グラスゴー・コーマ・スケール

出典: meddic

Glasgow Coma Scale Glasgow coma scale GCS
グラスゴー昏睡尺度
日本昏睡尺度

概念

  • 意識障害の評価法の一つ。
  • イギリスで作成された。
  • 15点満点で、最小が3点。
  • 軽症障害の分類が細かいとされる。


  • 脳血管障害にはJCS
  • 外傷にはGCS

GCS

  開眼 言葉による応答 運動による応答
eye opening best verbal response best motor response
6         命令に従う obeying
5     指南力良好 orientated 払いのける localication
4 自発的に spontaneous 会話困難 confused conversation 四肢の屈曲 withdraws
3 言葉により to speech 不適当な言葉 inappropriate words 四肢の異常屈曲 abnormal flexion
2 痛み刺激により to pain 意味不明の声 incomprehensible sounds 四肢伸展 extending
1 開眼しない none 発話せず none 全くなし none

評価

  • 15点:意識清明
  • 13~15点(3):軽症
  • 9~12点(4):中等症
  •  ~ 8点 :重症
  •    3点:最も状態がわるい。


  • GCS8点以下では意識低下とみなす。
  • 頭部外傷でGCS8点以下は重症
  • GCS8点以下 あるいは GCSスコアで2点以上の急激な悪化・瞳孔不同・片麻痺がある場合には切迫脳ヘルニアであることが多い。(重症頭部外傷治療・管理のガイドライン 第2版)
  • GCS8点以下の重度意識障害、急速な意識レベルの低下、脳ヘルニア徴候を認めた場合にはsecondary surveyの最初でCTを撮影。(重症頭部外傷治療・管理のガイドライン 第2版)
  • GCSスコア8以下、あるいはFCSスコアの最良運動反応が5以下であれば気管挿管を原則とした確実な気道確保が望ましい。(重症頭部外傷治療・管理のガイドライン 第2版)



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/26 13:14:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 早期抑制解除へ必要な患者の要因--脳神経外科患者を中心に
  • 渡部 沙江子,石田 生美,西塚 真奈美 [他]
  • 日本看護学会論文集, 成人看護. 2 35, 274-276, 2004
  • NAID 40006898425
  • 高血圧性小脳出血の治療方針 : 122例の検討より
  • 小林 繁樹,景山 雄介,中村 弘,佐藤 章,渡辺 義郎,山浦 晶
  • 脳卒中 18(6), 509-515, 1996-12-25
  • NAID 10009405438

関連リンク

Glasgow Coma Scale(GCS)(グラスゴー・コーマ・スケール)とは、1974年に英国の グラスゴー大学によって発表された意識障害の分類で、現在世界的に広く使用されるの 評価分類スケールである。日本では主に脳神経外科領域で用いられることが多い。
チェック用語・グラスゴー・コーマ・スケール(GCS:Glasgow Coma Scale) 意識障害の 評価方法です。 開眼、発語、運動機能の3項目をそれぞれに評価して E4、V5、M6 などのように表すとともに、3項目の点数を 合計すると3~15点となり、これによって 意識 ...

関連画像

グラスゴー・コーマ・スケール グラスゴー・コーマ・スケール APGAR Free


★リンクテーブル★
先読みGlasgow coma scale
リンク元日本昏睡尺度」「M3」「意識レベル」「グラスゴー昏睡尺度」「GCS
関連記事ケール」「スケール」「グラス

Glasgow coma scale」

  [★]

グラスゴー昏睡尺度Glasgow昏睡尺度


日本昏睡尺度」

  [★]

Japan Coma Scale, JCS
3-3-9度方式ジャパン・コーマ・スケール
意識障害の評価法。グラスゴー・コーマ・スケール GCS


  • 脳血管障害にはJCS
  • 外傷にはGCS

JCS

  • 1.覚醒している(confusion, senselessness, delirium)
  • 1 だいたい意識清明だが、今ひとつはっきりしない
  • 2 見当識障害あり
  • 3 名前、生年月日がいえない
  • 2.刺激すると覚醒する(stupor, lethargy, hypersomnia, somnolence, drowsiness)
  • 10 呼びかけで容易に開眼する
  • 20 大きな声、または体をゆさぶることにより開眼する
  • 30 痛み刺激で辛うじて開眼する
  • 3.刺激しても覚醒しない(deep coma, coma, semicoma)
  • 100 はらいのける動作をする
  • 200 手足を少し動かしたり顔をしかめたりする(除脳硬直を含む) → 除皮質硬直も200らしい(出典不明)
  • 300 全く動かない
1.覚醒している(confusion, senselessness, delirium)
  1 だいたい意識清明だが、今ひとつはっきりしない
2 見当識障害あり
3 名前、生年月日がいえない
2.刺激すると覚醒する(stupor, lethargy, hypersomnia, somnolence, drowsiness)
  10 呼びかけで容易に開眼する
 合目的的な運動(例えば、右手を握れ、離せ)をするし、言葉も出るが、間違いが多い
20 大きな声、または体をゆさぶることにより開眼する
 簡単な命令に応ずる(例えば、何らかの理由で開眼できない場合の離握手)
30 痛み刺激で辛うじて開眼する
 痛み刺激をくわえつつ呼びかけを繰り返すとかろうじて開眼する
3.刺激しても覚醒しない(deep coma, coma, semicoma)
  100 はらいのける動作をする
200 手足を少し動かしたり顔をしかめたりする(除脳硬直を含む)
300 全く動かない

付記する記号

以下に当てはまれば、xxx-RIAのように表記する

JCS補足 IMD.41

  • 10:合目的的な運動(例えば、右手を握れ、離せ)をするし、言葉も出るが、間違いが多い
  • 20:簡単な命令に応ずる(例えば、何らかの理由で開眼できない場合の離握手)
  • 30:痛み刺激をくわえつつ呼びかけを繰り返すとかろうじて開眼する


M3」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a measure of the money supply; M2 plus deposits at institutions that are not banks (such as savings and loan associations)」

意識レベル」

  [★]

consciousness level
意識水準グラスゴー・コーマ・スケール日本昏睡尺度意識



グラスゴー昏睡尺度」

  [★]

Glasgow coma scale
Glasgow昏睡尺度
  • グラスゴー・コーマ・スケール

GCS」

  [★] グラスゴー・コーマ・スケール Glasgow Coma Scale


ケール」

  [★]

kale
アブラナアブラナ科アブラナ属カブカリフラワーキャベツブロッコリークレソン


スケール」

  [★]

scale
ウエイト基準規模歯石鱗屑


グラス」

  [★]

grass
大麻




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ホーマンズ徴候 99
2デキサート 78
3日常生活自立度 77
4グラム陽性桿菌 73
5包茎 恥垢 61
6高アンモニア血症 58
7リンパ節 58
8音声チック 57
9immunoelectron microscopy wikipedia 57
10桃源病 57
11猫 無尿 57
12層が厚い とは 57
13オーガナイザー什么意思 57
14バウヒン弁 57
15ライムサイクリン 57
16"This may occur in " 56
17飢餓症候群 55
18O’Shea, R. P., Roeber, U., & Bach, M. (2010). Evoked potentials: Vision. In E. B. Goldstein (Ed.), Encyclopedia of Perception (Vol. 1, pp. 399-400, xli). Los Angeles: Sage. ISBN 978-1-4129-4081-8 Sistemik aktifity brain respon 52
19aHR0cDovL21lZGRpYy5qcC9NRVMlRTclQjclQTklRTglQTElOUQlRTYlQjYlQjI= 52
20マレイン酸プログルメタシン 51

昨日の人気記事
 タイトル表示
1バウヒン弁 57
2オーガナイザー什么意思 57
3aHR0cDovL21lZGRpYy5qcC9NRVMlRTclQjclQTklRTglQTElOUQlRTYlQjYlQjI= 52
4O’Shea, R. P., Roeber, U., & Bach, M. (2010). Evoked potentials: Vision. In E. B. Goldstein (Ed.), Encyclopedia of Perception (Vol. 1, pp. 399-400, xli). Los Angeles: Sage. ISBN 978-1-4129-4081-8 Sistemik aktifity brain respon 52
5マレイン酸プログルメタシン 51
6ケトーシス 47
7デキサート 15
8作業記憶 15
9ホーマンズ徴候 13
10ヘルペス 湿疹 違い 12
11日常生活自立度 12
12粟粒性結核 観察 12
13上皮間葉相互作用 10
14早期産児 脳性麻痺 小児科学 9
15高アンモニア血症 9
16ロンベルグ徴候 9
17エルプ領域 8
18フェンタニル 8
19痙性歩行 8
20サクシゾン 作用 7