • 確定診断のために、食道内24時間pHモニター、食道内圧測定、内視鏡検査が重要。特に食道内24時間pHモニターでpHの低下が証明できなければ、胃食道逆流症は否定的。(QB.A-53)

24-hour pH monitoring

  • pH4以下が一日の10%以上


治療

  • 生活習慣改善指導
  • 食後の就寝禁止、就寝直前の飲食禁止、就寝時Fowler体位
  • 薬物療法:
  • (胃酸分泌抑制)H2受容体阻害薬、プロトンポンプ阻害薬
  • (胃の逆流阻害)消化管運動促進薬  ←  本当?
  • 粘膜保護薬 (QB.A-53)
  • 術後胃で十二指腸液の逆流があるばあいには酸分泌抑制薬は無効であり、メシル酸カモスタットが用いられる。

プロトンポンプ阻害薬

hospitalist vol.2 no.3 2014.9 P.741
  • 血液濃度が低い:腸溶コーティングされたPPIが長時間胃に留まると胃の中で溶解してしまい成分が失活して、血液中濃度が十分に上昇しない場合がある。腸管運動の運動改善薬が有効なことがある。
  • rapid metabolizer:PPIはCYP2C19の代謝を受けるが、遺伝子多形により代謝の速度が異なる(homozygous extensive metabolizer, heterozygous extenstive metabolizer, poor metabolizer)。ランソプラゾールでは多型の影響をうける。エソメプラゾールラベプラゾールは影響が少ない。
  • 胃内環境が酸性でない:PPIの活性化には酸性環境が必要であるが、食後など胃内に大量の食物がある場合には胃酸が希釈されて酸性環境が得られない場合がある。これに対して腸管の運動改善薬や食前内服が等の対策が必要。

胃酸以外の逆流の可能性

国試




スイッチOTC」

  [★]


sucralfate」

  [★] スクラルファート

Carafate

WordNet   license wordnet

「medicine consisting of a tablet (trade name Carafate) used to treat peptic ulcers; said to bind to the ulcer site and coat it」
Carafate


オーネスミン」

  [★] スクラルファート




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡