グリシン抱合

出典: meddic

glycine conjugation
グリココール抱合 glycocoll conjugation


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 海藻中の水溶性および不溶性食物繊維による抱合型胆汁酸塩の吸着(短報)
  • 王 [ウェイ],吉江 由美子,鈴木 健
  • 日本水産学会誌 68(4), 579-581, 2002-07-15
  • 本研究ではワカメ,ヒジキ,マコンブ,スサビノリの水溶性および不溶性食物繊維によるコール酸,ケノデオキシコール酸,デオキシコール酸のグリシンまたはタウリン抱合型の吸着について調べた。海藻中の不溶性食物繊維による抱合型胆汁酸塩の吸着量は水溶性食物繊維のそれより多かったが,これは海藻中に不溶性食物繊維が多く含まれていたためである。一方,コンブの水溶性食物繊維による吸着力は不溶性食物繊維より高いことが示さ …
  • NAID 110003160610
  • イヌの代謝プロフィルに関する研究
  • 松本 雅裕,張 春花,小杉 千里,松本 勇
  • The journal of veterinary medical science 57(2), 205-211, 1995-04-15
  • … 3) ヒト尿中に検出されないフェニルアセチルグリシンがイヌ尿中に大量に排泄され, グリシン抱合能が高いことが示された. …
  • NAID 110003916243
  • 高速液体クロマトグラフィー (HPLC) による犬, 牛, 馬およびヒトの血清胆汁酸分画
  • 鷲巣 月美,友田 勇,kaneko Jiro J.
  • 日本獣医学雑誌 53(1), 81-86, 1991-02-15
  • … 抱合様式は犬および馬においてはタウリン抱合が94.4%, 85.3%と優位であるのに対し, 牛およびヒトではグリシン抱合が31.0%, 49.4%と優位であった. …
  • NAID 110003915337

関連リンク

グルタチオンはグリシン、システイン、グルタミン酸からなるトリペプチドである。体内の 有機物質がグルタチオンと結合してグルタチオン抱合を受ける。 グルクロン酸抱合、硫酸 抱合、アセチル抱合は「-OH、-NH2、-COOH」などの基質と反応する抱合反応である。
1873年:Victor Dessaignesにより、塩化ベンゾイルと亜鉛グリシンキレートの反応から 合成された。 ... る)→ベンジルアルコールがアルコールデヒドロゲナーゼにより酸化され て安息香酸が生成→安息香酸がグリシン抱合を受けることで馬尿酸が生成、となる。

関連画像

 抱合されたアセトアミノフェン役に立つ薬の情報~専門薬学 セダペイン注15役に立つ薬の情報~専門薬学  抱合されたアセトアミノフェンなお抗生物質により排泄量が


★リンクテーブル★
リンク元トルエン中毒」「キシレン中毒」「馬尿酸
拡張検索グリシン抱合体
関連記事グリシン」「リシン」「抱合

トルエン中毒」

  [★]

toluene poisoning
シンナー中毒トルエン

侵入径路

  • 経気道・経皮

作用機序

  • 中枢神経:シナプスの刺激伝達抑制。長期的に脱髄

症状

  • 急性:麻酔作用による中枢抑制  ←  肝障害もあるらしい
  • 慢性:不定愁訴:頭痛、めまい、倦怠感、生理不順など

代謝

  • benzen-ring-CH3 → benzen-ring-COOH -(グリシン抱合)→ benzen-ring-CO-NH-CH2COOH
  • トルエンの80%が安息香酸に代謝されグリシン抱合を受けて馬尿酸となり尿中に排泄される

検査

  • 尿中馬尿酸の定量(構造式:C6H5CONHCH2COOH)
  • 安息香酸を含む食物の摂取に影響を受けるため、注意する。
  • 作業終了時に献体を採取する。
  • 飲酒により影響をうける。

参考

  • 1.
[display]http://data.medience.co.jp/compendium/main.asp?field=01&m_class=12&s_class=0001
  • 2.
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/q/q642.htm


キシレン中毒」

  [★]

xylene poisoning
1,3-ジメチルベンゼン中毒 1,3-dimethylbenzene poisoning、キシロール中毒 xylol poisoning
キシレン

進入径路

  • 経気道、経皮

作用機序

  • 中枢神経:シナプスの刺激伝達抑制。長期的に脱髄

症状

  • 急性:皮膚・粘膜刺激(上気道刺激)、中枢神経抑制

代謝

  • H3C-benzen-ring-CH3 → H3C-benzen-ring-COOH -(グリシン抱合)→ H3C-benzen-ring-CO-NH-CH2COOH
  • キシレンの95%がメチル安息香酸に代謝されグリシン抱合を受けてメチル馬尿酸となり尿中に排泄される

検査

  • 作業終了時に検体を採取する。
  • 飲酒により影響をうける。

参考

  • 1.
[display]http://data.medience.co.jp/compendium/main.asp?ield=01&m_class=12&s_class=0001



馬尿酸」

  [★]

hippurate, hippuric acid
Nα-ベンゾイルグリシン
グリシン抱合
  • 構造式:C6H5CONHCH2COOH


グリシン抱合体」

  [★]

[[]]
glycine conjugate
[[]]
glycine conjugate


グリシン」

  [★]

glycine Gly G
アミノ酢酸 aminoacetic acidグリココール glycocoll
アミノ酸


  • 無極性。無電荷
  • 側鎖:-H

神経伝達物質



リシン」

  [★]

ricin ≠ lysine
植物性毒素


抱合」

  [★]

conjugation





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡