コンドロイチン硫酸ナトリウム

出典: meddic

コンドロイチン硫酸

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/08 09:40:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アルシアンブルーとの沈殿形成に基づく錠剤中のコンドロイチン硫酸ナトリウムの定量
  • 舟岡 朋子,谷澤 俊博,室 博之,槙野 正
  • 分析化学 56(3), 173-177, 2007-03-05
  • … 製剤中におけるコンドロイチン硫酸ナトリウムの一般的な定量法としては,従来からカルバゾール・硫酸法(_<D->グルクロン酸含量測定法)が用いられている.しかし,この方法は製剤中からコンドロイチン硫酸ナトリウムを分離するための煩雑なカラム前処理を必要とする.そこで今回種々のコンドロイチン硫酸ナトリウムの定量法の中からアルシアンブルーを用いた方法(AB法)に着 …
  • NAID 110006224697
  • アルシアンブルー8GXを用いるコンドロイチン硫酸ナトリウム/ヒドロキシプロピルメチルセルロース混合物の分別定量
  • 服部 学,有田 淳哉,田淵 照人,小池 茂行,中村 洋
  • 分析化学 52(4), 259-263, 2003-04-05
  • コンドロイチン硫酸ナトリウム及びヒドロキシプロピルメチルセルロースを同時に配合した医薬品について,アルシアンブルー8GXを利用した両成分の分別定量法を開発した.酸性条件下において,アルシアンブルー8GXとコンドロイチン硫酸ナトリウムは,特異的に複合体を形成して沈殿する.沈殿物をアルカリ溶液で溶解させ,その吸光度よりコンドロイチン硫酸ナトリウムを定量した. …
  • NAID 110002905213

関連リンク

総称名 コンドロイチン硫酸ナトリウム 一般名 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 欧文一般名 Chondroitin Sulfate Sodium 製剤名 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム注射液 薬効分類名 コンドロイチン硫酸製剤 薬効分類番号
コンドロイチン硫酸ナトリウムの効果、関節炎に コンドロイチンの効果は、ひざやひじの痛みなど、関節炎を和らげる働きです。 もともと関節の組織には、コンドロイチン硫酸ナトリウム(以下コンドロイチン)が多く含まれていてて ...
コンドロイチン硫酸ナトリウムはヒアルロン酸 などとともに哺乳動物の結合組織に広く分布し,鶏冠,間節液,皮膚,溶血性連鎖球菌でも見いだ される複合糖質のグリコサミノグリカン(ムコ多 糖)の一種である。人体では軟骨,骨 ...

関連画像

ビーバンジョア 薬用UV美白 呉市ひらもと薬店の通信販売有効成分に関する理化学的知見コンドロイチン硫酸ナトリウム】コンドロイチン コンドロイチン硫酸ナトリウム

添付文書

薬効分類名

  • コンドロイチン硫酸製剤

販売名

  • コンドロイチン硫酸ナトリウム注200mg「ハラサワ」

禁忌

  • 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 進行する感音性難聴(音響外傷を含む)、症候性神経痛、腰痛症、関節痛、肩関節周囲炎(五十肩)
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウムとして、通常成人1回20〜300mgを1日1回静脈内又は筋肉内注射する。
    ただし、鎮痛の目的で使用する場合には、経口投与が不可能な場合又は経口剤で効果がみられない場合にのみ使用し、経口投与が可能になった場合には速やかに経口投与に切り替えること。
    なお、静脈内注射は急性症状にのみ使用すること。

慎重投与

  • 薬物過敏症の患者

重大な副作用

ショック

  • (頻度不明):ショック様症状があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

性状

  • 本品は白色〜微黄褐色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおい及び味がある。
    水に溶けやすく、エタノール(95)、アセトン又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    水溶液(1→100)のpHは5.5〜7.5である。
    吸湿性である。


★リンクテーブル★
リンク元他に分類されない代謝性医薬品
関連記事硫酸ナトリウム」「ナトリウム」「トリウム」「コンドロイチン硫酸」「コンドロイチン

他に分類されない代謝性医薬品」

  [★]

商品


硫酸ナトリウム」

  [★]

sodium sulfate
乾燥硫酸ナトリウムアスコルビン酸アストーマアスペノンアプリトーンアモキシシリンアモペニキシンアモリンアルギスタットアルフロシンアレンフラールアンチレクスイソパール・Pイノバンウレパールエカテリシンエクセラーゼエクセラーゼ配合エホチールエルゴメトリンマレイン酸塩オーネスSPオーネスSZオーペグ カズマリンガモファーカラシミンCカルデナリンカルメゾシングルコリンSケイラーゼAケフラールケフレックスゲンタマイシンゲンタロールコスパノンコバマミドコントミンコンドロイチン硫酸ナトリウムジアイナミックスシーシーエルシータックシェトラゾーナジソピラミドスクリット配合セクロダンセフジトレンピボキシルセフジニルセブンイー・PセンセファリンダイメジンスリービーダウンテンシンタフマックEダラシンタンチパン配合テクネMAG3デトキソールトキクロルドキサゾシンドキサゾンドパミン塩酸塩トレキサメットドロキシドパトロキシンニザチジンニトレナールニトロールRニフプラス ニフレック配合ニューロライトネオ・エフラーゼ配合ハイポプロモーション
塩類下剤


ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0


コンドロイチン硫酸」

  [★]

chondroitin sulfate
コンドロンエレジェクトエレメンミックガイシードガシクロンコンドナールサイリジンザルチロンシザナリンシボンハウゼマイムピリツインホモックボルビサールボルビックスメドレニックヤスラミン。(静注)(コンドロイチン硫酸サリチル酸)ロイサールSカシミタールカシロンカシワドールザルソロイチン。(眼科手術補助剤)ディスコビスクビスコート

(点眼液)ムコティアムコファジンムコロイドコンドロンナファコンドロンアイドロイチン

コンドロイチン硫酸ナトリウム sodium chondroitin sulfate
グリコサミノグリカン



コンドロイチン」

  [★]

chondroitin
アイドロイチンエルネオパ1号エレジェクトエレメンミックガイシードガシクロンカシミタールカシロンカシワドールコンドナールコンドロイチンコンドロイチン硫酸ナトリウムコンドロンサイリジンザルソロイチンザルチロンシザナリンNシボンNディスコビスクハウゼマイムバロジェクトビスコートピリツインホモックボルビサールボルビックスミネラミックミネラリンミネリック-4ミネリック-5ムコティアムコファジンムコロイドメドレニックヤスラミンロイサールS硫酸バリウム
コンドロイチン硫酸
  • N-アセチルコンドロシンの重合体




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡