クロム酸ナトリウム(51Cr)

出典: meddic

51Cr-クロム酸ナトリウム

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

クロム酸ナトリウム(51Cr)注射液の薬価比較(先発薬・後発薬・メーカー・剤形による違い) ... このページに掲載される薬剤に関する情報は、データインデックス株式会社の協力により提供しています。
販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分 放射性クロム酸ナトリウム注射液 Sodium Chromate-51Cr Injection 富士フイルムRIファーマ 4300422A1022 1150円/MBq 処方箋医薬品

添付文書

薬効分類名

  • 放射性医薬品

販売名

放射性クロム酸ナトリウム注射液

組成

1バイアル(容量0.5mL)中
クロム酸ナトリウム(51Cr)(検定日時)

  • 18.5MBq

添加物

  • 生理食塩液:適量

効能または効果

  • 循環血液量・循環赤血球量の測定
  • 赤血球寿命の測定

循環血液量・循環赤血球量の測定

アスコルビン酸還元法

  • 被検血液20〜30mLにACD液及び本品1.11〜3.7MBqを加え放置後、アスコルビン酸を添加し51Cr標識血液を調製する。51Cr標識血液10〜20mLを静注し、10〜30分後に血液5〜10mLを採血する。51Cr標識血液及び採取血液はいずれも一定量を生理食塩水で洗浄したのち、その計数率を測定し、次式により循環血液量等を算出する。

○循環血液量(mL)

  • =(51Cr標識血液1mLあたりの赤血球計数率/採取血液1mLあたりの赤血球計数率)×注入量

○循環赤血球量(mL)

  • =循環血液量×静脈ヘマトクリット値×0.9
    静脈ヘマトクリットの補正値

赤血球洗浄法

  • 被検血液20〜30mLにACD液及び本品1.11〜3.7MBqを加え放置後、生理食塩水で洗浄し、最後に生理食塩水を加えて51Cr標識赤血球浮遊液を調製する。51Cr標識赤血球浮遊液10〜20mLを静注し、10〜30分後に血液5〜10mLを採血し、51Cr標識赤血球浮遊液と共に計数率を測定する。次式により、循環血液量等を算出する。

○循環血液量(mL)

  • =(51Cr標識赤血球浮遊液1mLあたりの計数率/採取血液1mLあたりの計数率)×注入量

○循環赤血球量(mL)

  • =循環血液量×静脈ヘマトクリット値×0.9
    静脈ヘマトクリットの補正値

赤血球寿命の測定

  • 本品3.7MBqを用いて循環血液量・循環赤血球量測定の際と同様の方法で、赤血球を標識する。51Cr標識液10〜20mL静注後経時的に採血し、計数率を測定する。次式により、赤血球生存率を算出しグラフ上にプロットする。

○赤血球生存率

  • =(静注後任意日の採取血液1mLあたりの計数率/静注30分あるいは24時間後の採取血液1mLあたりの計数率)×100
    計数率が半分になった時、すなわち生存半減期をもって赤血球半寿命とする。


有効成分に関する理化学的知見

クロム酸ナトリウム(51Cr)

分子式

  • Na251CrO4

分子量

  • 160.97

51Crの核物理学的特性

物理的半減期

  • 27.7025日

主なγ線エネルギー

  • 320keV(10.1%)

減衰表


★リンクテーブル★
先読み51Cr-クロム酸ナトリウム
関連記事ナトリウム」「トリウム」「」「クロム」「クロム酸

51Cr-クロム酸ナトリウム」

  [★]

クロム酸ナトリウム(51Cr)


ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

クロム」

  [★]

chromiumchromeCr
クロム中毒



クロム酸」

  [★]

chromate
クロム酸塩




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡