サリチル酸ナトリウム

出典: meddic

sodium salicylate
GSプラスターCMS温シップMS冷シップPL配合アスピリンアスモロールパップアルミノニッパスカルシウムイージプラスタエアーサロンパスガシクロンカシミタールカシワドールカフコデN配合サイリジンサラザック配合サリチル酸サリチル酸メチルサリチル酸ワセリンサルソニンザルソロイチンザルソロンザルチロンジカベリンジブカルソーシボンNスチックゼノールスピール膏ゼスタックセラピナ配合タイオゼットデスパコーワトーワチーム配合トラベルミン配合トリガインニッパスカルシウムネオザルベリンネオビタカインハーネシップハイシップハウゼマイムパステルハップパステル温感ハップハフトロンピーエイ配合ビーセルファピリツインピレチアヘパルスボーンワックスマイオビューマリキナ配合ミルサート温シップミルサート冷シップメンタームQモービリンヤスラミンヤンヤン温パップヤンヤン冷パップ


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 配管抵抗減少効果に対するサリチル酸ナトリウム/ビス(2-ヒドロキシエチル)メチル(cis-9-オクタデセニル)アンモニウムクロリド系水溶液のモル比の影響
  • 堀内 照夫,真島 利明,吉井 徹,田村 隆光
  • 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry 2001(7), 429-435, 2001-07-10
  • NAID 10011328282
  • 界面活性剤による抵抗低減系における電熱特性に対する円管内部形状の影響
  • 岸本 章,鈴木 洋,薄井 洋基
  • 化学工学論文集 27(3), 347-351, 2001-05-20
  • … 予想される.本報文は,地域冷暖房システムの冷凍機で実際に使用されている伝熱管を用いて,陽イオン系界面活性剤である塩化オレイルビスヒドロキシエチルメチルアンモニウムと対イオンとしてサリチル酸ナトリウムを添加した水溶液の基礎的な伝熱特性を評価した.検討した伝熱管は円管で管内面が平滑のものと螺旋状に溝加工があるものである.伝熱特性評価の結果,内面溝付管で溝ピッチが小さいものは実使 …
  • NAID 10006554112
  • サリチル酸ナトリウムで誘発される局所麻酔増強効果に及ぼすベタメタゾンの影響に関する基礎的研究
  • 三好 美智夫,井元 敏明,日地 康武
  • 米子医学雑誌 50(5), 194-204, 1999-11-00
  • NAID 120001874819

関連リンク

1853年にマールブルク大学のヘルマン・コルベはサリチル酸の構造を解明し、その合成 法を確立した。ナトリウムフェノキシドに高温、高圧(5–6 気圧、125 ℃)で二酸化炭素を 反応させるとオルト位にカルボキシル基が導入されたサリチル酸ナトリウムが合成され ...
1) 本剤の有効成分であるサリチル酸ナトリウムは、経口又は腹腔内投与によるラットの 動物試験で催奇形作用が報告されているので、妊娠及び妊娠している可能性のある 動物には慎重に投与すること。 2) 本剤の有効成分であるサリチル酸ナトリウムは実験 ...

関連画像

サリチル酸ナトリウムサリチル酸 →P.181サリチル酸ナトリウム サリチル酸ナトリウム(粉末 サリチル酸ナトリウムサリチル酸ナトリウム製品写真1

添付文書

薬効分類名

  • 消炎・鎮痛剤

販売名

ジノリン注射液5%

組成

  • 1管(10mL)中:
    サリチル酸ナトリウム………………………500mg
    <添加物>
    亜硫酸水素ナトリウム………………………3mg
    D−ソルビトール…………………………500mg
    pH調整剤

禁忌

  • 本剤又はサリチル酸系化合物(アスピリン等)に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)

効能または効果

症候性神経痛

  • サリチル酸ナトリウムとして、通常成人1回0.5〜1g(本剤1〜2管)を1日1〜数回静脈内注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 本人又は両親・兄弟に他の薬物に対するアレルギー、蕁麻疹、気管支喘息、アレルギー性鼻炎又は食物アレルギー等のある患者
  • 肝又は腎障害のある患者[肝又は腎障害を悪化させるおそれがある]
  • 出血傾向のある患者[血小板機能異常を起こすおそれがある]
  • 消化性潰瘍のある患者[消化性潰瘍を悪化させるおそれがある]
  • 潰瘍性大腸炎の患者、クローン病の患者[これらの症状を悪化させるおそれがある]

重大な副作用

  • ショック ショックがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、胸内苦悶、血圧低下、顔面蒼白、脈拍異常、呼吸困難等があらわれた場合にはただちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、剥脱性皮膚炎 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、剥脱性皮膚炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 再生不良性貧血 再生不良性貧血があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • サリチル酸ナトリウムは、知覚神経末端においてブラジキニンに作用することにより鎮痛効果を示す。また、アラキドン酸カスケードにおいてシクロオキシゲナーゼを阻害しプロスタグランジン合成を抑制することにより、抗炎症効果を示すと考えられている。1)

有効成分に関する理化学的知見


★リンクテーブル★
先読みアスピリン」「サリチル酸メチル」「カフコデN配合」「デスパコーワ」「トーワチーム配合
リンク元ザルソカイン」「シボンN」「sodium salicylate」「カシワドール」「ザルソロイチン
拡張検索アミノサリチル酸ナトリウム
関連記事ナトリウム」「サリチル酸」「トリウム」「」「トリ

アスピリン」

  [★]

aspirin
アスファネート配合イスキア配合サリチゾンゼンアスピリンニチアスピリンニトギス配合バイアスピリンバッサミン配合バファリン配合ファモター配合
アスピリン喘息アセチルサリチル酸 acetylsalicylic acid ASAアスピリン中毒

構造

分類

  • 酸性
  • サリチル酸系
  • 抗炎症薬
  • 抗血栓薬

薬理作用

抗炎症薬

  • 脳の体温調整中枢を抑制して解熱。感覚中枢の興奮を抑制? → 鎮痛 1.5g/day
  • 少量で血小板凝集を低下。血栓、塞栓を予防 → 40-100mg/day
  • 関節リウマチにおける抗炎症には → 3g/day

動態

  • アスピリンは弱酸性。胃でプロトンを放出。大部分は回腸で吸収される。
  • アスピリンは組織、血漿、特に肝臓に存在するエステラーゼにより30分以内にサリチル酸塩となり抗炎症作用を呈する。25%は酸性?、抱合されて排出される。25%は未変化のまま排泄される。アルカリ尿で排泄されやすい。Cox抑制作用は不可逆的アセチル化反応による。持続時間は血漿半減期に関係しない。半減期は短いが、作用は持続することに注意する。

作用機序

注意

禁忌

バイアスピリン錠100mg
  • 1. 本剤の成分又はサリチル酸系製剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 2. 消化性潰瘍のある患者[プロスタグランジン生合成抑制作用により,胃の血流量が減少し,消化性潰瘍を悪化させることがある.(ただし,「慎重投与」の項参照)]
  • 3. 出血傾向のある患者[血小板機能異常が起こることがあるため,出血傾向を助長するおそれがある.]
  • 4. アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[重篤なアスピリン喘息発作を誘発させることがある.]
  • 5. 出産予定日12週以内の妊婦[「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照]
  • 6. 低出生体重児,新生児又は乳児[「小児等への投与」の項参照]
YN.D-34

添付文書

  • バイアスピリン錠100mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3399007H1021_1_13/3399007H1021_1_13?view=body



サリチル酸メチル」

  [★]

methyl salicylate
methylis salicylas
サリチル酸メチル液MS温シップMS冷シップアスモロールイソジンエアーサロンパススチックゼノールハーネシップハイアラージンハイシップパステルミルサート温シップミルサート冷シップメンタームヤンヤン冷パップラクール温シップラクール冷シップ


カフコデN配合」

  [★] ジプロフィリンジヒドロコデインリン酸塩dl-メチルエフェドリン塩酸塩ジフェンヒドラミンサリチル酸塩アセトアミノフェンブロモバレリル尿素

鎮咳剤

デスパコーワ」

  [★] クロルヘキシジン塩酸塩、ジフェンヒドラミンサリチル酸塩、ヒドロコルチゾン酢酸エステル、ベンザルコニウム塩化物液

ジフェンヒドラミン

トーワチーム配合」

  [★] サリチルアミドプロメタジンメチレンジサリチル酸塩(プロメタジン)、アセトアミノフェン無水カフェイン(カフェイン)

総合感冒剤


ザルソカイン」

  [★] カフェインスルピリンプロカインサリチル酸ナトリウムアロバルビタール


シボンN」

  [★] コンドロイチン硫酸エステルナトリウム、サリチル酸ナトリウム

sodium salicylate」

  [★]

サリチル酸ナトリウム

Salicy- late(s)
Salicy- late(s)


カシワドール」

  [★] コンドロイチン硫酸サリチル酸ナトリウム


ザルソロイチン」

  [★] コンドロイチン硫酸サリチル酸ナトリウム


アミノサリチル酸ナトリウム」

  [★]

sodium aminosalicylate


ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


サリチル酸」

  [★]

salicylic acid, salicylate
acidum salicylicum
GSプラスターMS温シップMS冷シップPL配合アスピリンアスモロールアルミノニッパスイージプラスタイソジンガーグルエアーサロンパスガシクロンカシミタールカシワドールカフコデN配合サイリジンサラザック配合サルソニンザルソロイチンザルソロンザルチロンジカベリンジノリンジブカルソーシボンスチックゼノールスピール膏ゼスタックセラピナ配合タイオゼットデスパコーワトーワチーム配合トラベルミン配合トリガインニッパスカルシウムネオザルベリンネオビタカインハーネシップハイアラージンハイシップハウゼマイムパステルハップパステル温感ハップハフトロンピーエイ配合ビーセルファピリツインピレチアヘパルスボーンワックスマイオビューマリキナ配合ミルサート温シップミルサート冷シップメンタームQモービリンヤスラミン
サリチル酸ナトリウム
サリチル酸塩サリチル酸エステル
皮ふ軟化剤(腐しょく剤を含む。)






トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡