コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム

出典: meddic

コリスチン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/25 12:34:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム(CL-M)の代謝に関する研究--とくに静注投与後の家兎尿中および胆汁中の代謝産物について
  • 安部 勝 [他]
  • 日本化学療法学会雑誌 24(8), p1592-1596, 1976-09
  • NAID 40000004376
  • 尿路感染症に対する静注用コリスチンメタンスルホン酸ナトリウムの応用
  • 高田 道夫 [他]
  • 産婦人科の世界 27(8), p791-795, 1975-08
  • NAID 40001497368

関連リンク

第十六改正日本薬局方 化学薬品等 コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム Colistin Sodium Methanesulfonate [8068-28-8 , コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム] 本品は,コリスチンの誘導体のナトリウム塩である. 本品はコリスチン A メタン ...
コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム製剤の効果、副作用、使用上の注意とは? goo辞書提供の薬検索。約7000の薬剤の情報が名前と識別コードから検索できます。
コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム 参天製薬株式会社 2つの成分が細菌の蛋白合成を阻害、あるいは細胞膜を障害し、増殖を阻害することにより抗菌作用を示します。 通常、結膜炎、角膜炎、眼瞼炎、涙のう炎、麦粒腫(もの ...

関連画像

 コリスチンメタンスルホン酸 コリスチンメタンスルホン酸エコリシン (ラクトビオン酸 目のかゆみや炎症、目やにを コリスチンメタンスルホン酸  コリスチンメタンスルホン酸

添付文書

薬効分類名

  • エリスロマイシン・コリスチン点眼剤

販売名

エコリシン眼軟膏

組成

**有効成分:含量(1g中)

  • エリスロマイシンラクトビオン酸塩:5mg(力価)
    コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム:5mg(力価)(15万単位)

添加物

  • 白色ワセリン、流動パラフィン

禁忌

  • エリスロマイシン、コリスチンに対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

適応菌種

  • エリスロマイシン/コリスチン感性菌

適応症

  • 眼瞼炎、涙嚢炎、麦粒腫、結膜炎、角膜炎(角膜潰瘍を含む)
  • 1日数回点眼する。
  • 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。

薬効薬理

作用機序4)

  • 本剤の抗菌作用を示す作用機序は、それぞれ感受性菌に対するエリスロマイシンのもつ細菌の蛋白合成を阻害する作用と、コリスチンが有する細胞質膜を障害する作用とに基づいている。

抗菌作用

  • エリスロマイシンはin vitroで、グラム陽性菌のブドウ球菌属、肺炎球菌、レンサ球菌属及びジフテリア菌などに強い抗菌力を示し、グラム陰性菌の淋菌、ヘモフィルス・エジプチウス(コッホ・ウィークス菌)及びモラクセラ・ラクナータ(モラー・アクセンフェルト菌)にも抗菌力を有している2)。また、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)にも抗菌作用を示す5)。一方、コリスチンはグラム陰性菌のヘモフィルス・エジプチウス(コッホ・ウィークス菌)やモラクセラ・ラクナータ(モラー・アクセンフェルト菌)のほか、特に緑膿菌に対して強い抗菌作用を示す2)

有効成分に関する理化学的知見

**エリスロマイシンラクトビオン酸塩

一般名

  • エリスロマイシンラクトビオン酸塩(Erythromycin Lactobionate)

略号

  • EM(エリスロマイシン)

化学名

  • (2R,3S,4S,5R,6R,8R,10R,11R,12S,13R)-5-(3,4,6-Trideoxy-3-dimethylamino-β-D-xylo-hexopyranosyloxy)-3-(2,6-dideoxy-3-C-methyl-3-O-methyl-α-L-ribo-hexopyranosyloxy)-6,11,12-trihydroxy-2,4,6,8,10,12-hexamethyl-9-oxopentadecan-13-olide mono(4-O-β-D-galactopyranosyl-D-gluconate)

分子式

  • C37H67NO13・C12H22O12

分子量

  • 1092.22

性状

  • 本品は白色の粉末である。
    本品は水、メタノール又はエタノール(99.5)に溶けやすく、アセトンに極めて溶けにくい。

コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム

一般名

  • コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム(Colistin Sodium Methanesulfonate)

略号

  • CL(コリスチン)

性状

  • 本品は白色〜淡黄白色の粉末である。
    本品は水に溶けやすく、エタノール(95)にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元クロラムフェニコール」「エリコリT」「メタンスルホン酸コリスチン」「colistin sodium methanesulfonate
関連記事ナトリウム」「トリウム」「コリスチン」「リス」「

クロラムフェニコール」

  [★]

chloramphenicol, CP
コハク酸クロラムフェニコールナトリウム
クロロマイセチンサクシネートクロロマイセチン Chloromycetin、(クロラムフェニコールコリスチンメタンスルホン酸ナトリウム)オフサロンコリマイコリナコール。(クロラムフェニコールフラジオマイシンプレドニゾロン)クロマイハイセチンPハイセチン
抗菌薬化膿性疾患用剤


特徴

  • a broad-spectrum bacteriostatic agent ← クロラムフェニコールテトラサイクリン
  • 50SリボソームのA siteに結合してpeptide bond formationを妨げる。
  • 静菌的に作用する。
  • 毒性が強いので、激しい感染症のケース、または局所薬として用いられる。

作用機序

  • リボソームの50Sサブユニットに作用
  • inhibits 50S peptidyltransferase

適応

  • 副作用のためUSでの使用は稀
  • meningitis (Haemophilus influenzae, Neisseria meningitidis, Streptococcus pneumoniae).

禁忌

肝機能や腎機能が未熟なため

副作用

  • 稀であるが、以下のものがある



エリコリT」

  [★] エリスロマイシンラクトビオン酸塩(エリスロマイシン)、コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム(コリスチン)

眼科用剤


メタンスルホン酸コリスチン」

  [★]

colistimethate
コリスチンメタンスルホン酸ナトリウムコリスチメタート

colistin sodium methanesulfonate」

  [★]

  • コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム
colistimethate

ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

コリスチン」

  [★]

colistin CL
colistinum
硫酸コリスチン colistin sulfateコリスチンメタンスルホン酸ナトリウム colistin sodium methane sulfonate
コリマイシンメタコリマイシン。(点眼液、眼軟膏)エコリシンエリコリ(コリスチンエリスロマイシン)。(点眼液、眼軟膏)コリナコールコリマイオフサロン(クロラムフェニコールコリスチン)。コリマイフォーム(フラジオマイシンコリスチン)。polymyxin E
主としてグラム陰性菌に作用するもの



リス」

  [★]

squirrel
シマリスリス科ジリス属プレーリードッグ


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡