ジヒドロピリジン

出典: meddic

dihydropyridine
ジヒドロピリジン系

和文文献

  • Ca拮抗薬とATPの抗不整脈作用
  • 小野 克重
  • 心電図 = Electrocardiology 30(1), 3-19, 2010-03-10
  • … は撃発活動に対して顕著にこれを抑制する.抗不整脈作用を有するCa拮抗薬は,ベラパミル(フェニルアルキラミン系)とジルチアゼム(ベンゾチアゼピン系)に限られ,通常降圧剤として用いられるジヒドロピリジン系Ca拮抗薬は血管選択性が強いために心臓作用は期待できない.一方,Vaughan-Williams分類では抗不整脈薬に分類されていないが,アデノシンやATP(アデノシン三リン酸)は受容体を介した心筋細胞外から …
  • NAID 10026410687
  • Mg2+イオン交換クリノプチロライトによる1,4-ジヒドロピリジン類のH2O2酸化及び無溶媒固相エステル酸分解による3,5-ピリジンジカルボン酸の合成
  • 山城 崇,佐藤 寛次,野村 正幸,中田 真一
  • YAKUGAKU ZASSHI 129(10), 1249-1254, 2009
  •   The acid property of alkali and alkali earth cation exchanged clinoptiolites were observed by micro-calorimetry of NH3 adsorption at 200°C. The reaction rates on decomposition of tert-buty …
  • NAID 130000136111
  • 20-P1-087 グレープフルーツジュース相互作用解析 : ジヒドロピリジン系薬剤のメタ解析及び物性相関(薬物相互作用,来るべき時代への道を拓く)
  • 竹内 崇浩,植沢 芳広,竹内 幸一,毛利 公則
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 18, 297, 2008-09-01
  • NAID 110006964050

関連リンク

ジヒドロピリジン系 血管選択性が高く、動脈硬化進展阻止作用もある。動脈の拡張作用が強いため末梢でのうっ血→浮腫。グレープフルーツ(CYP3A4)、イトリゾール、シメチジンで増強。 ジゴシン(P-糖タンパク質)でも増強。
参考文献 使い方 当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。 ジヒドロピリジン 検索 dihydropyridine

関連画像

hantzsch_py_3.gif2007.3.23 掲載)ニフェラートカプセル10mg血漿アルドステロン値___血漿レ

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読みジヒドロピリジン系
リンク元電位依存性カルシウムチャネル」「DHP」「dihydropyridine
拡張検索骨格筋ジヒドロピリジン受容体遺伝子」「骨格筋ジヒドロピリジン受容体」「ジヒドロピリジン受容体」「ジヒドロピリジン環
関連記事リジン」「ジヒドロ」「ピリジン」「ヒドロ

ジヒドロピリジン系」

  [★]

dihydropyridine

電位依存性カルシウムチャネル」

  [★]

voltage-dependent calcium channel, VDCC
電位関門型カルシウムチャネル voltage-gated calcium channel VGCC電位作動型カルシウムチャネル voltage-operated calcium channel VOCC, 電位依存性Ca2+チャネル
イオンチャネル電位依存性イオンチャネル
[show details]



  • α1サブユニット単独でチャネルを形成できる (SP.93)
  • β, γ, α2/δの3種類の副サブユニットはチャネルの機能を修飾する

電位依存性カルシウムチャネルの分類 (SP.93)

α1サブユニット遺伝子 発現組織 阻害薬 閾電位 コンダクタンス
L型 Cav 1.1 骨格筋 ジヒドロピリジンベラパミルジルチアゼム
Cav 1.2 心臓、神経系、内分泌系
Cav 1.3 神経系、内分泌系、内有毛細胞
Cav 1.4 視細胞
P/Q型 Cav 2.1 神経系  
N型 Cav 2.2  
R型 Cav 2.3  
T型 Cav 3.1 神経系、心臓、平滑筋、腎臓、内分泌系  
Cav 3.2  
Cav 3.3  


DHP」

  [★] ジヒドロピリジン dihydropyridine

dihydropyridine」

  [★] ジヒドロピリジン DHP

骨格筋ジヒドロピリジン受容体遺伝子」

  [★]

skeletal muscle dihydropyridine receptor gene
骨格筋ジヒドロピリジン受容体骨格筋ジヒドロピリジンジヒドロピリジン受容体


骨格筋ジヒドロピリジン受容体」

  [★]

skeletal muscle dihydropyridine receptor
骨格筋ジヒドロピリジンジヒドロピリジン受容体

ジヒドロピリジン受容体」

  [★]

dihydropyridine receptor, DHPR
カルシウムチャネル
PT. 284


ジヒドロピリジン環」

  [★]

dihydropyridine ring


リジン」

  [★]

lysine, Lys, K ≠ ricin
リシン
アミノ酸アルギニンヒスチジン
  • 極性、塩基性
  • 側鎖
 -CH2-CH2-CH2-CH2-NH2
   α  β  γ  ε >εアミノ基を有する。即ち、側鎖には炭素が4つ含まれる。
  • ヒストンにLysが豊富なこと、Lysのεアミノ基がアセチル化を受けると正電荷が失われる。-NH-CO-CH3




ジヒドロ」

  [★]

dihydro

ピリジン」

  [★]

pyridine
ピリジン塩基


ヒドロ」

  [★]

hydro
ハイドロ



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡