グルカゴン様ペプチド

出典: meddic

glucagon-like peptideGLP
エンテログルカゴン優良実験室規範優良試験所基準

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヒトでの胃バイパス手術はグルカゴン様ペプチド1刺激性の食後インスリン分泌を増大させる
  • Salehi Marzieh,Prigeon Ronald L.,D'Alessio David A.
  • Diabetes : a journal of the American Diabetes Association 5(2), 25-32, 2012-03
  • NAID 40019261514
  • ランチョンセミナー 膵β細胞機能から考える糖尿病の薬物治療
  • 浜野 久美子
  • 日本体質医学会雑誌 74(1), 21-27, 2012-02
  • NAID 40019232475

関連リンク

栄養・生化学辞典 - グルカゴン様ペプチドの用語解説 - →グルカゴン関連ペプチド ... サントリー‘黒酢にんにく’ 必須アミノ酸などの栄養素を一粒にギュッと凝縮!黒酢とニンニクの力を手軽に摂取 www.suntory-kenko.com/ 公式/ペプチド ...
検体中のグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)の存在及び/又は量を測定する方法であって、検体を予め酸性溶液にて処理する工程を含むことを特徴とするGLP-1の測定法、並びに検体中のGLP-1の存在及び/又は量を測定 ...

関連画像

 グルカゴン様ペプチド1とGLP-2(グルカゴン様ペプチド グルカゴン様ペプチド-1分泌 上:フューリン(PDB:1p8j)、左下 グルカゴン様ペプチド.1(GLP.1  グルカゴン様ペプチド1と


★リンクテーブル★
リンク元GLP」「優良試験所基準」「優良実験室規範」「エンテログルカゴン
拡張検索グルカゴン様ペプチド-1」「グルカゴン様ペプチド2」「グルカゴン様ペプチド-2
関連記事グルカゴン

GLP」

  [★]

  • グルカゴン様ペプチド、((略))(医薬品安全性試験基準)優良試験所基準、優良実験室規範
glucagon-like peptidegood laboratory practice


優良試験所基準」

  [★]

good laboratory practiceGLP
優良実験室規範グルカゴン様ペプチド


優良実験室規範」

  [★]

good laboratory practiceGLP
優良試験所基準グルカゴン様ペプチド


エンテログルカゴン」

  [★]

enteroglucagon
腸管グルカゴン
グルカゴン様ペプチド


グルカゴン様ペプチド-1」

  [★]

glucagon-like peptide 1GLP-1
グルカゴン様ペプチド1
-GLP-1
Glucagon-like peptide-1


グルカゴン様ペプチド2」

  [★]

glucagon-like peptide 2
グルカゴン様ペプチド-2


グルカゴン様ペプチド-2」

  [★]

glucagon-like peptide 2
グルカゴン様ペプチド2


グルカゴン」

  [★]

glucagon (Z)
グルカゴンGノボ
ホルモン

分類

性状

  • ペプチド
  • 3.5kDa

産生組織

標的組織

  • 全身?
  • 主に肝臓

受容体

作用

  • 血糖上昇作用
  • 慢性膵炎などで膵内分泌機能が低下した場合、低血糖を起こすとグルカゴンの分泌も低下しているため、糖尿病患者のインスリン投与過多による低血糖よりも重篤らしい。
  • インスリン分泌促進作用
  • 成長ホルモン分泌促進作用
  • 消化管運動抑制作用:消化管内視鏡を行うとき、副交感神経拮抗薬で消化管の運動を押さえますが、現病として緑内障がある時には、グルカゴンを代わりに使うことがあります。ケド高いらしい。

分泌の調整

  • 亢進:アミノ酸(アルギニン)、グルコース(↓血糖)
  • 抑制:グルコース(↑血糖値)、遊離脂酸、ソマトスタチン

分子機構

生合成

臨床関連

  • グルカゴン欠乏
  • グルカゴン過剰

薬効薬理

  • 1. 消化管に対する作用
  • 消化管の運動を抑制し、胃酸、膵液の分泌を抑制する。これは平滑筋への直接作用による弛緩作用と考えられている。
  • 2. 血糖値に対する作用
  • グルカゴンは肝臓のアデニル酸シクラーゼを活性化させ、細胞内cAMP濃度を上昇させる。これにより、グリコーゲンの分解及び糖新生を促進させ、血糖値が上昇する。
  • 3. 下垂体に対する作用
  • グルカゴン投与により一時的に血糖値が上昇するが、60~90分後にリバウンド作用により血糖値が低下する。その時、下垂体からの成長ホルモン分泌を刺激すると考えられている。

禁忌

グルカゴンGノボ注射用1mg
  • 1. 褐色細胞腫及びその疑いのある患者〔急激な昇圧発作を起こすことがある。〕
  • 2. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

参考

  • グルカゴンGノボ注射用1mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/7229402D1036_1_02/7229402D1036_1_02?view=body






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡